MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

駅猫が幸せを運ぶ4編の物語『4/猫-ねこぶんのよん-』初日舞台挨拶開催

猫を追いかけたら、何かが起こる!?
「猫」をテーマに、4人の若手クリエイターが短編作品で真剣勝負した『4/猫-ねこぶんのよん-』が12月12日より、テアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほかにて全国順次公開されました。そしてこの度、公開を祝して初日舞台挨拶行われました。

日時:12月12日(土)
会場:テアトル新宿
登壇ゲスト:オムニバス4作品の出演者と監督
三浦誠己・木南晴夏・上田慎一郎監督『猫まんま』/柴田杏花・早坂亮輔監督(『ひかりと嘘のはなし』)/山田キヌヲ・浅沼直也監督(『一円の神様』)/山中崇・熊澤枝里子・中泉裕矢監督(『ホテル菜の花』)

4/猫-ねこぶんのよん-

SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザの若手映像クリエイター支援プログラム「Go-all」から生み出された、「一匹の猫が住みつく、とある駅を利用する人々を描く」というたった1つのルールを守り、今後が期待される若手映画監督4人の個性溢れる短編オムニバス映画、『4/猫 –ねこぶんのよん-』。各作品の監督と出演者たちが一同に会し、和やかな舞台挨拶となりました。

解散の危機を迎えた漫才コンビの顛末を描く『猫まんま』の上田監督は、「家が劇場から近いので、今まで客席から観てる側でしたのが、今日、壇上で話をするという夢が一つ叶って嬉しいです!」と喜びをかみしめました。過去に芸人の経歴をもつ三浦は、「監督の家で撮影したので本棚とか映画とかのぞかせてもらったが、甘酸っぱい青春が詰まってました。玄関が狭いんですよー。」と撮影現場を語り笑いを誘うも、すかさず「俺の家かと思うとノイズが入るんで、忘れておいてください!」と上田のツッコミで映画さながらの漫才の空気感に。

「お笑い芸人になろうか、映画を撮ろうか本気で悩んでいたので、今回お笑いで映画撮れたのは、挑戦したいところでもあったので本当によかった。稽古する時間もなかったので、三浦さんにダメ出しされながらでしたが、二人が完全な漫才師になってくれたなと思います。」と上田。木南は「何が正解か何にもわからなくて、正解を出してくださる監督もねぇ…迷ってた感じで。難しさが分かって、芸人さんへのリスペクトが高まりました。そして本当に公開するのか不安でしたが公開できてホッとしてます。」と安堵をにじませました。

女子中学生の嘘のメールが招いた思いがけない事態を描く『ひかりと嘘のはなし』の早坂監督は、まず「こんなにたくさんのお客さん! うれしいです。」と喜びを語り、「猫はおびえていたけど、平和な現場でした。」と振り返ります。よく笑っていたという監督に対して柴田は、「常に笑っていて、現場の空気感が優しかった。それが映画の仕上がりにも反映されたと思います。大変だったことはまったくないです。」と監督に絶大な信頼を置いていました。

スリを働く母娘の絆を描く『一円の神様』からは、浅沼監督が「ずるくて弱くてもろい母娘。子供を必死に育てたいという気持ちが心に何か残れば!」と作品の想いをぶつけました。山田は「撮影初日、10時に入って16時から撮影開始。その6時間何してるのかなーって思いながら声がかけられないくらい状況で。周りのスタッフが監督の中の何かを待って気にかけて見守っている、穏やかな時間だった。いい思い出。」と振り返ります。

その賛辞を受けた浅沼は「ワンシーンワンカットで撮っていてラストシーンをどうすれば正解か分からない中、日が暮れたことでいいワンカットとれた。すごく山田さんには助けていただいた。」と感謝の意を述べました。

休業中のホテルの支配人と事情を抱える宿泊客の交流を描く『ホテル菜の花』は猫が一番登場する作品。のり子という女優猫は機嫌もよく神がかった演技もあったようで、「演出以上のことをやっていただいた。まっすぐ走るだけのシーンで振り返ってくれたり。」と猫演出にご満悦。

また主演の山中に対しては、「元々役者をやっていた時分から同じ年頃で比較されたりもしたけど、とにかく尊敬していたので、一緒に仕事がしたかった。理想の芝居をしてくれて、熊澤さんもついてきてくれた。」と語り、本作が映画初出演となる熊澤も「山中さんが笑わせてくれて、常に笑いが絶えない楽しいチーム。

映画初出演で緊張していたが大船に乗った気でいた。」と自信をのぞかせた。山中はというと、「キャストのみんなと監督とカードゲームをやって輪が縮まったが、最後に自分はぼろ負けして、本番入ってしまって、そのままできてないからね。ねぇ監督。」と悔しさをにじませ、会場を和ませました。

『4/猫-ねこぶんのよん-』は本日よりテアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開中。

●上映期間中毎日トークイベントを行います!
12月13日(日)ゲスト 篠原哲雄(映画監督)× 「4/猫」監督陣
12月14日(月)ゲスト 中野量太(映画監督)× 「4/猫」監督陣
12月15日(火)ゲスト 山本透(映画監督)× 「4/猫」監督陣
12月16日(水)ゲスト 犬童一心(映画監督)× 「4/猫」監督陣
12月18日(水) 人気投票1位発表→1位の監督にはシネリーブル・池袋での上映会開催権利が与えられます!

●スタッフ・キャスト
『猫まんま』
監督:上田慎一郎
出演:三浦誠己 木南晴夏

『ひかりと嘘のはなし』
監督:早坂亮輔
出演:柴田杏花/長谷川朝晴

『一円の神様』
監督:浅沼直也
出演:山田キヌヲ 栞那/朝倉あき

『ホテル菜の花』
監督:中泉裕矢
出演:山中崇 熊澤枝里子

統括プロデューサー:井西政彦
プロデューサー:冨永威允
企画協力:田部井悟
キャスティング協力:あんだ敬一
特別協力:『猫なんかよんでもこない。』製作委員会
制作統括:デジタルSKIPステーション
配給:東京テアトル
製作:埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ
2015/ヴィスタ/カラー/94分

『4/猫-ねこぶんのよん-』
12月12日(土)テアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開

(C)2015 埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ