MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

さあ、謎解きを始めようじゃないか『櫻子さん』キャストコメント

櫻子さんの足下には死体が埋まっている10月7日より放送の始まった『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』

その第2話までのアフレコを終えた、伊藤静さんをはじめとするキャストのコメントが届きました。

●メインキャストコメント
Q:第1話~第2話のアフレコを終えてどんなお気持ちですか?また、アフレコ現場での雰囲気はどんな感じでしょうか?

九条櫻子役・伊藤静さん:監督をはじめスタッフのみなさん、そしてキャストみんなも、とても熱いものを持って取り組んでいます。納得がいくまでどこまでもじっくり攻めていきつつも、現場自体はとても和やかで、リラックスかつ集中して作品に挑める環境だと思います。

館脇正太郎役・榎木淳弥さん:第1話の収録の時には、ほぼ初めてお会いする方々との共演で、僕自身もここまで喋る役が初めてだったこともあり、緊張してガチガチだったのですが、櫻子役の伊藤さんをはじめ、皆さんが和やかで温かい空気を作ってくださいました。おかげで今はリラックスして楽しく演じさせて頂いています。

s櫻子さんの足下には死体が埋まっている

鴻上百合子役・今村彩夏さん:アフレコがいよいよ始まったなと感じています。百合子ちゃんはまだあまり出ていないので皆さんの演技を見て、世界観を膨らませています。
毎回とてもワクワクした気持ちでいます。

出演者の人数が少ない現場なのでまったりさせていただいています。1話で正太郎くんが甘エビを連呼していたせいで、私たちも甘エビが食べたくなりました(笑) 皆さん、北海道に行きたいと願っています。

ばあやさん役・磯辺万沙子さん:先日、第2話のアフレコが終わり、ホントに心地よいメンバーに囲まれて、とても幸せです。
休憩中ずっと、旭川名物、そして北海道名産の話しをしていて、お腹が空きます。

1話アフレコ終了後、次の収録までの間に、皆、甘エビを食べたらしい。黙っていましたが、私も、です。(笑)

内海洋貴役・高橋広樹さん:新しい作品がスタートしたんだなぁと、初回のワクワクした気持ちから少し落ち着いたところです。現場はじっくり丁寧に作っており良い緊張感の中で収録に当たっています。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

Q:本作の印象をお聞かせください。
伊藤さん:明るいコメディタッチな部分と、櫻子さんの独特な雰囲気からうまれるシリアスな部分との落差に惹きこまれる作品だと思います。櫻子さんの存在で、いわゆる推理ミステリとは一味違う空気感を感じさせてくれるな、と。

榎木さん:まず最初に、すごくインパクトのあるタイトルだなと。櫻子さんは「骨」から色々な謎を解き明かしていくので、一般の人ではまず知りえない骨に関する知識。そしてそこから謎が紐解かれていくのが面白いなと思いました。あと、櫻子さんと正太郎のやり取りが可愛いです(笑)

今村さん:オーディションを受ける前から、タイトルで気になっていました。
美人で自分の道を突き進む櫻子さんと振り回されつつフォローする正太郎くんの2人の関係が個人的に大好きです。
アニメで動いている絵が想像ができなかったので、映像を見た時、こう表現するんだと感動しました。

磯辺さん:とにかく、櫻子さんの個性的なキャラクターに心惹かれます。そして、旭川という地方都市で起きる不思議な事件。それを、謎解きしていく方法が面白いですね。
そして、巻き添えになる正太郎君の頭の中のクエスチョンマークに、私も引き込まれ、答えが出た時に、爽やかな気持ちに満たされます。

高橋さん:最初にタイトルを聞いた時はオカルトホラーかと思ってしまいましたが、推理ものだったのですね。登場キャラクターの繊細に作り込まれた人物像がとても魅力的です。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

Q:ご自身の演じられるキャラクターについてお聞かせください。

伊藤さん:とても難しい役だと感じています。
櫻子さんは普通とは違った目線や感覚で物事を捉えているところがあるので、こちらも普通の感覚のまま挑むと間違ったお芝居になってしまいそうで。じっくり向き合って、寄り添っていきたいと思います。

榎木さん:正太郎は本当に普通の高校生ですね。でも、櫻子さんと関わっているので、生物の死に対しての感覚だけは周りの高校生たちと少し違っているかもしれません。それ以外はただの食いしん坊な少年という感じです。

今村さん:百合子ちゃんは、芯のある明るい女の子です。人の死について色々あるのですが、それは今後明らかになります!

話が進むにつれて色んな百合子ちゃんを見られると思うので、可愛い百合子ちゃんを表現できるように頑張っていきます!

磯辺さん:私が演じる、沢梅さんは、櫻子さんの生まれる前から九条家に仕える「ばあや」です。
どうやら、櫻子さんのお母さんが10歳の時から、奉公しているらしいのです。
偏屈、変人に見える櫻子さんを、「ばあや」はとても愛おしく、見守っているのです。
これから「ばあや」流のユーモア、盛り込んで行きたいと思っています。

高橋さん:とっても頼りなさそうなお巡りさん。でも正義感は人一倍あるに違いないと期待しております。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

Q:是非注目して欲しいシーンやお気に入りのシーンはありますか?
伊藤さん:櫻子さんが事件の謎を解き明かすシーンの演出にはぜひ注目していただきたいなと思います。

あと櫻子さんの骨に対する偏愛ぶりとか、正太郎くんの食欲とか、正太郎くんとばあやとのほのぼのした会話とか、百合子ちゃんとか内海さんとか…どのシーンも愛おしいし、まだまだ始まったばかりなので今後もどんどん増えていきそうです(笑)

榎木さん:櫻子さんが謎解きに入るシーンは僕自身も見てびっくりしたので、そのあたりに注目してみてほしいです。

今村さん:櫻子さんと正太郎くんの掛け合いも好きですし、内海さんのおちゃらけた面とカッコイイ警官としての姿のギャップが、個人的にたまりません(笑)

磯辺さん:監督さん達は、このアニメ化にあたって、事前に旭川にロケハンに行かれたそうです。
どうやら、そのロケハンで見た、実際に旭川にある地元ならではの風景や建物が、バックや瞬間のカットに反映されているみたいです。私も、それを発見したいです。

高橋さん:内海は第一話ではアクビを一回する“だけ”なので、一日分の体力をその一発に込めました(汗) ある意味あのアクビでキャラ作りの方向性が固まったと言っても過言ではありません。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

Q:放送開始を楽しみにしている『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』ファンの方にメッセージをお願い致します。

伊藤さん:原作のどのお話をどんな演出でみせるのか、そしてそのお話のなかで起こる事件や謎に触れることで、櫻子さんや正太郎くんが何を感じ、何を思うのか。皆さんにもドキドキしながら観ていただけるようにありったけをこめますので、楽しみにしていていただきたいです。

榎木さん:僕も原作の小説を読ませていただいたので、アフレコのたびにあのシーンがこんな風になるんだ!と楽しんでいます。皆さんにもアニメならではの表現を楽しんでいただけたらと思います! ミステリーの面白さ、そしてキャラクターが魅力的なので、原作を読んでいても、もちろんまだ未読の皆さんにも楽しめるお話になっています。ご期待ください!

今村さん:老若男女、皆さんに楽しんでいただけるアニメだと思います! キャストとスタッフが一丸となって熱い気持ちで作り上げています。櫻子さんの世界観をぜひ楽しんでください♪ 百合子ちゃんも頑張ります!!

磯辺さん:皆さま、櫻子さんと正太郎君のコンビがおくる、不思議な、骨と事件の謎解き、楽しんでください。
これからも、旭川ならではの特産品など、ちょいちょい入ってくるらしいのです。
アニメを見た後、旭川に行きたくなること間違いなし! 私も行きたい!

高橋さん:アフレコ作業は順調に進んでおり、原作ファンの方にも初めて櫻子さんを知ったという方にも、きっと楽しんで頂ける作品になると思います。秋の放送までもう暫くお待ちくださいね。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

●第一話「骨愛ずる姫君」
脚本:伊神貴世
絵コンテ:加藤誠
演出:加藤 誠
作画監督:サトウミチオ、猪俣雅美
美術監督:伊藤 聖、キムヒョンス

北海道、旭川に暮らす平凡な高校生、館脇正太郎には一風変った知り合いがいる。九条櫻子さんだ。古いお屋敷にばあやと暮らし、一見非の打ちどころのないお嬢様に見える櫻子さんだが、その実体は……三度のメシより『骨』が好き! 趣味が高じて標本士になってしまったという残念美人だ。

今日も正太郎をお供に増毛の海岸へ骨を拾いに来たが、そこで見つけたものはなんと人骨で……!

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

公式サイト:http://sakurakosan.jp/
公式Twitter:@SakurakoKujyo

(C)2015 太田紫織・エブリスタ/KADOKAWA/『櫻子さん』製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』伊藤静ら登壇先行上映会レポ

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』放送情報&先行上映会発表!

10月アニメ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』OP&EDアーティスト決定

→2015年10月アニメ新番組特設ページ