MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『劇場版 弱虫ペダル』完成披露試写会開催 シークレットゲストはくまモン

「週刊少年チャンピオン」(秋田書店発行)で連載中、コミックス累計発行部数1400万部超、渡辺航原作による自転車<サイクル>ロードレースにすべてを懸ける高校生たちの戦いとドラマを描くアニメーション『弱虫ペダル』。本作初となるオリジナル劇場版であり、原作者・渡辺航書き下ろしストーリーで贈る『劇場版 弱虫ペダル』が8月28日(金)に全国ロードショーされます。

8月22日(土)にTOHOシネマズ六本木にて豪華キャスト登壇で『劇場版 弱虫ペダル』舞台挨拶付き完成披露試写会が開催されました。

写真左から、くまモン/宮野真守/森久保祥太郎/山下大輝/代永 翼/柿原徹也
劇場版 弱虫ペダル

●『劇場版 弱虫ペダル』舞台挨拶付き完成披露試写会
開催日:8月22日(土) 20:30~21:00(舞台挨拶時間)
会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ Scr.7
出演:山下 大輝/森久保 祥太郎/代永 翼/柿原 徹也/宮野 真守
シークレットゲスト:くまモン
MC:サッシャ

劇中で各校クライマーのキャラクターを演じる、主演の山下大輝さん、森久保祥太郎さん、代永翼さん、柿原徹也さん、宮野真守さんの5名が登壇し、作品が完成した喜びを交えつつ挨拶をすると会場内からは大きな歓声とともに盛大な拍手が巻き起こりました。

トークセッションでは、映画をファンの方々に観て頂いたことを受けての心境や、各々が映画を観た感想を語り、「弱虫ペダル」の魅力を聞かれた主人公・小野田坂道役の山下大輝さんは「少年たちが一つの目標に向かって、協力して支え合いながら戦う姿にすごく“熱さ”を感じることができます。一人一人にドラマがあり、それぞれの想いがぶつかり合うという一人一人が主人公と思える作品だと思います。演じている僕自身観ていて魂が揺さぶられ、涙がでる作品で、ついつい声に出して頑張れ!と言いたくなる様な作品です。」と“弱虫ペダル”に対する熱い想いを語りました。

そして本作の大きなテーマである次の世代への“魂の継承”にちなんで、“継承”にまつわる話を訊ねられると、柿原さんが「自分の夢に向かってまっすぐ生きて行くと、気がついたら誰かに何かを継承しているんじゃないかと思います。森久保さんと、この「弱虫ペダル」が初主演だった山下さんに、全力の演技を見せて成長してもらいたいと話していました。」という話を披露し会場からは大きな拍手が巻き起こりました。

さらには、シークレットゲストとして熊本を代表するキャラクターくまモンが、主人公・坂道が通う総北高校のサイクルジャージを着て自転車で登場し、会場を湧かせました!

最後に、山下さんが「僕にとって「弱虫ペダル」は宝物のような作品です。これまで坂道君と一緒に激坂を登って来た気持ちで、毎回毎回が新しいチャレンジでした。今回の映画は「喉がつぶれてもいいや!」という気持ちで演じさせて頂きました。これからも「弱虫ペダル」が走って行けるように、坂道君が自分の可能性が見つけられたように、僕自身も何か可能性を見つけてずっと走って行けたらいいなと思いました。今日は本当にありがとうございました!」と会場のファンにメッセージを送り、本イベントは大盛況のうちに幕を閉じました。

『劇場版 弱虫ペダル』
8月28日(金)ロードショー

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会

●次の記事もオススメ ——————
火の国・熊本を舞台に、クマモンが自転車ロードレースに挑戦!

「ツール・ド・SUKIYA」開催!『弱虫ペダル』×すき家コラボ決定!

『劇場版 弱虫ペダル』劇場版キャラクター設定画解禁!