MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ジュラシック・ワールド』は3日間で映画史上初の5億ドル突破!

恐竜が映画史を塗り変えた!
『ジュラシック・ワールド』オープニング全世界興収、映画史上No.1

公開3日間で、映画史上初の5億ドル突破!!
日本でのパーク開園は2日前倒しに!

ジュラシック・ワールド

ハリウッド最高のヒットメーカー:スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め、『ジュラシック・パーク』の迫力を遥かに超える壮大なスケールで、新たな世界を作り上げたシリーズ最新作『ジュラシック・ワールド』。驚異的な進化を遂げた最新テクノロジーによる、圧巻のエンターテインメント作品として世界中の期待を集めていた本作が、満を持して全米で公開初日を迎え、“全米”、“インターナショナル(全米を除いた国々)”、“全世界”における全てのオープニング興収成績1位の記録を塗り替えるという、大記録を樹立しました!

アメリカ国内においては、12日~14日の週末4日間で公開された映画作品の全体興収のうち、なんと76.2%が本作の興収という圧倒的な強さで、『アベンジャーズ』(2億740万ドル)を超える2億880万ドルという断トツの数字を叩き出しました。

また、続々と公開がスタートした世界66の国と地域においても、全ての地域でNo.1のオープニング成績を残し、もはや“地球規模”のメガヒット作品であることを証明する結果となっています。このメガヒットによって、全世界オープニング興収合計で5億2410万ドルという破壊的な数字を樹立し、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(4億8320万ドル)を抜き、堂々の第1位に輝きました! 全世界オープニング週末成績の5億ドル突破は、これまでの映画史上初めてとなる驚異的なスピードです。

ジュラシック・ワールド

●オープニング3日間 全世界興行収入成績(2015年6月15日現在)
1:ジュラシック・ワールド(2015) 5億2410万ドル
2:ハリー・ポッターと死の秘宝 パート2(2011) 4億8320万ドル
3:ワイルド・スピード SKY MISSION(2015) 3億9760万ドル
4:ハリー・ポッターと謎のプリンス(2009) 3億9400万ドル
5:アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン(2015) 3億9250万ドル

すでに公開を迎えたイギリス、フランス、韓国、中国などに続き、8月に公開を控えた日本にも早くも大きな期待が注がれています!

世界で上映されている劇場の約半分が3D方式で上映されるほか、天井から床までの大画面で上映するIMAX上映も、本作を大迫力の臨場感で体験したい観客たち高い集客力に繋がる結果に。

観客の男女比はほぼ5:5で、男性52%に対し女性48%。さらに、年代別にみると25歳以下が39%いることから、いわゆる“ジュラシック”世代ともいえる30代40代のみならず、これまでのシリーズを知らなかった若者層も取り込んでおり、まさに夏休みのファミリー映画としても最高のスタートを切ったといえます。

そしてこの大ヒットを受けて、日本では急遽公開初日を8月5日(水)に早め、公開を待ち望んでいる日本の皆様に一刻も早くお届けすることが決定しました!

『ジュラシック・ワールド』
8月5日(水)より全国ロードショー!!

(C)ILM / Universal Pictures and Amblin Entertainment

●次の記事もオススメ ——————
スピルバーグ「『ジュラシック・パーク』で叶わなかった夢が実現した」

『ジュラシック・ワールド』ハリウッドでLAプレミア開催!

『ジュラシック・ワールド』最新映像! 新アトラクション続々登場

人とはなんとおろかなのか? 遺伝子操作で凶暴な新種恐竜が誕生!

ジュラシック・パークにようこそ!日本版予告編第一弾解禁!