MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ワープ!すると透明になってムフフなシーンが観られた宇宙戦艦ヤマト

『宇宙戦艦ヤマト』の最初のワープのイメージでは、船体やら乗組員の服やら、やたらめったら透明になってましたが、それを現したかのようなヤマトのクリアパーツによるスケルトンモデルプラモデル。

ところどころ金属パーツになっていて、ロケットアンカーのチェーンが実際に伸ばせたりするようです。

宇宙戦艦ヤマト

こちら、バンダイホビーセンターに飾られていたものなのですが、詳細は不明。『宇宙戦艦ヤマト2199』の劇場限定で販売されたクリアモデルではありません。撮影したのは実写版の話が公式に出るよりも前なので。

このスケルトンモデルが販売されたという記憶もないですし、何かのキャンペーンでプレゼントされたものとかですかね? もしくはモックアップだけ作って発売されなかったか……。

2008年1月、バンダイホビーセンターにて撮影。

バンダイホビーセンター:http://www.bandai.co.jp/hobbycenter/

※写真は撮影時のものであり、変更されている場合があります。

●次の記事もオススメ ——————
『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』Blu-ray修正箇所は約600!

小野大輔さんに「後半、雪!しか言ってない」と言われて古代にスポット

『宇宙戦艦ヤマト2199』 #ワープしたい キャンペーン第2弾開始!

アンコールに「真っ赤なスカーフ」『宇宙戦艦ヤマト2199』コンサート2015

『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』BD・DVD発売、レンタル開始日決定

→『宇宙戦艦ヤマト』特設ページ

→映画・アニメ・特撮写真館に戻る