MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

巨大な犯罪計画がついに動き出す『劇場版MOZU』新キャスト発表!

西島秀俊、香川照之、真木よう子 VS ビートたけし、伊勢谷友介、松坂桃李

倉木の前に立ち塞がるのは、ダルマと呼ばれる謎の存在。
日本列島を恐怖に陥れる、巨大な犯罪計画がついに動き出した。

MOZU、最後にして最大の戦いが始まる!
『劇場版MOZU』新キャスト発表!

劇場版MOZU

ハードボイルド作家・逢坂剛による代表作で累計200万部を超える伝説の警察小説「百舌(もず)シリーズ」をTBS×WOWOW共同制作でテレビドラマ化した『MOZU』。この“映像化不可能”といわれてきた原作の映像化を、『海猿』シリーズなどを手掛けた羽住英一郎監督による革新的な映像表現と西島秀俊ら実力派俳優陣による重厚な演技と本格アクションによって実現した本作は大きな反響を呼びました。

警視庁公安部のエース倉木が謎の殺し屋・百舌を追ううちに巨大な陰謀に巻き込まれていくドラマ『MOZU』。同枠では異例の平均視聴率11.0%、最高視聴率13.8%を記録し、2014年ギャラクシー賞7月度月間賞、東京ドラマアウォード2014連続ドラマ部門優秀賞を受賞!

そんな大人気ドラマが熱狂的なファンたちの期待に応え、あらゆる面が格段にスケールアップした『劇場版MOZU』としてスクリーンに登場! 11月7日(土)の公開が決定しました。

劇場版で描かれるのは、西島演じる倉木が妻の死の真実に辿り着いてから半年後。気力を失った倉木と、警察への不信感から警察を辞め探偵事務所を開いた大杉(香川照之)、そしてともに謎を追っていた明星(真木よう子)が、あるテロ集団による高層ビル大規模強盗・脅迫事件に出くわすところから始まります。

劇場版MOZU

劇場版の撮影は3月下旬に都内でクランクイン。4月初旬から、過激な爆破シーンやカーアクションなど日本国内では撮影不可能な大規模アクションシーンを実現するため、ハリウッド大作『ボーン・レガシー』の撮影が行われた、フィリピン・マニラで約1ヵ月間に及ぶ海外ロケを敢行! 日本映画史上空前の規模で撮影されたアクションシーンの数々が、ドラマから続く緊迫感あふれるMOZUの世界観をさらにダイナミックに彩ります!

●驚きに豪華キャストが登場!
出演陣はドラマ版から引き続き、『MOZU』だからこそ実現できたドリームキャストが再集結!

西島秀俊、香川照之、真木よう子の3人はもちろん、劇場版から新たに彼らに対峙する最強の敵として松坂桃李、伊勢谷友介そしてビートたけしという驚きの豪華キャストが登場!

松坂は犯罪実行部隊を率いる残虐非道な暗殺者で大杉の娘を誘拐する、権藤。伊勢谷は冷静沈着な犯罪計画を立案するブレーン、高柳。そしてビートたけしはシリーズ最大の闇“ダルマ”と呼ばれる謎の存在を狂気に満ちた異常さで演じ、これまでにない死闘を繰り広げます!

その他、長谷川博己、小日向文世、池松壮亮、伊藤淳史、杉咲花、阿部力などドラマ版からお馴染みの実力派俳優も登場! 陰謀が重なりあう本作では一体誰がカギを握るのか……ひとときも目が離せない常識をはるかに凌駕したアクションエンターテインメントが今、幕をあける!

劇場版MOZU

●西島秀俊さんコメント
TVシリーズを応援してくださった皆様の力で、MOZU映画版の撮影がついに始まりました。現場は熱気と気迫に溢れ、フィリピンロケでは全スタッフが文字通り命懸けで撮影しています。

また、シリーズに登場した素晴らしいキャストに加え、新たに驚くような共演者を迎える事になりました。特にビートたけしさんの参加は、全身の血が沸き立つ思いです。今回ついに、シリーズ最大の謎であるダルマ、そして最強の敵が姿を現します。

きっと観客の皆さんに驚き、楽しんでいただける作品になると思います。どうぞご期待ください。

●ビートたけしさんコメント
自分の好きなアメリカのサスペンスドラマに似た展開で面白いと思い引き受けた。
西島君は、おいらのラジオ時代からの熱狂的ファンで、共通の趣味もある。
気の合う相棒みたいなものだから、楽しい現場になりそうだね。

●伊勢谷友介さんコメント
MOZUは昨今珍しいくらいハードボイルドが極まった作品だなと感じます。今回私が演じる高柳は自分自身を必要悪として認識し、全てを凌駕する能力の高さと強さを持った完璧主義者です。自分自身とは全く違うキャラクターなので、チャレンジしがいがあります。監督が選んだフィリピンのロケ地の建物や雑踏、溢れる人から生まれるカオス的、退廃的な雰囲気がこの映画に力強さを加えていますね。

●松坂桃李さんコメント
ダークな役をやりたいと以前から思っていたので、今回の権藤という男は演じていて非常に楽しいです。撮影中に顔に血飛沫があがる場面があったのですが、テンションがものすごく上がり、興奮しました。

非日常的な役どころなのもありますが、自分の違った一面を引き出してもらったような気がします。

ドラマ版を見ていて、迫力あるアクションシーンに目を奪われたので、今回、羽住組に参加し、存分にアクションを堪能できて幸せでした。

映画版はさらにスケールアップしているので、また違った楽しみ方ができると思います。

劇場版MOZU

●あらすじ
妻子の死の謎を追う公安警察官 倉木(西島秀俊)は、大杉(香川照之) 明星(真木よう子)とともに、一連の『MOZU事件』で警察内部に巣食う闇を白日のもとに晒した。※ドラマseason1.2

しかしそれは、恐るべき謀略の氷山の一角に過ぎなかったのだ。
あれから半年…。

高層ビル占拠爆破事件とペナム大使館襲撃事件、二つの大規模テロが同時発生した。これらは、犯罪プランナー高柳(伊勢谷友介)と暗殺専門の殺し屋権藤(松坂桃李)ら同一グループによる犯行であった。

実は彼らは、日本事件史の闇と言われる存在「ダルマ」(ビートたけし)の名のもとで、ある犯罪計画を極秘裏に進行しているのだった。灼熱の地・ペナム共和国を舞台に、事件の真相を追う倉木達と、最後の敵=ダルマとの死闘がついに幕を開ける!

・MOZUシリーズ最大の謎・ダルマとは?
戦後日本の犯罪史において、国家に影響を及ぼすような経済事件や組織的犯罪が起きると、必ずその裏で「ダルマ」の名が囁かれてきた。

その名とともにある人物描画が流布されており、隠蔽工作を行う特定の人物を指すのか、国民監視システムの別名なのか、極秘作戦のコードネームなのか、すべてが謎に包まれている。

倉木の妻子に起きた事件にも裏にダルマの存在が見え隠れしており、犯罪エージェント東(長谷川博己)や津城警視正(小日向文世)らもその名を語っている。

●スタッフ・キャスト
原作:逢坂剛「百舌シリーズ」(集英社文庫)
脚本:仁志光佑
音楽:菅野祐悟
監督:羽住英一郎
出演:西島秀俊  香川照之  真木よう子
池松壮亮 伊藤淳史 杉咲花 阿部力
伊勢谷友介 松坂桃李/長谷川博己 小日向文世/ビートたけし
製作:劇場版「MOZU」製作委員会
配給:東宝

『劇場版MOZU』
11月7日(土)全国東宝系にてロードショー!!

(C)2015劇場版「MOZU」製作委員会 (C)逢坂剛/集英社