MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

エヴァンゲリオン初号機を撮ってはいけない角度

富士急ハイランド「EVANGELION:WORLD」の人造人間エヴァンゲリオン初号機 実物大立体立像8回目。

アングル、ライティングによって様々な表情を見せるエヴァ像ですが、正面、ほんの少し下からあおると……鼻の下を伸ばした、非常に間の抜けた顔になります。マンボウを正面から見たときと同じイメージ。

エヴァンゲリオン初号機

この写真は、特に下からあおって撮ろうとしたわけではなくて、口の中を撮ろうと思っただけなのですが、結果的にこのような顔になりました。最初はなんとも思わなかったのですが、見続けているとだんだんと、なんて情けない顔なんだろうと思えてくる。

立体になって細かくいろんな角度から見られるようになると、どのような像でも必ずこうしたウィークポイントが現れるので注意が必要です。

2010年7月 メディア招待完成披露にて撮影。

富士急ハイランド:http://www.fujiq.jp/

※写真は撮影時のものであり、変更されている場合があります。

(C)カラー

●次の記事もオススメ ——————
暗闇から浮かび上がる眼光。エヴァ初号機起動。

エヴァンゲリオン初号機の顔は下向きにするとさらにすごみが増す

エヴァンゲリオンレーシング初号機がもっともはまる角度

エヴァンゲリオン初号機、憤怒の形相

人造人間としての野性味が表現できるエヴァの横顔

→映画・アニメ・特撮写真館に戻る