MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

矢口史靖監督、会心の一撃(本人談)! 『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』

『ウォーターボーイズ』(2001)、『スウィングガールズ』(2004)の矢口史靖監督、待望の最新作にして会心の一撃(本人談)!!!
これまでユニークなモチーフに目をつけ、日本中に笑いと感動を届けてきた矢口監督が次に選んだのは、なんと【林業】!!
誰も見たことのないノンストップ大木エンタテインメント!!
『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』

WOOD JOB!~神去なあなあ日常~


2009年に発売され、2010年度本屋大賞第4位を獲得! あのスタジオジブリの宮崎駿監督も絶賛! シリーズ累計発行部数35万部を超える、三浦しをんのベストセラー小説「神去なあなあ日常」を原作に、矢口監督が丹念な取材の成果を加味して脚本を起こした。アクションあり、ラブあり、感動あり、ちょっぴりエッチもあり、もちろん、笑いはテンコ盛り!! 完全無欠の“青春エンタテインメント超大作”です。
主人公は、明日の自分のゆくえも決めきれない高卒ホヤホヤの18歳男子・勇気。
ひょんなことから生まれ育った都会から遠く離れ、携帯も繋がらない、コンビニもない、若者もあんまりいない、山奥の村で林業に従事することに。危険と隣り合わせの超重労働に心は一瞬で折れ、すぐにでも逃げ出すつもりだったのだが……。気の強い美人に恋したり、変わり者だらけの村の住人たちを好きになったり、山で不思議な体験をしたり、自然の絶大なる存在にかけがえのなさを感じてしまったり。
そして、なんといっても、今切り倒した木は自分達の祖先が植えたものであり、今植えた木を切り倒すのは自分達の子孫であるという、100年先を見据えた、気の長い“未来を作る”仕事―【林業】の魅力に、勇気は次第に気付いていく―。

WOOD JOB!~神去なあなあ日常~

矢口ワールド全開! 現代の閉塞感をぶっ飛ばし、“なあなあ”と生きていく勇気がふつふつと湧いてくる!! 100年先を見据える【林業】の世界を舞台に、100年愛されるエンタテインメント超大作が誕生します!!!
なんつーか、地球にやさしく、ありたいワケよ。ま、なあなあやな。
※「なあなあ」とは:神去地方の方言で、「ゆっくりのんびりいこう」、「まあ落ち着け」転じて「小さなことにくよくよするな」などの意。
●ストーリー
この村、マジやばいっす。
毎日お気楽に過ごしていた、チャランポランな男子・勇気(染谷将太)は、大学受験に失敗、彼女にもフラれ、進路も決まらないまま、散々な状態で高校の卒業式を迎える。
そんな時、ふと目にしたパンフレットの表紙でほほ笑む美女につられ、街から逃げ出すように1年間の林業研修プログラムに参加することに。ローカル線を乗り継ぎ降り立ったのは、ケータイの電波も届かぬ“超”が付くほどの田舎・神去(かむさり)村。

WOOD JOB!~神去なあなあ日常~

鹿やら蛇やら虫だらけの山、同じ人間とは思えないほど凶暴で野生的な先輩・ヨキ(伊藤英明)、命がいくつあっても足りない過酷な林業の現場……。耐えきれず逃げ出そうとする勇気だったが、例の表紙の美女・直紀(長澤まさみ)が村に住んでいると知り、留まる事を決意するが……。
休む間もなくやってくる新体験、野趣あふれる田舎暮らし、底なしに魅力的な村人に囲まれ、勇気は少しずつ変化してゆく。
果たして、勇気と直紀の恋の行方は? 勇気は無事に生きて帰れるのか!?
抱腹絶倒!! ワイルドすぎる青春エンタテインメントの幕が今、上がる!!

WOOD JOB!~神去なあなあ日常~

●キャスト・スタッフ
染谷将太 長澤まさみ 伊藤英明
優香 西田尚美 マキタスポーツ 有福正志 近藤芳正 光石 研 柄本 明
監督・脚本:矢口史靖
原作:「神去なあなあ日常」三浦しをん(徳間書店刊)
音楽:野村卓史
主題歌:「Happiest Fool」マイア・ヒラサワ(ビクターエンタテインメント)
『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』
5月10日、全国東宝系ロードショー
(C)2014「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」製作委員会
→『WOOD JOB!』の記事を探す