MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

恐怖漫画の巨匠・楳図かずお初監督『マザー』主題歌に中川翔子が決定!

「おろち」、「洗礼」、「まことちゃん」など、独特の世界観を持つ数々の作品で社会現象を巻き起こした恐怖漫画の巨匠・楳図かずおが、77歳にして長編映画監督デビューを果たす最恐ホラー映画『マザー』。本作の主題歌が、中川翔子の歌う「chocolat chaud」に決定しました!
子供の頃から楳図作品の大ファンであることを公言し、2005年に楳図原作の映画『楳図かずお恐怖劇場 絶食』にも出演している中川は、TVバラエティ番組等でも何度も楳図監督と共演している親しい間柄。楳図の監督デビューを応援するために、本編にも友情出演。楳図かずおの母・イチエ役の真行寺君枝も出演しているシーンで短いながらも物語のキーを握る、非常に印象的な役を演じています。

マザー


自身も2007年漫画家としてデビュー、ウメズ・ワールドへの深い理解力があり、深夜にまで及ぶ過酷な撮影にも協力を惜しまなかった中川の姿に感激したプロデューサーが、主題歌も依頼、中川も快諾したことから今回ファン垂涎の夢のコラボレーションが実現しました!
歌詞の中には「あたしは朽ち果てた後も あなたを愛し続けてる」という本編の内容を彷彿とさせる部分もあり、演技と音楽で、映画を盛り上げています!
●監督 楳図かずおコメント
しょこたんとまたお仕事がご一緒できて嬉しいです。
主題歌はオープニングのイントロがホラーっぽい、テンポものいい曲だと思います。
歌詞の中の「あたしが朽ち果てた後も/あなたをずっと愛し続けてる」という部分が映画のテーマとリンクして、雰囲気があっている。しょこたんはこういう歌も歌うのかと驚きました。
今回は、スケジュール的に厳しい中で友情出演もしてもらい、出番はちょっとだけど非常にインパクトのあるシーンに出てもらいました。観た方に楽しんで頂ける場面になっていると思います。
●主題歌・中川翔子コメント
楳図かずお先生は、この世界の素晴らしさや美しさ、恐ろしさやあらゆることを教えてくれた、私にとって神様です。
その神様が紡ぐ実写映画の世界に主題歌という形で参加することができ、夢にも見たこと無いくらいの素晴らしい夢が実現するなんて、このミラクルに感謝します。
「躯が朽ち果てた後も 心は愛し続けてる」
それは楳図先生から教わった人間の持つ美しさと恐ろしさです。
是非、劇場で、楳図先生の魂の宿るこの作品を見て感じて欲しいと思います。

マザー

●ストーリー
漫画家・楳図かずお(片岡愛之助)のもとに、ある出版社から彼の生い立ちを本にしたいという話が舞い込む。担当編集者・若草さくら(舞羽美海)は取材をするうちに、楳図独特の創作の原点には、亡くなった母・イチエ(真行寺君枝)の影響が大きいことを知る。
やがて、楳図の生い立ちを調査するさくらの周りで次々に起こる怪奇現象。
別荘の窓についた謎の手の跡、タクシーの隣席に見えるいないはずの人影、楳図のまわりに漂う紫煙、イチエの葬式の参列者の写真に写る彼女自身の姿…
死んだはずの母の怨念が、楳図とさくらのまわりで底知れぬ恐怖を巻き起こしはじめる!!
監督:楳図かずお
脚本:楳図かずお、継田淳
主演:片岡愛之助<楳図かずお役/ 漫画家>
共演:舞羽美海<若草さくら役/かずおの担当編集者>、真行寺君枝<楳図イチエ役/かずおの母>
主題歌:中川翔子「chocolat chaud」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
※4th Album「9Lives」収録(ソニー・ミュージックレーベルズより発売中)
配給:松竹メディア事業部
『マザー』
9月27日(土) 新宿ピカデリー他 ロードショー
(C)2014松竹株式会社
→『マザー』の記事を探す
→中川翔子の記事を探す