MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ホドロフスキー来日イベント第1弾決定! 講演&プレミア上映会開催決定!

アレハンドロ・ホドロフスキー6月にドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』、7月に23年ぶりの新作『リアリティのダンス』が連続公開となる、アレハンドロ・ホドロフスキー監督の来日イベントが決定しました!
来日イベント第一弾は、4月22日(火)、ヤクルトホールにて開催されるホドロフスキー監督講演&『リアリティのダンス』プレミア上映会!
新作『リアリティのダンス』の上映後、御年85歳のホドロフスキー氏による講演、そしてなんと! 会場のお客様を対象にしたタロット・リーディングも行う予定です。


●ホドロフスキー監督講演&『リアリティのダンス』プレミア上映会
『リアリティのダンス』の公開に先がけて、映画の上映後に、ホドロフスキー監督による講演と、会場のお客様を対象にしたタロット・リーディングを行うプレミア上映会を開催します!
日時:2014年4月22日(火)18:00開場/18:30開演
※全席自由席、18:00 より整理券番号順でのご入場となります。
場所:ヤクルトホール
登壇者:アレハンドロ・ホドロフスキー
料金前売り券:2,500円/当日券:2,800円
前売り券販売:4月1日(火)より、イープラスにて販売
●『リアリティのダンス』
第66回カンヌ国際映画祭監督週間でプレミア上映された23年ぶりの新作は、残酷で美しい人間賛歌。

リアリティのダンス

1990年の『The Rainbow Thief』(日本未公開)以来23年ぶりとなる新作は、生まれ故郷チリの田舎町で撮影された自伝的作品。
権威的な父親との軋轢と和解、ホドロフスキーを自身の父親の生まれ変わりだと信じる、元オペラ歌手の母親との関係、そしてホドロフスキー少年が見た“世界”とは…映画の中で家族を再生させ、自身の少年時代と家族への思いを、現実と空想を瑞々しく交差させファンタスティックに描く。
監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
出演:ブロンティス・ホドロフスキー(『エル・トポ』)、パメラ・フローレス、クリストバル・ホドロフスキー、アダン・ホドロフスキー
音楽:アダン・ホドロフスキー
原作:アレハンドロ・ホドロフスキー『リアリティのダンス』(文遊社)
配給:アップリンク/パルコ
(2013 年/チリ・フランス/130 分/スペイン語/カラー/1:1.85/DCP)
公式Facebook:https://www.facebook.com/TheDanceOfReality.jp
公式Twitter:@danceofreality
『リアリティのダンス』
7月12日(土)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、 渋谷アップリンクほか、全国順次公開
(C)“LE SOLEIL FILMS” CHILE ・ “CAMERA ONE” FRANCE 2013
→『リアリティのダンス』の記事を探す