MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『牙狼<GARO>』最新作『牙狼<GARO>-魔戒ノ花-』先行上映会開催

新たな主人公・冴島雷牙を迎え、4月より放送が開始となる『牙狼<GARO>』シリーズの新章『牙狼<GARO>-魔戒ノ花-』の先行上映会が3月23日(日)に開催。主演の中山麻聖さんをはじめ、石橋菜津美さん、水石亜飛夢さん、そして雨宮慶太総監督が舞台挨拶に登壇しました。
この日は4月4日(金)の放送開始に先駆けて第1話~第3話が上映。3人が演じる冴島家直系の男であり歴代最強とも言われる雷牙、隠密の魔戒騎士として生きるクロウ、そして元老院から遣わされた謎めいた少女・マユリらが初めてお目見えとなりました。

牙狼<GARO>-魔戒ノ花-


3人は劇中衣裳で登場。見終わったばかりの観客の拍手と歓声に迎えられた中山さんですが、開口一番「先に言っておきます…メチャクチャ、緊張してます」と苦笑い。石橋さん、水石さんは、中山さんと全く同じ口調で挨拶し笑いを誘っていましたが、緊張しているというのはどうやら本音のよう。
雨宮監督は「冴島家の絆をドラマにしたら面白いかもしれないと思った」と本作の着想を明かします。中山さんは、最初に雷牙役に決まった時の様子について「とにかく嬉しくて、飛び跳ねるくらいでした。いろんな人に報告したかったけど、まだ言えなくてモヤモヤしてて…(情報解禁となった時は)Twitterから何から使えるものは全部使って報告しました」と喜びの大きさを語ってくれました。
実は中山さんは、現在公開中の『絶狼<ZERO> BLACK BLOOD』に主演している涼邑零役の藤田玲さんとは高校のクラスメイト! 「藤田からは高校の時も(『牙狼<GARO>』について)聞いてました。『アクションが厳しい現場にいる』って。今回、決まった時に、藤田にだけは先に連絡したんですが『雨宮監督に付いて行けば間違いない』と言われました」と意外な絆による“情報”を明かしてくれました。

牙狼<GARO>-魔戒ノ花-

石橋さんはオーディションを振り返り「ほとんど雨宮監督と趣味やバンドの雑談ばかりでした」と述懐。受かったと聞いて「どこを見てたの?」と驚いたそうですが、雨宮監督は「『牙狼<GARO>』のメンツはみんな“ギャップ”がある。それは伝統です(笑)。菜津美はホワンとして、変な顔なんだけど、すごくキレイな顔をする瞬間があって、それを映像に撮りたいと思った。(石橋さんの)素の中に絶対にマユリがあると思ったので雑談ばかりしていた」と説明。一方で、中山さんを始めキャスト陣はみんな、雨宮監督について「初対面は怖いけど、話すとお父さんみたい」と口をそろえていました。
水石さんは本作が映像作品初挑戦。「プレッシャーや不安もあった」とのことですが、撮影時も最初の頃はかなり緊張していたそう。雷牙にクロウが自己紹介するシーンで「『白の番犬所から来たクロウです』と言うところを『黒の番犬所から来たシロウです』と言ってしまいまして…」とキャスト・スタッフの間で既に“伝説”と化しているというエピソードを披露すると、会場は爆笑に包まれました。
撮影に関しては中山さんも様々な苦労があったようで「CGにワイヤーアクションと初めて尽くしでしたが、5メートルの高さからの垂直直下は怖かったです!」と述懐。また、なぜか撮影現場に旧シリーズの主演の小西遼生さんが自転車で通り過ぎたり、同じく旧シリーズキャストの中村織央さんに監督が現場近くで会うなど運命的とも言える(?)、遭遇が多発したとか。中山さんの「魔戒騎士、結構あちこちにいるんですね(笑)」という言葉に再び会場は笑いに包まれました。

牙狼<GARO>-魔戒ノ花-

最後に石橋さんが「マユリは少しずつ変化していくので共感していただければ」と呼びかければ、水石さんは「一丸となって頑張った作品です」と力強く語り、中山さんも「4月から始動します!」と宣言。雨宮監督は「ゆっくり、時間をかけてこの3人を好きになってください。自分なりに、一番面白い『牙狼<GARO>』ができたと思っています」と短い言葉に自信をのぞかせ、会場は期待を込めた熱い拍手に包まれました。
『牙狼<GARO>-魔戒ノ花-』は4月より放送スタート。

公式サイト:http://garo-project.jp/TV4
(C)2014 雨宮慶太/東北新社
→『牙狼<GARO>』特設ページ
→特撮ニュースはこちら