MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『大統領の執事の涙』リー・ダニエルズ監督が「執事力検定」に挑戦!

映画『大統領の執事の涙』試写会イベント
リー・ダニエルズ監督大絶叫!「執事力検定」に挑戦!
監督の執事レベルやいかに!?

daitoryonosituji8.jpg


2月5日(水)に都内で開催された映画『大統領の執事の涙』試写会の会場に、本作のプロモーションのために株式会社アイ・エム・ジェイが開発した、執事の条件でもある所作の美しさを判定するゲーム「執事力検定」が設置された。この国内初の試みに、多くの観客が挑戦。
「執事力検定」とは、microsoft社が提供するモーションセンサー「Kinect」を活用し、映画の中のシーンと自分の姿がリアルタイムに合成され、大統領の執事を体験できるゲーム。会場にはモニターが設置され、グラスの乗ったトレーを手に執事として画面の前を横切ることで、その動きが画面の中の大統領の執務室の映像と合成される。
トレーを持つ動きがセンサーによって感知され、動きのブレに応じて「大統領の執事」レベル、「一流ホテルマン」レベル、「見習いベルボーイ」レベル、「家事手伝い」レベルの4段階で判定される。多くの観客が上映前にゲームに挑戦する姿が見られた。

daitoryonosituji9.jpg

この日の試写会には、来日していたリー・ダニエルズ監督がサプライズ登壇。舞台挨拶後、この「執事力検定」にダニエルズ監督自ら挑戦した。1回目は「家事手伝い」レベルという結果に終わったが、これに発奮し再度挑戦すると見事、一般挑戦者の中でもそれまで2名しか出せなかった「大統領の執事」レベルという最高級の判定を叩き出し、試写会場に響き渡るほどの大絶叫で喜びを露わにしていた。
この「執事検定」ゲームは、今後劇場での実施展開も調整中。

『大統領の執事の涙』
2月15日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー
(C)2013,Butler Films,LLC.All Rights Reserved.
→『大統領の執事の涙』の記事を探す