MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『おねがい☆ティーチャー/ツインズ 特別編』上映イベント開催

2014年2月8日(土曜日)TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、『おねがい☆ティーチャー/ツインズ特別編』上映イベントが行われました。
この特別編は、昨年夏に開催された10周年記念イベント Please! 10th Anniversary Final Event 「summer wind」のため、それぞれの作品を井出安軌監督が30分に再構成・再編集した映像を16:9で再撮影したもので、イベントに参加したファンだけでなく、参加できなかった多くのファンからも再上映、または発売が望まれていました。
そしてついに、3月26日にBlu-ray『おねがい☆ティーチャー/ツインズ特別編』として発売が決定! その記念イベントとして、スクリーンでの再上映が決まったのです。

please-ex7.jpg


しかし、イベント当日の東京近郊は記録的な降雪。そのため、残念ながら遠方から駆けつけようとしていた一部のファンのみならず、登壇を予定していた井出監督も会場入りを断念するという残念な事態に。ですが、悪天候にも関わらず集まったファンの熱気は、これまでの関連イベントに勝るとも劣らないものだったのは間違いありません。
最初に登壇したのは、『おねがい☆ツインズ』から宮藤深衣奈役の中原麻衣さんと、小野寺樺恋役の清水愛さん。お二人からは、どちらが本当の妹かは知らされずにアフレコしていたことや、最終回直前に出演キャストに「どちらが妹だと思うか」というアンケートが行われた話などを披露。
また、10周年記念イベントで行われた公開アフレコのビデオが流れると「あの時の演技はもうできない」「テクニックとかではない、あの時だから持っていた何かが大きい」と、声とはいえその演技は一期一会であることも語ってくれました。
そして、放送当時からこの10年余りの変化に話題が及ぶと、中原さんが「そういえば、最近気になることがあって…」と清水さんの動向を指摘。清水さんから“趣味で”プロレスを始めた経緯などが語られるなど、当時から仲の良い二人だからこそ聞ける作品外の話も楽しめました。

please-ex1.jpg

2回目のトークコーナーには、『おねがい☆ティーチャー』から風見みずほ役の井上喜久子さんが登壇。“いつものご挨拶”から始まり、オーディションでのエピソード、みずほの恋愛観などが語られ、10周年記念イベントの公開アフレコが流れた後には「恋愛についてこんなに真っすぐなセリフをいうキャラはいないかも。だから凄くドキドキしました」と、この作品が今でも新鮮な気持ちで受け入れてもらえる理由のひとつ…かもしれないお話も聞くことができました。
トークコーナーの最後にはプレゼント抽選会があり、バレンタインデーが近いということで、登壇者のサイン入りポストカードとPochyを当選した10名の方に井上さんから手渡していただきました。
ここまで大きなスクリーンで観られる機会は今後ほぼないと思われる特別編の上映と、キャストトークを含み約2時間。
悪天候の中での開催となりましたが、10年前の放送から観ていた方だけでなく、中には最近知って観始めたという方も来場されていて、改めて『おねがい』シリーズの人気を確認できたイベントになりました。
→『おねがい☆ティーチャー/ツインズ特別編』Blu-rayを予約する
Please!10周年特設ページ:please10th-anniv.com
公式ツイッター:@10please 推奨ハッシュタグ #please10th
(C)Please!/バンダイビジュアル
→『おねがい☆ティーチャー』の記事を探す
→アニメニュースはこちら