MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』アカデミー賞5部門ノミネート!

レオナルド・ディカプリオ、ついに悲願のアカデミー賞へ王手!
第86回 アカデミー賞 ノミネート発表!!
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
作品賞・主演男優賞(レオナルド・ディカプリオ)・監督賞(マーティン・スコセッシ)・助演男優賞(ジョナ・ヒル)・脚色賞(テレンス・ウィンター)主要5部門ノミネート!

wolfofwallstreet2.jpg


1月16日(米ロサンゼルス/現地時間)、映画界最大の賞となる第86回アカデミー賞のノミネートが発表された。レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督が5度目のタッグを組む『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(1月31日(金)公開/パラマウント配給)は、作品賞、主演男優賞(レオナルド・ディカプリオ)、監督賞(マーティン・スコセッシ監督)、助演男優賞(ジョナ・ヒル)、脚色賞(テレンス・ウィンター)の主要5部門でノミネートされた!
ディカプリオのノミネートは『ギルバートグレイプ』(助演男優賞)、『アビエイター』(主演男優賞)、『ブラッド・ダイアモンド』(主演男優賞)以来4度目。ジョナ・ヒルのノミネートは『マネーボール』以来2度目。スコセッシ監督は11度目のノミネート。
ディカプリオとスコセッシ監督のタッグ作品は『ギャング・オブ・ニューヨーク』、『アビエイター』、『ディパーテッド』(作品賞受賞)作品賞にノミネートされて以来、今作で4度目のノミネートとなる。
本作はディカプリオ自身が8年も温めてきた渾身の企画。自らプロデュースを手掛け、スコセッシ監督を説得し、主演もつとめた本作は、ディカプリオが自身のキャリアの中で最も全身全霊をかけた意欲作。金儲け、美女、どんちゃん騒ぎが大好きな実在のキャラクターを演じ、海外メディアでは、「ディカプリオ史上最高の演技!」と大絶賛。俳優としての限界を超えた、ヤバすぎる姿が満載の衝撃作だ。
先日発表されたゴールデン・グローブ賞では、見事、最優秀主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞! 受賞スピーチでは、スコセッシ監督に心からの敬意と感謝を伝え、「僕にこの映画でリスクを冒す勇気を与えてくれてありがとう!」と語った。ディカプリオはまだ一度もオスカーを手にしたことがなく、いよいよ悲願のオスカー初受賞に大きな期待と注目が集まっている! 授賞式は現地時間3月2日に行われる。
●現在までの賞レース状況(1月16日現在)
・受賞
ゴールデン・グローブ賞 最優秀主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門) レオナルド・ディカプリオ
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞トップ10作品選出、スポットライト賞(マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオのキャリア・コラボレーションに対して)、脚色賞 受賞
ニューヨーク・オンライン映画批評家協会賞トップ11作品選出
アメリカ映画協会賞トップ10作品選出
ボストン・オンライン映画批評協会賞トップ10作品選出
サンディエゴ映画批評家協会賞ボディ・オブ・ワーク(マシュー・マコノヒー)
インディアナ映画批評協会賞トップ10作品選出
サウスイースタン映画批評協会賞トップ10作品選出
オースティン映画批評協会賞トップ10作品選出
セントラルオハイオ映画批評家協会賞トップ10作品選出、脚色賞
オクラホマ映画批評協会賞トップ10作品選出、ボディ・オブ・ワーク賞(マシュー・マコノヒー)
デンヴァー映画批評家協会賞脚色賞
・ノミネート
サテライト賞作品賞、監督賞、主演男優賞、脚色賞、編集賞 5部門ノミネート
デトロイト映画批評家協会賞監督賞、主演男優賞、アンサンブル演技賞、脚本賞 4部門ノミネート
ボストン映画批評家協会賞 作品賞、監督賞、主演男優賞 3部門ノミネート
ワシントンDC映画批評家協会賞監督賞、主演男優賞、脚色賞、編集賞 4部門ノミネート
ブロードキャスト映画批評家協会賞作品賞、監督賞、アンサンブル演技賞、コメディ映画男優賞、脚色賞、編集賞 6部門ノミネート
サンフランシスコ映画批評家協会賞作品賞、監督賞、主演男優賞、脚色賞、編集賞 5部門ノミネート
ダラス-フォートワース映画批評家協会賞トップ10作品選出 監督賞、主演男優賞、助演男優賞 3部門ノミネート
ロンドン映画批評家協会賞作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞 4部門ノミネート!
アメリカ製作者組合賞作品賞 ノミネート
アメリカ脚本家組合賞脚色賞 ノミネート
アメリカ監督組合賞監督賞 ノミネート
アメリカ編集監督組合賞編集賞(コメディ・ミュージカル) ノミネート
アメリカ視覚効果監督組合賞サポート視覚効果賞 ノミネート
セントラルオハイオ映画批評家協会賞作品賞、監督賞、アンサンブル演技賞、助演男優賞、アクター・オブ・ザ・イヤー(レオナルド・ディカプリオ)5部門ノミネート
ノースカロライナ映画批評家協会賞 作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、脚色賞 5部門ノミネート
英国アカデミー賞監督賞、主演男優賞、脚色賞、編集賞 4部門ノミネート
ジョージア映画批評家協会賞作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、アンサンブル演技賞 5部門ノミネート
デンヴァー映画批評家協会賞作品賞、監督賞、主演男優賞、脚色賞 4部門ノミネート
アメリカ美術監督組合賞美術賞(コンテンポラリー)
国際シネフィル協会賞 作品賞、主演男優賞、編集賞 3部門ノミネート
原題:The Wolf of Wall Street
全米公開:12月25日
監督:マーティン・スコセッシ
製作:マーティン・スコセッシ、レオナルド・ディカプリオ
原作:ジョーダン・ベルフォート著「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒー、マーゴット・ロビー、ジャン・デュジャルダン、ロブ・ライナー
配給・宣伝:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
1月31日(金)全国ロードショー!
(C)2013 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
→『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の記事を探す
→ディカプリオの記事を探す
→スコセッシの記事を探す