MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

二大女優Wゴールデン・グローブ賞ノミネート『8月の家族たち』

主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門):メリル・ストリープ
助演女優賞:ジュリア・ロバーツ
第71回ゴールデン・グローブ賞
二大女優Wノミネート!!!!
映画『8月の家族たち』

8gatsunokazoku.jpg


2014年4月に日本公開となる映画『8月の家族たち』(原題/August:Osage County)に出演するメリル・ストリープとジュリア・ロバーツが、アカデミー賞の前哨戦と言われるゴールデン・グローブ賞の主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)と助演女優賞に揃ってノミネートされました!
メリル・ストリープが演じるのは、突然夫が失踪し、三人の娘たちやその家族と再会を果たす主人公ヴァイオレット。病を患いながらも、家族たちを支配する強烈な毒舌家という個性的なキャラクターを、比類なき存在感と圧巻の演技力で演じます。
ヴァイオレットの長女バーバラを演じるのが、意外にもメリル・ストリープと初共演となるジュリア・ロバーツ。夫の浮気と娘の反抗期に悩みながらも、我儘な母親に立ち向かい自らを見つめ直していくという複雑な女性像を、繊細にリアルに体現します。
メリル・ストリープとジュリア・ロバーツの【母娘対決】は本作の最大の見どころのひとつです!
メリル・ストリープは、ゴールデン・グローブ賞28回目のノミネート。一昨年の『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』での主演女優賞受賞も記憶に新しい中、通算9回目の受賞に期待がかかります。
一方のジュリア・ロバーツは、ゴールデン・グローブ賞8回目のノミネート。これまでに3回の受賞を果たしており、ノミネートは『デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく』以来4年ぶりとなります。
本作は、2007年に初演されるやいなや大好評を博し、翌年のピュリッツァー賞を受賞、さらにトニー賞を総ナメにした、トレイシー・レッツによる傑作舞台の待望の映画化。TV ドラマ「ER」シリーズの監督・製作総指揮を手がけ、『カンパニー・メン』(2010)で長編監督デビューを飾った、ジョン・ウェルズがメガホンをとりました。
メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツの他にも、ユアン・マクレガー、ベネディクト・カンバーバッチ、ジュリエット・ルイス、クリス・クーパー、サム・シェパード、アビゲイル・ブレスリンなど、超一流キャストが勢揃いし、片時も目が離せないスリリングな演技合戦を繰り広げます。
オクラホマの片田舎。父親が失踪し数年ぶりに再会した、意地悪な母親ヴァイオレットとバラバラの三姉妹。そして、その夫と子供たち。それぞれの本音は隠し切れず、ありえない“秘密”の数々が明かされる。
なぜ父は消えたのか?
この“家”はどこに向かおうとしているのか?
【家族】という最も当たり前で最も理解しがたい、逃れられない関係の真実とは―?!
想定外の展開に驚き、笑い、そして白熱の余韻が満ちる、至福の2時間が幕を開けます。
アカデミー賞前哨戦のゴールデン・グローブ賞受賞結果の発表は日本時間2014年1月13日(祝・月)となります。
●受賞履歴
第71回ゴールデン・グローブ賞
 主演女優賞/ミュージカル・コメディ部門(メリル・ストリープ)ノミネート
 助演女優賞(ジュリア・ロバーツ)ノミネート
第17回ハリウッド・フィルム・アワード
 助演女優賞(ジュリア・ロバーツ)、アンサンブル・オブ・ザ・イヤー 受賞
第25回パームスプリングス国際映画祭
 スポットライト賞(ジュリア・ロバーツ)受賞
第22回ブリタニア・アワード
 ブリティッシュ・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(ベネディクト・カンバーバッチ)受賞
第20回全米映画俳優組合賞
 アンサンブル演技賞、主演女優賞(メリル・ストリープ)、助演女優賞(ジュリア・ロバーツ)ノミネート
第18回サテライト賞 主演女優賞(メリル・ストリープ)、助演女優賞(ジュリア・ロバーツ)ノミネート
第12回ワシントンD.C.映画批評家協会賞
 主演女優賞(メリル・ストリープ)、アンサンブルキャスト賞ノミネート
第14回フェニックス映画批評家協会賞
 主演女優賞(メリル・ストリープ)、助演女優賞(ジュリア・ロバーツ)、脚色賞、アンサンブル賞ノミネート
●ストーリー>>
オクラホマの片田舎。父親の突然の失踪をきっかけに、実家へ久しぶりに集まった三姉妹とその家族。
毒舌家の母親ヴァイオレットは、病を患い薬に頼る毎日。長女バーバラは、浮気した夫と別居中で反抗期の娘に手を焼いている。次女カレンはこんな時に新しい婚約者を連れてきて、三女アイヴィーは誰にも打ち明けられない恋に胸をときめかせている。自分勝手な母親と、既に自らの人生を歩んでいる娘たち。
そして、彼女たちを取り巻く四人の男……それぞれの本音は隠し切れず、ありえない“秘密”の数々が明かされる。
なぜ父は消えたのか?
この“家”はどこに向かおうとしているのか?
どこにでもいるはずだった家族の、普通じゃないひと夏が幕を開けた。
製作:ジョージ・クルーニー グラント・ヘスロヴ『アルゴ』
監督:ジョン・ウェルズ『カンパニー・メン』
原作:トレイシー・レッツ「August: Osage County」
脚本: トレイシー・レッツ
出演:メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、ユアン・マクレガー、クリス・クーパー、アビゲイル・ブレスリン、ベネディクト・カンバーバッチ、ジュリエット・ルイス、マーゴ・マーティンデイル、ダーモット・マローニー、ジュリアン・ニコルソン、サム・シェパード、ミスティ・アッパム
2013年アメリカ
配給:アスミック・エース
『8月の家族たち』
2014年4月 TOHOシネマズシャンテほか 全国ロードショー
(C)2013 AUGUST OC FILMS, INC. All Rights Reserved.
→『8月の家族たち』の記事を探す
→メリル・ストリープの記事を探す
→ジュリア・ロバーツの記事を探す