MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

映画『あさひるばん』元高校球児限定試写会に35組70名ご招待!

『釣りバカ日誌』の原作者・やまさき十三が、なんと72歳で初監督に挑戦!!
「あさひるばん」トリオ 國村隼・板尾創路・山寺宏一は、西田敏行とやまさき十三から、“釣りバカの心”を受け継いだ!
映画『あさひるばん』元高校球児限定試写会開催決定!

asahiruban5.jpg


大人気コミック「釣りバカ日誌」(小学館ビッグコミックオリジナルにて連載中)の原作者やまさき十三が、ペンでなく今度はメガホンをとりました。72歳の初監督作品『あさひるばん』が11月29日に公開されます!
 演は、主人公「あさ」こと浅本有也に國村隼、「ひる」こと日留川三郎に板尾創路、「ばん」こと坂東欽三に山寺宏一。阪元幸子の娘・有三子に桐谷美玲。3人のあこがれのマネージャー・阪元幸子に宮崎県出身の女優・斉藤慶子。そして3人の高校時代のライバル・野沢七郎役に松平健と超豪華俳優陣!
映画『釣りバカ日誌』の浜崎伝助役でおなじみの西田敏行も、元城北高校野球部監督にして、幸子の父、阪元雷蔵役として、『釣りバカ日誌』のエッセンスを吹き込みます!
「あさひるばん」トリオは高校時代野球部に所属し、甲子園を目指し、地区予選決勝でライバルに敗れ、涙を飲みます。この度、3人と同じく高校野球の経験を持つ方々を招待し、同じく昔、高校球児であったやまさき十三監督をお呼びして『あさひるばん』トークイベント付き試写会を開催することになりました。
映画序盤の、あさひるばんトリオにとってはかけがえのない思い出であり、物語の過去と現在をつなぐ重要なエピソードである、“バカ”の人文字のシーンは、実はやまさき監督の実体験。中学3年の秋、自習をサボって校庭でソフトボールをしていた監督は、隣の小学校で生徒たちが人文字をつくっていることを発見。すかさず友達を集めて、手帳に配置図を書き、バカの人文字を指揮。翌日、新聞に掲載されて大騒ぎになり、先生にこっぴどく叱られた……という貴重な(!?)体験談がそのまま本編に生かされています。

asahiruban6.jpg

そういったエピソードを同じ高校野球体験を共有するお客様を招待し、楽しいトークショーを予定しております。高校野球部員が資格ということで、女子マネージャーの経験を持つ方も大歓迎。ご応募お待ちしております。
開催日時:11月21日(木)18:00会場 18:30開演
場所:松竹本社試写室
応募資格:高校時代に野球部に所属した経験のある方。女子マネージャーでも可。
応募フォームURL:https://www.shochiku.co.jp/movie/fm/asahiruban_baseball/

出演:國村隼、板尾創路、山寺宏一、桐谷美玲、斎藤慶子、松平健、西田敏行
テーマソング:米米CLUB(ソニー・ミュージックレコーズ)
監督・原作:やまさき十三(小学館「釣りバカ日誌」原作)
脚本:塙五郎 やまさき十三
音楽:山下康介
企画:久保雅一
チーフプロデューサー:三宅川敬輔
プロデューサー:武田千明 古澤泉 浜本正機
制作:オー・エル・エム
制作協力:映広
製作:「あさひるばん」製作委員会
配給:松竹
『あさひるばん』
11月29日(土)全国ロードショー
(C)2013やまさき十三/「あさひるばん」製作委員会
→『あさひるばん』の記事を探す