MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

誰よりも性欲が強い女子大生、着衣時間は本編中18分半『愛の渦』

ヒロインを演じる門脇麦の白い肌が映える意味深なポスターも到着!
人間の性欲に真っ向から挑んだ、2006年第50回岸田國士戯曲賞受賞作、衝撃の映画化
『愛の渦』
公開日2014年3月1日(土)決定!
人気劇作家、三浦大輔の主宰する演劇ユニット「ポツドール」の代表作として2006年第50回岸田國士戯曲賞に輝いた傑作舞台劇『愛の渦』を衝撃の映画化した本作。三浦が自ら脚本を新たに書き下ろし、性欲とその感情に振り回される者たちの滑稽なまでに剥き出しにされた人間の本質や切なさを描いた注目作です。
この度、本作の劇場公開日が2014 年3月1日(土)と決定しさらに第一弾ポスタービジュアルも到着しました。

ainouzu.jpg


男性:2万円、女性:千円、カップル:5千円、午前0時~5時の間に都会の一室で営まれる乱交パーティ。働きもせず引きこもり、親の仕送りを使ってまで、その宴に参加する主人公の“ニート”を演じるのは、若手実力派俳優として頭角を現してきた、池松壮亮。
ポスタービジュアルを飾るのはヒロインを演じた門脇麦。上半身裸で物憂げに視線を送っているビジュアルはインパクト大だ。門脇は監督がその存在感に惚れ込んで“地味で真面目な容姿ながら、誰よりも性欲の強い女子大生”という難役に大抜擢され、「彼女と心中するつもりで作品を撮ると決めた」とのコメントに応える体当たりの演技をみせている。
他にも新井浩文、滝藤賢一、窪塚洋介、田中哲司、三津谷葉子といった、日本映画界を支える個性的かつ実力のある豪華なキャストたちが名を連ね、欲望渦巻く群像劇を繰り広げる。「乱交パーティ」、「したくてたまらない」、「好きになってんじゃねーよ」などと意味深かつ過激な言葉の数々がR18+指定、上映時間123分中着衣時間は18分半というセンセーショナルな内容を想起させる。
果たしてヒロイン・門脇麦の見つめる先には何が待ち受けているのか?舞台とはまた違った新たなる結末に期待が膨らみ、2014年3月1日(土)の公開まで待ち遠しくなること請け合いです!
●作品概要
午前0時~5時。料金は男:2万円、女:千円、カップル5千円。そこは都会の一室で営まれる乱交パーティ。
滑稽なまでに剥き出しの性欲が向かう先は、愛か、果てないただの欲望か。
第50回岸田國士戯曲賞受賞。『恋の渦』に続き、ポツドールの代表作が、今度は三浦大輔自身の手で、衝撃の映画化。
原作は、人気劇作家、三浦大輔が主宰する演劇ユニット「ポツドール」の代表作であり、2006年第50回岸田國士戯曲賞に輝いた傑作舞台劇ヒロインを演じる門脇麦の白い肌が映える
意味深なポスターも到着!。性欲と、それにともなって付いてきてしまう感情に振り回される、人間の滑稽さや切なさ。そして剥き出しになる人間の本質――今回、映画用に書き下ろした脚本により、伝説の舞台は、輝きを増した〝映画″となり、新たなる結末へと向かう。
着衣時間が全編中たった18分半。日本映画史上、最も過激な作品に挑んだのは、実力派の俳優たち。主演は、若手実力派俳優として頭角を現してきた池松壮亮。働きもせずにひきこもり、親の仕送りを使ってまで乱交パーティに参加する”ニート”を演じる。
もう一人の主演は、三浦監督がその存在感に惚れ込み、抜擢した女優・門脇麦。 “地味で真面目そうな容姿ながら、誰よりも性欲が強い女子大生”という難役に挑んだ。着衣時間は123分中、18分半という過激な作品にも関わらず、その脚本の面白さに賛同して集まったのは、新井浩文、滝藤賢一、田中哲司、窪塚洋介他、実力と個性を兼ね備えた豪華な俳優たち。彼らが織りなす欲望渦巻く人間模様は必見だ。
●スタッフ・キャスト
原作・脚本・監督:三浦大輔
出演:池松壮亮、門脇 麦、新井浩文、滝藤賢一、三津谷葉子 、窪塚洋介、 田中哲司
制作プロダクション:ステアウェイ
製作:「映画 愛の渦」製作委員会(東映ビデオ、クロックワークス)
配給:クロックワークス
R18+
『愛の渦』
2014年3月1日(土)テアトル新宿他にて公開
(C)映画「愛の渦」製作委員会
→『愛の渦』の記事を探す