MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『フィルス』したコメで上映! トークショー開催

『トレインスポッティング』原作者アーヴィン・ウェルシュ原作の映画『フィルス』(11月16日公開)が、第6回したまちコメディ映画祭の最終日(9月16日)に東京都美術館講堂にて上映されました。
台風で交通機関の乱れもある中、東京都美術館講堂(225席)がほぼ満席となり大盛況のスタートとなった。ジェームズ・マカヴォイファンの熱烈な女性客からトレスポや原作ファンといった20代~40代の男女が詰め掛けた。
上映前のトークショーでは編集者・ライターで元「CUT」副編集長の門間雄介氏によるトークショーが行われ、『フィルス』の強烈な主人公や『トレインポッティング』の音楽の話、現在のイギリス映画界の状況などが語られ場を盛り上げた。

filth2.jpg


また上映後の観客の反応は、「めちゃくちゃ面白かった! やばい。公開したらまた観に行きたい」、「マカヴォイのダメ男ぶりにはまった」、「マカヴォイがかっこよすぎる!役者としての振れ幅が凄すぎる」、「かっこよかったし音楽が凄くよかった」、「美術展を観るつもりで来たが、あまりに面白そうでつい入ってしまったら、期待以上の面白さだった」、「スタイリッシュだった」、「ずっと日本に来るのをずっと待っていた」、「トレスポ以上に過激だった」、「原作も読んだが原作とは違った面白さがあった」など大絶賛の嵐となった。

filth3.jpg

●『フィルス』
英国発★愛と絶望を笑いにするクライム・コメディ!
特技は同僚や友人を陥れるための裏工作と残業の不正申告。ポルノ・売春・不倫・アルコール・コカイン中毒……。
あまりに最低、あまりに強烈、イカれた刑事ブルース・ロバートソン。街がクリスマスムードに浮かれだすころ、残忍な日本人留学生殺人事件が起きる。初動捜査では【目撃者はゼロ】。
その捜査の指揮を任されたブルースは、この事件で手柄をあげ出世しようと目論む。だが捜査を進めるにつれ、自分の過去と向き合わなければならなかった。
やがて【目撃者とされる謎の女】の存在が急浮上したとき、衝撃の真実が明らかになる! はたして狂気の中、どうしようもない男の人生に明日はくるのか!?
原作:アーヴィン・ウェルシュ「FILTH」(パルコ出版より11月発売決定!!)
監督:ジョン・S・ベアード
出演:ジェームズ・マカヴォイ『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』、『トランス』(ダニー・ボイル監督10月公開)、ジェイミー・ベル『ジェーン・エア』、イモージェン・プーツ『25年目の弦楽四重奏』、ジム・ブロードベント『クラウド・アトラス』
提供:パルコ
配給:アップリンク、パルコ
(2013年/イギリス/97分/カラー/英語/シネマスコープ)
スコットランド公開 9.27 /イギリス公開 10.4
twitter:@filth_movie
『フィルス』
11月16日(土)シネマライズにて最速公開!!
→『フィルス』の記事を探す