MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『とらわれて夏』賞レースに向け、遂にトロント映画祭で解禁上映!

『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』監督 × アカデミー賞女優ケイト・ウィンスレット主演
“禁断の愛の物語”
『とらわれて夏』(仮題/原題:Labor Day)
賞レースに向け、遂にトロント映画祭で解禁上映!

torawaretenatsu.jpg


監督作『JUNO/ジュノ』、『マイレージ、マイライフ』がアカデミー賞10部門にノミネート、自身も2度の監督賞ノミネートを果たした弱冠35歳の天才監督ジェイソン・ライトマン。その最新作『とらわれて夏』(仮題)<原題:Labor Day>の公開が2014年GWに決定した。
主演は『愛を読むひと』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したオスカーの常連ケイト・ウィンスレット、共演に演技派ジョシュ・ブローリン、トビー・マグワイアを迎え、監督の新境地である“禁断の愛の物語”を描き上げる。
その本作が、9月5日(木)より開催中の北米最大の映画祭トロント国際映画祭にて、いよいよプレミア上映されることとなった。現地9月7日(土)にお披露目され、主演ケイト・ウィンスレットやジェイソン・ライトマン監督らも現地入りし記者会見が予定されている。
この映画祭は、アカデミー賞に向けての賞レースの幕開けに位置づけられており、昨今では『英国王のスピーチ』『世界にひとつのプレイブック』などがこの映画祭での称賛から、数々の賞の受賞へとつながっていった。アカデミー賞のノミネートも噂される本作も、映画祭での上映を受け、今後数々の賞レースへの期待が高まっている!!
●全米メディア早くも絶賛!
主人公の愛への渇望に観客は大いに共感するだろう –ヴァラエティ
意外な出会いから始まる、繊細で素晴らしいラブストーリーだ –ハリウッド・レポーター
●『とらわれて夏』(仮題)
あの夏の5日間、僕と母が過ごした運命の人は、犯罪者でした……。
アメリカ東部の静かな町。9月のレイバー・デイの週末をひかえたある日、トラウマを抱えたシングルマザーのアデルと13歳の息子ヘンリーの前に突然、脱獄したばかりの逃亡犯が現れる。家へ連れて行ってくれと強要され、そのまま自宅へと帰宅するも、逃亡犯フランクを匿うこととなり、3人は緊張状態のまま時間を過ごしていく。
やがて、フランクと息子ヘンリーは打ち解けあい、いつしかフランクと母アデルはお互いに惹かれ合っていく……。
人生の晩夏にさしかかったシングルマザーと思春期の少年が体験した、運命の5日間を描く禁断のラブストーリー。
監督&脚本:ジェイソン・ライトマン『マイレージ、マイライフ』、『JUNO/ジュノ』、『サンキュー・スモーキング』『ヤング≒アダルト』
原作:ジョイス・メイナード「Labor Day」
出演:ケイト・ウィンスレット『愛を読むひと』、『タイタニック』『エターナル・サンシャイン』、ジョシュ・ブローリン『ノーカントリー』『メン・イン・ブラック3』『トゥルー・グリット』、トビー・マグワイア『華麗なるギャツビー』『スパイダーマン』シリーズ
原題:Labor Day (12月25日全米公開)
『とらわれて夏』(仮題)
2014年GW TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー
→ケイト・ウィンスレットの記事を探す
→ジョシュ・ブローリンの記事を探す
→トビー・マグワイアの記事を探す