MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

園子温監督最新作『地獄でなぜ悪い』ベネチア国際映画祭公式上映

第70回ベネチア国際映画祭(2013年8月28日から9月07日)が開幕。『地獄でなぜ悪い』はオリゾンティ部門に出品されており、8月29日、公式上映が行われた。会場はベネチア映画祭のメイン会場であるsala Grande。本来ならばコンペ作品のみが上映される会場で、オリゾンティ部門の作品が上映されるのは、ベネチアの園監督作品への期待の表れでもある。
園子温監督、主演の國村隼、共演の長谷川博己、二階堂ふみ、神楽坂恵がレッドカーペットと公式上映に参加。

jigokudenaze8.jpg


70周年記念の短編映画企画で世界の70人に選ばれた園監督は、映画祭に参加しているマスコミ、観客のファンが多く、サイン攻めで囲まれることも。また、本映画祭で3作品の出演作品が正式出品されている國村隼は、『ブラック・レイン』『キル・ビルVol.1』など海外の人気監督の映画にも出演しており、随所で「ジュンー! ジュンー!」と声をかけられた。

jigokudenaze9.jpg

公式上映は1032人のsalaGrandeが満席。会場に入った監督やキャストを盛大な拍手で迎え、上映が始まった。
35mmフィルム、深作欣二、ブルース・リー……映画にまつわる様々なオマージュが隠された本作にベネチアの映画ファンが熱狂!!
上映中、場内は、爆笑に次ぐ爆笑!約120分間、笑いが絶えない、国際映画祭ではほんとうに珍しい上映に。上映後のスタンディングオベーションはとても温かい雰囲気に包まれ、約8分間続いた。

jigokudenaze10.jpg

SONO!のコールや、映画の中の自主映画撮影集団の名前であるファックボンバーズを叫ぶ人々、映画のオープニングを飾る曲の「全力歯ぎしりレッツゴー」をハミングするイタリア人など……。
「よくぞ撮ってくれた!」という雰囲気で、拍手は鳴り止まず、キャスト、監督とも、延々と続く拍手に、満面の笑みと感謝の気持ちを表し応えた。園監督の痛快バイオレンスコメディに大爆笑の後、感動で涙される方も。目の肥えたベネチアの映画ファンに充分応えた結果になった!
さらに、28日の夜に行われたプレススクリーニングでは100人を越える多勢のマスコミが詰めかけ、上映後にプレス試写では異例の、かつ登壇キャストが誰もいない状態にも関わらずスタンディングオベーションによる喝采で評価された。
日本で、賞を狙える部門に出品されている作品は、『風立ちぬ』と『地獄でなぜ悪い』の2作品のみ。このベネチアの大反響に、賞に一歩近づいた!?

jigokudenaze11.jpg

●ストーリー
ヤクザの組長・武藤(國村)は娘・ミツコ(二階堂)を主演に映画製作を決意する。映画の神様を信じるうだつのあがらない映画青年(長谷川)と、通りすがりのフツーの青年(星野)を監督に迎え、スタッフ&キャストは、オールヤクザ! 娘を映画スターに!……それは武藤を守るため獄中にいる武藤の妻しずえ(友近)の生涯の夢でもあった。
対立する池上組とその組長で、過去の出会いからミツコに恋心を抱く池上(堤)までをも巻き込んで、事態はとんでもない方向に展開していく……。
かくして、ホンモノのヤクザ抗争を舞台に、史上最も命がけな映画が電光石火のごとくクランクイン!!
狂おしいほどまっすぐな想いが叶うなら、そこが地獄でもかまわない。
芸人デビューまでしてしまった(!!) いろんな意味で今、最も目が離せない監督・園子温の自身初となる超娯楽作品にして痛快無比のウルトラ・アクション活劇!

jigokudenaze.jpg

監督・脚本:園子温
出演:國村隼 / 長谷川博己 星野源 二階堂ふみ 友近 / 堤真一
配給:キングレコード、ティ・ジョイ
『地獄でなぜ悪い』
9月28日(土)封切り!新宿バルト9他全国ロードショー!
(C)2012「地獄でなぜ悪い」製作委員会
→『地獄でなぜ悪い』の記事を探す