MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『宇宙戦艦ヤマト2199』第七章「そして艦は行く」初日舞台挨拶

いよいよ上映となった『宇宙戦艦ヤマト2199』第七章「そして艦は行く」。8月24日(土)新宿ピカデリーにて、古代進役・小野大輔さん、島大介役・鈴村健一さん、出渕裕総監督による初日舞台挨拶が行われた。
長かったヤマトの航海もついに最終章を迎え、ヤマトクルーへの慰労の気持ちを込めて、会場を埋め尽くした約600人のお客様に、起立、敬礼で迎えられた。

yamato2199-7-2.jpg


・小野大輔さん:当初は古代を演じるプレッシャーに押しつぶされそうでした。同業の先輩方からの注目度も非常に高い作品ですからね。『お前が古代か!』みたいな……。アフレコ前夜にいろいろ考えすぎて眠れなかった作品は初めてかもしれません。今は、キャストやスタッフみんなと力を合わせて旅をしてきた感覚がとても強いです。やっとここまで辿り着いたなと……。後半はアフレコスタジオにいるみんながヤマトのクルーに見えていました。
・鈴村健一さん:島は第七章までの航海中、色々な経験を積み、ヤマトの舵を取る航海長として、本当に良い顔つきになったと思います。でも、最後まで女性に縁がなくて……。
オリジナルの“匂い”を残しつつも、きっちりと現代の作品として完結することができました。最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。
・出渕裕総監督:上映は約1年半、総監督としては5年越しの企画でしたが、やっと地球に帰還する事ができます。本当にいろいろな事がありました。今の気持ちを一言で言い表すのは非常に難しいのですが、“感無量”です。

yamato2199-7-3.jpg

壇上に上がった3名は晴れやかな表情で、それぞれの現在の心境を語った。
最後に、古代役の小野さんが、「第七章は人と人との繋がりを大切に、それを次世代へと受け継いでいくことが大きなテーマとなっています。今回、自分も含めて初めてヤマト2199に出会い、この作品を好きになってくれた沢山の皆様、どうかヤマトを更に次の世代へと語り継いで行っていただきたいと思います。本当に有難うございました。」と結び、最終章の舞台挨拶を締めくくった。
『宇宙戦艦ヤマト2199』第七章「そして艦は行く」8月24日より全国16館にて二週間限定で上映中。
『宇宙戦艦ヤマト2199』公式サイト:http://yamato2199.net/
(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
→『宇宙戦艦ヤマト』特設ページ
→『宇宙戦艦ヤマト』の記事を探す
→アニメニュースはこちら