MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

青春映画の新たな金字塔!『ウォールフラワー』公開・邦題決定

「ライ麦畑でつかまえて」の再来と絶賛され、全米で社会現象となったベストセラー小説を映画化!
ギャガ配給にて、『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』のローガン・ラーマン、『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン、『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラー競演の青春映画『The Perks of Being a Wallflower』が11月に公開の運びとなりました。また、邦題が『ウォールフラワー』に決定しました。


本作は、1999年にアメリカで発刊されベストセラーとなった同名小説の映画化です。“壁際に咲く花”のように、パーティーで誰にも話しかけられない内気な少年チャーリーの心の成長を描いています。また、初監督ながらIMDbや海外の映画レビューをまとめたRotten Tomatoesにて高評価を獲得し話題を呼び、本作の原作・脚本も務めたスティーブン・チョボスキー監督の来日が9月10日・11日に決定しました。
●ストーリー
壁際が定位置だった僕は、自由な君たちと出逢い、笑い、恋をして、痛みを知った。
チャーリー(ローガン・ラーマン)は、小説家を志望する16歳の少年。高校入学初日にスクールカースト最下層に位置付けられ、ひっそりと息を潜めて日々をやり過ごすことに注力していた。ところが、彼の生活は、陽気でクレイジーなパトリック(エズラ・ミラー)、美しく奔放なサム(エマ・ワトソン)という兄妹との出逢いにより、一変する。
初めて知る“友情”、そして“恋”―。世界は無限に広がっていくように思えたが、チャーリーがひた隠しにする、過去のある事件をきっかけに、彼らの青春の日々は思わぬ方向へ転がり始める―。
原作は、1999年に刊行され、全米で社会現象となった同名の青春小説。原作者自らが監督を務め、待望の映画化を果たした。ナイーブな“はみ出し者たち”を演じるのは、『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』のローガン・ラーマン、『ハリー・ポッター』シリーズを卒業後、本作で初の大役を務めるエマ・ワトソン、『少年は残酷な弓を射る』の衝撃的な演技が話題を呼んだエズラ・ミラーら、ハリウッドが注目する最旬の若手スターたち。 この秋、映画館で青春の“あの日々”が蘇る―。
IMDb 8.1 ★★★★★★★★
Rotten Tomatoes 85%獲得の高評価 世界中が絶賛の嵐!!!
原作・監督・脚本:スティーブン・チョボスキー『RENT/レント』脚本
製作:ジョン・マルコヴィッチ『JUNO/ジュノ』製作
出演:ローガン・ラーマン『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』、『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』、エマ・ワトソン『ハリー・ポッター』シリーズ全作、エズラ・ミラー『少年は残酷な弓を射る』
原作本:「ウォールフラワー」(集英社文庫刊)
原題:The Perks of Being a Wallflower/2012/アメリカ/103分/カラー/ビスタ
配給:ギャガ
『ウォールフラワー』
11月 TOHOシネマズ シャンテ、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次ロードショー!
(C)2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
→『ウォールフラワー』の記事を探す