MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

麻生久美子、関ジャニ∞・安田章大共演『ばしゃ馬さんとビッグマウス』

人はいつだって夢を抱いて、その夢を叶えるためにがんばっている。
だけど、その夢が叶わない“かも”しれないとしたら……。
『純喫茶磯辺』(2008年)や『さんかく』(2010年)などオリジナル脚本で勝負する若手の気鋭・吉田恵輔監督。3年ぶりの新作にして劇場映画4作目となる『ばしゃ馬さんとビッグマウス』は、夢をあきらめきれずにもがき続ける一人の女と一人の男──彼らの挑戦と葛藤を描いたヒューマンコメディ。

basyauma1.jpg


主人公は、同じシナリオスクールに通う脚本家志望の超ストイックな“ばしゃ馬さん”こと馬淵みち代・34歳と、自称もうすぐ天才脚本家の超自信過剰な“ビッグマウス野郎”こと天童義美・28歳。「私、こんなにがんばっているのに!」が口ぐせの馬淵は、学生の頃からコンクールに応募しているが、悲しいかな落選の日々。
「俺、本気出したらスゴイで~」が口ぐせの天童は、他人の作品に毒舌を吐き講釈を垂れるものの、本人はまだ一度も作品を書いたことがない。脚本家になるという同じ夢を追いかけてはいるけれど、性格も考え方も生き方も違う。まったく噛み合わない水と油のような2人が出会ったことで起こる化学反応を面白おかしく描いていく。
“ばしゃ馬さん”と“ビッグマウス”という、この愛すべきキャラクターに息を吹き込むのは、老若男女を問わず抜群の好感度を誇る実力派女優の麻生久美子と、ずば抜けたユーモアセンスを持つ人気アイドルグループ「関ジャニ∞」のメンバーとして活躍する安田章大。初共演、異色の共演ながらも2人の息はぴったり!
馬淵と天童を真面目にゆるく、笑えるのに切なく、とびきり人間くさく魅力的に演じ、役者としてそれぞれ新境地を拓いている。
夢を叶えるのは難しくて、夢をあきらめるのも難しくて、でも、いつかは決着をつけなければならなくて──。『ばしゃ馬さんとビッグマウス』は、主人公が夢を叶えていくありきたりのサクセスストーリーではなく、一度抱いてしまった夢とどう向き合うのかをテーマにした、ありそうでなかった物語。果たして、馬淵と天童が抱いた夢はシナリオ通りになるのか?

basyauma2.jpg

●スタッフ・キャスト
麻生久美子 安田章大
岡田義徳 山田真歩 清水優
秋野暢子 松金よね子 / 井上順
監督:吉田恵輔
脚本:吉田恵輔 仁志原 了
音楽:神村周平
『ばしゃ馬さんとビッグマウス』
2013年11月2日(土)全国公開
(C)2013「ばしゃ馬さんとビッグマウス」製作委員会
→『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の記事を探す