MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

映画『凶悪』モントリオール世界映画祭、正式出品決定!

山田孝之×ピエール瀧×リリー・フランキーの個性溢れる最高のキャストでおくる映画『凶悪』が、モントリオール世界映画祭のフォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に正式出品されることが決定しました。白石和彌監督は、長編映画2作目にしてモントリオール世界映画祭へ初出品となります。

kyouaku4.jpg


白石監督のコメント:モントリオール世界映画祭に招待されたことをとても嬉しく思います。日本で実在した事件を元としたこの映画が、海外でどうリアリティを持って見てくれるのか、とても興味があります。スクリーンの中で役者の皆さんがより一層躍動してくれることを期待しています。
●三池監督が大絶賛!『凶悪』特別試写会レポート!!
7月17日、三池監督がプレゼンターを務める【三池崇史監督 presents大人だけの空間】にて、9月21日より全国公開の『凶悪』のトークショー付プレミア試写会が実施された。台本がなくお酒を飲みながらのトークショーが名物の本試写会は、ビルボード東京の会場で観客一体となって進行。
三池監督からは「監督として嫉妬した!」と映画『凶悪』の話を時間の許す限りたっぷりと語っていただき、今年観るべき映画の1本として<大絶賛>いただきました。

kyouaku8.jpg

日程:7月17日(水)
場所:ビルボードライブ東京
登壇者:三池崇史監督、山田孝之、白石和彌監督
三池崇史監督コメント:凄く面白かったのでこの作品は紹介しないといけないと思い、今回実施となりました。今日は、映画に対する考え方が変わる日になると思います。人間の本質を見るという意味で怖い映画。観たくないけど、なぜかものすごく引き込まれる。映画をみたあと、初めて原作本を買いました。リアルな演出で人間のなせる技とは思えない。こんな演技ができる山田孝之を尊敬した。
監督としては白石監督に嫉妬した。この山田孝之の表情は僕は撮ったことがない。リリー・フランキー&ピエール瀧は、絶対こんな奴だなと思うほどリアルで、みんなびっくりしますよ。
『凶悪』は原作とは違って映画にしか見えないその人の性格が描かれている。全国で『凶悪』が公開されることは、「映画界の事件」です。ノーベル賞をあげたほうがいい。今年の夏はとりあえず『風立ちぬ』、『パシフィック・リム』、『凶悪』を見れば、だいたい世界の映画事情と人間とは何なのかがわかる。
ぜひセットで見てほしい。映画でこういうことが表現できるんだということを感じて
ほしい。
山田孝之コメント:いつもどんな役でも役作りの作業は同じですが、今回の撮影期間は約3週間と短いものでしたので、台本を最初から最後まで読み、感情の段階を作って今まで以上に細かな作業をしました。
リリーさんとの共演には衝撃を受けました。どう受け止められるか分からない、役者ではなかなかできない芝居をリリーさんは堂々と演じられるんです。瀧さんは、真剣に演技をされていても、ふとした瞬間の表情が、冗談かと思ってしまうんです。ふざけてるの?って思うほどに(笑)。
ただ、この感じは、藤井と瀧さん演じる須藤との関係として、後藤が言ってることは真実なのか?と常に探りあっている感覚を演じるのに活かすことができました。『凶悪』は、今の社会に対する問題が色々出てきます。エンターテインメントとして観た後に、さらに一歩引いて日本の問題点を感じてもらえればと思います。
白石和彌監督コメント:事件自体はニュースになった時に知っていました。ギラギラ汗をかいて、体液を出す、匂いを感じられる映画を作りたかったんです。その時『凶悪』の話があって、すごい話だしどこまでできるか分からないけどチャレンジしてみようと思いました。
原作はある意味、物語が事実なゆえに出来すぎているというか完璧すぎる。凶悪な人間でも、家庭的な面は持っていて、その人間のグレーな部分が描きたいと思いました。本当の事件が題材なので必然的に社会派となっただけでエンタテインメントを作ろうと思ってこうなりました。
今日が一般のお客さんに観てもらうのが初めて。ワールドプレミアです。瀧さんが映画が完成した時、「この映画を見るとすべての欲がなくなる」と言っていましたが、観た後は食欲がなくなると思うので、先にご飯を食べて最後まで楽しんで観てください。

kyouaku5.jpg

映画『凶悪』、モントリオール世界映画祭への正式出品が決定!!
すべては、ある死刑囚の告白から始まった。
張り詰めた緊張感が支配する比類なき極限のドラマが幕を開ける。
死刑囚の告発をもとに、雑誌ジャーナリストが未解決の殺人事件を暴き、真犯人逮捕への道筋をつけた異例の事件を活写し、日本を驚愕させたベストセラー・ノンフィクション新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』が個性溢れるキャストを迎え映画化。人間の深い心の闇へ切り込んだ究極のドラマとして完成!
死刑判決を受けながら自らの余罪を告発する須藤(ピエール)が、雑誌記者の 藤井(山田)へ“先生”と呼ばれる全ての事件の首謀者・木村(リリー)の存在を伝えることから物語が始まる。
人間はどこまで凶悪になれるのか?
誰もが凶悪となりうるのか?人間の持つ正義とは?
日本を震撼させた殺人事件の真相とともに、観るものの心を衝く極限のドラマが幕を開ける!!
出演:山田孝之 ピエール瀧 池脇千鶴 リリー・フランキー
原作:新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)
監督:白石和彌
脚本:高橋泉、白石和彌
企画協力:新潮社
配給・宣伝:日活
『凶悪』
9月21日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
(C)2013「凶悪」製作委員会
→『凶悪』の記事を探す