MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

すべては、ある死刑囚の告白から始まった……『凶悪』

山田孝之×ピエール瀧×リリー・フランキーの個性溢れるキャストのコラボレーションで贈る映画『凶悪』が、9月21日より全国公開されます。
すべては、ある死刑囚の告白から始まった……。
張り詰めた緊張感が支配する、比類なき極限のドラマが幕を開ける。

kyouaku4.jpg


死刑囚の告発をもとに、雑誌ジャーナリストが未解決の殺人事件を暴き、真犯人逮捕への道筋をつけた異例の事件を活写し、日本を驚愕させたベストセラー・ノンフィクション新潮45 編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』が個性溢れるキャストを迎え映画化!
人間誰もが内に秘める、深い心の闇へ切り込んだ究極のドラマとして完成した。
主人公は、東京拘置所でヤクザの死刑囚・須藤と面会し、取材を開始する雑誌ジャーナリスト藤井(山田孝之)。その藤井と対峙するのは、死刑判決を受けながら自らの余罪を告発する須藤(ピエール瀧)。須藤が“先生”と呼ぶ全ての事件の首謀者・木村(リリー・フランキー)の存在を藤井に伝えることから物語がはじまる。

kyouaku5.jpg

この重量級の人間ドラマを手かげたのは、故 若松孝二の愛弟子・白石和彌監督。張り詰めた緊張感が支配する映画『凶悪』は、白か黒かで割り切れない人間の複雑さを描き、手に汗握る観客の良識に激しくゆさぶりをかける。
個性溢れるキャストのコラボレーションが、センセーショナルな題材でどのような化学変化を起こすのか。日本を震撼させた殺人事件の真相とともに、観るものの心を衝く極限のドラマが幕を開ける!!

kyouaku6.jpg

「自分は死刑判決を受けた事件の他に、誰にも話していない3つの殺人に関わっています。そのすべての首謀者は、自分が“先生”と呼んでいた男です。そいつが娑婆でのうのうと生きているのが許せない。この話を記事にしてもらい、先生を追いつめたい。」
獄中からの告白。“先生”と呼ばれた男。死の錬金術師。史上最悪の凶悪事件、その真相とは。

kyouaku7.jpg

人間はどこまで凶悪になれるのか?
誰もが凶悪となりうるのか?
人間が持つ正義とは?
出演:山田孝之、ピエール瀧、池脇千鶴、リリー・フランキー
原作:新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)
監督:白石和彌
脚本:高橋泉、白石和彌
企画協力:新潮社
配給・宣伝:日活
(C)2013「凶悪」製作委員会
『凶悪』
9月21日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
→『凶悪』の記事を探す