MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

レナード・ニモイやトム・クルーズも来場『スター・トレック』LAプレミア

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』前売座席予約が前作比200%増で社会現象化!
熱気最高潮で16日より全米公開!
トム・クルーズも来場、LAプレミア開催!

startrek-into6.jpg


鬼才J.J.エイブラムス監督の手により全く新しく生まれ変わった、全世界待望のSFアクション超大作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のLAプレミアが、全米の公開に先立ち、現地時間5月14日(火)にアカデミー賞会場でもある、ドルビーシアターで華やかに開催された。
会場には、J.J.エイブラムス監督、主演キャプテン・カーク役のクリス・パイン、大人気スポック役ザッカリー・クイント、その彼の恋人で美しき通信士ウフーラ役ゾーイ・サルダナ、マッコイ役カール・アーバン、スールー役ジョン・チョウ、初登場のキャロル役アリス・イヴ、キャプテン・カークの良き理解者パイク提督役のブルース・グリーンウッドなど出演者が 続々と登場。
旧スポック役のレナード・ニモイが登場すると、全米から駆けつけたファンたちで会場の熱気は最高潮に。ファンからの山のようなサインや写真責めに、出演者たちはにこやかに応えた。

startrek-into7.jpg

さらに大人気シリーズの最新作をいち早く鑑賞しようと、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)で J.J.エイブラムス監督とタッグを組んだトム・クルーズを始め、ケイト・ベッキンセールなど、多くのハリウッド・セレブや映画業界関係者が詰め掛けた。
公開前日までの全米での前売座席予約数は前作比の200%増で既に社会現象化しており、 現地時間16日(木)からの公開では本年度の1、2位となる超大ヒットが期待される。
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』は、今月9日(木)から全世界7ヵ国で先行公開され、各国No.1となった他、驚異的な興行成績を記録する素晴らしいスタートを飾っている。公開された7ヵ国は、各国とも最大300%となる成績をあげ、累計3100万ドルを記録。これは前作対比で170%となる。インターナショナルの成績だけで3億ドル突破が見込まれ、ワールドワイドでは前作3億8500万ドルに対し、6億ドル以上が見込まれるサマー・ムービーの大本命。

startrek-into5.jpg

●ストーリー
平和を謳歌する地球に、突如訪れた史上最大の危機。それはエンタープライズ号の内部に潜んでいた静かなる悪のもたらしたものだった。
壮大な宇宙を舞台に繰り広げられる生死を賭けた闘い。仲間との絆は引き裂かれ、愛は試される。世界と引き換えにカークが、エンタープライズ号のクルーが、払わなければならない「犠牲」とは?
監督:J.J.エイブラムス
脚本:デイモン・リンデロフ(『プロメテウス』(2012))、アレックス・カーツマン(『スター・トレック』(2009))、ロベルト・オーチー(『スター・トレック』(2009))
製作:J.J.エイブラムス、ブライアン・バーク(共にバッド・ロボット・プロダクションズ)、デイモン・リンデロフ、アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー
出演:クリス・パイン、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・チョウ、サイモン・ペッグ、カール・アーバン、ピーター・ウェラー
配給&宣伝:パラマウント ピクチャーズジャパン
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』
8月23日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか、全国超拡大ロードショー!
(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
→『スター・トレック』の記事を探す