MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

日本の運命を決定づけた知られざる物語『終戦のエンペラー』

なぜ、開戦直前に首相が交代したのか?
パールハーバー直前の御前会議で語られたこととは?
戦争を始めたのは本当は誰なのか、終わらせたのは誰か?
玉音放送前夜のクーデターとは?
その放送に込められた天皇の想いは?
連合国側の本音と、マッカーサーの真の狙いは?
マッカーサーと天皇が並ぶ写真が写された理由とは?
そして、崩壊した日本の新たなる礎は、いかにして築かれたのか―?
『終戦のエンペラー』
日本の運命を決定づけた知られざる物語が今、始まる。

syusennoemperror1.jpg


1945年8月、日本が連合国に降伏し、第二次世界大戦は終結した。まもなく、マッカーサー元帥率いるGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が上陸。日本は米軍の占領統治を経たのち、再び息を吹き返した。誰もが知っている、歴史の1ページである。
だが、そこには、1ページではとても語り尽くせない、驚きの物語が秘められていた。すべては、マッカーサーが部下のボナー・フェラーズ准将に命じた、ある極秘指令から始まった。この戦争の真の意味での責任者を探せ―。
それは日本文化を愛するフェラーズにさえ、危険で困難な任務だった。やがて、連合国、マッカーサー、フェラーズ、そして日本の元要人たちの思惑が激しく交錯するなか、謎がひとつひとつ解き明かされていく―。

syusennoemperror2.jpg

出演:マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、西田敏行、羽田昌義、火野正平、中村雅俊、夏八木勲、桃井かおり、伊武雅刀、片岡孝太郎
プロデューサー:奈良橋陽子、ゲイリー・フォスター、野村祐人、ラス・クラスノフ
監督:ピーター・ウェーバー
原作:岡本嗣郎「陛下をお救いなさいまし」(集英社)
配給:松竹

syusennoemperror3.jpg

『終戦のエンペラー』
7月27日(土)全国ロードショー
(C)Fellers Film LLC 2012 ALL RIGHTS RESERVED
→『終戦のエンペラー』の記事を探す