MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』宮野真守ほかメインキャストからメッセージ到着!

お待たせしました!
『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』アフレコ現場より、キャストの皆様からメッセージが届きました!
ファンの皆さんへメッセージや、劇場版を観るうえでの心構え、各キャラクターの見所等々を伺ってきました。

steinsgate-mv7.jpg


Q1:“劇場版”のハナシを聞いたときの率直な感想
宮野真守さん:『シュタインズ・ゲート』は、スタッフ、キャスト、皆で、心から楽しんで作ってきた作品です。なので、“劇場版”の話を聞いたときは、皆とまた一緒に過ごせる事、そして、オカリンをまた演じられる事が本当に本当にうれしかったです。これも、たくさんの方々がこの作品を好きになってくれて、応援してくれた結果なんだなと思うと、正しく “シュタインズ・ゲートの選択“だなと思いました。
今井麻美さん:最初は噂で聞いていただけなのですが……TVアニメの放送を見ていたら、“劇場版”の発表があって、内容も何も聞かされてなかったのでビックリしました。常に新しい事にチャレンジしている作品だなと思っていましたが、“劇場版”の告知の仕方もやっぱり新しくて!! 攻めの姿勢を崩さない『シュタインズ・ゲート』に感動しました!!
田村ゆかりさん:ゲームもTVシリーズもシナリオが凄くしっかりしていて面白かったので、今回また鈴羽を演じられるのがとても嬉しかったです。
小林ゆうさん:ゲーム、テレビアニメ、そして劇場版へと繋がっていったことが大変感激でしたし、この作品を応援してくださったファンの皆様のお力あってのことだと思います。「アリガトウございます」という気持ちでいっぱいです。また、この共演者の皆様とアフレコさせていただけることを凄く楽しみにしていました。
桃井はるこさん:映画館の大スクリーンでじっくり『シュタインズ・ゲート』を観ていただけるのは、やっぱり特別なことだと思いますので、すごく嬉しかったです。私もファンの皆さんから「どんなストーリーになるのか知っていますか?」など質問をお受けしたりして、すごく期待されている作品なんだなって改めて思いました。私自身も今日のアフレコを楽しみにしていました。
後藤沙緒里さん:お買い物中にマネージャーさんから「劇場版が決まりました」とメールで報告を受けて、あまりの衝撃に変な声を出してしまいました。(笑) とても驚きました。でも、本当に本当に嬉しかったです。ファンの皆さまの応援があったからこそだなと思いました。

steinsgate-mv1.jpg

Q2:久々にラボメンが揃っての収録はいかがでしたか?
宮野さん:まず、台本をもらった時点でゾクゾクっときました! まだこんなネタがあるんだと、衝撃的でしたし、ここまで見越して、今までのシリーズが作られていたのか!と思い、本当にビックリしました。当日は、ラボメンみんなで心から楽しんで収録しました。皆で食べに行ったお昼のパスタもおいしかったです。(笑)
田村さん:今回の収録はものすごいボリュームだったので、そういう作品をみんなで収録できてチーム感を感じました。そういう一体感のようなものが見ている皆さんに伝わったらと思います。
小林さん:あの岡部さん節を聞いた瞬間、『シュタインズ・ゲート』の世界に返ってきたことを実感いたしまして、とても嬉しくなりました。
桃井さん:ドラマCDなど収録をする機会もあったので、そんなに久しぶりな感じはしませんでした。ドラマCDはギャグテイストな部分が多いのですが、今日は劇場版という本気モードの長編を1日で収録するという濃密な時間を過ごして、後半は感情移入し、ストーリーに泣きそうになりました。特に最後のクライマックスシーンは、迫力ある映画館のスクリーンと音響で観たらどうなっちゃうんだろう…。公開が楽しみになりました。フェイリスが出てないシーンは一ファンとして、『シュタインズ・ゲート』の世界に浸って楽しんでしまいました。
後藤さん:相変わらず、ラボメンの皆さんはチームワークが抜群で、とても仲良し。収録中も笑顔が絶えませんでした。物語の中でも、ラボメンの中に萌郁が『仲間として』いられたことが嬉しくて、とても感慨深かったです。皆さんと一緒に演じられて良かったなとしみじみ感じました。

steinsgate-mv5.jpg

Q3:ファンの皆様にメッセージ
宮野さん:劇場版の製作が発表になったとき、僕たちもとても嬉しかったし、何よりもファンの皆さんが本当に喜んでくれて、こんなに期待されている作品なんだということを改めて感じました。その期待を思いっきり飛び越える作品に仕上がっていると思います。一人ひとりのキャラクターの設定の奥深くまで描かれていますし、それと共に科学の部分もぬかりなく、もの凄く計算されていて、ファンタジーではあるけれども、もしかしたらそんなことがあるかもしれないと思わせる設定の細やかさは、もう完璧です!満を持してお届けできる最高の劇場版を、是非、楽しみに待っていてください!
今井さん:『シュタインズ・ゲート』は二面性が強くある作品だと思います。1つ目は、一生懸命生きる若者たちの物語。一方で2つ目は、若者らしいバカ騒ぎ感がある作品。この二面性が凄く面白い作品です。今回はさらに、彼らの人間性を掘り下げたテーマを描いている作品になっていると思うので、ゲーム、TVアニメ、Blu-ray・DVD特典の未放送エピソード全てを見て頂くと、より劇場版を楽しんでいただけると思います。ラボメンたちの成長記録を、ぜひ劇場で見とどけて欲しいです。
田村さん:本当にすごく感動しますし、とてもよくできたストーリーになっていますので何度も見ていただけたら嬉しいなと思います。
小林さん:ファンの皆様が応援してくださったおかげで劇場版になって、大きなスクリーンで『シュタインズ・ゲート』を観て頂ける機会に恵まれて、本当に嬉しく思っています。あと、今回は岡部さんがいつも言っているセリフ「ん~~、るーかーこ~」(岡部の真似をして)を、ある方に言って頂けたのが個人的には嬉しかったです。是非、劇場に足を運んでいただいて、物語にどっぷりと浸って頂きつつ感情を揺さぶられて頂きたいなと思います。どうか宜しくお願いいたします。
桃井さん:『シュタインズ・ゲート』をゲームやアニメで楽しんでくださって応援してくださっていた方も、この作品との出会いが劇場版だという方にも楽しんでいただける内容になっていると思いますので、是非とも、あまりこの作品を知らない方とも一緒に劇場に観にきてもらえればなと思います。そして、意外とデートムービーとしても楽しめると思うので、カップルで観にいくのもいいのかなと思いました。是非たくさんの方に映画館で観て頂きたいです。フェイリスのニャンニャン語もお楽しみに!
後藤さん:2年ぶりの新作ということで、ファンの皆さんはずっと待っていてくれたんじゃないかな‥と思います。 皆さんにお届けできることがとても嬉しいです。絶対に楽しんで頂ける、素敵な作品です。ぜひ、ハンカチとティッシュもお忘れなく♪よろしくお願いします。

steinsgate-mv6.jpg

≪番外編≫収録の合間に盛り上がった話題などありましたか?
田村さん:差し入れをたくさん頂いて、とっても美味しかったのですが、思った以上に固いお菓子が多くて・・・どれが一番固いのかっていう話をみんなでしていました。そんな他愛もない話で盛り上がりました。
※固いお菓子 = 魔人クッキー ショップMAJINにて発売中!
http://kadokawa-pictures-studio.com/shop/
steinsgate-mv8.jpg●『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』公開記念 超豪華! 応援画集&ドクペ付き前売り券の発売が決定!
応援画集には、劇場版で総監督をつとめる佐藤卓哉・浜崎博嗣や監督の若林漢二、キャラクターデザイン・総作画監督の坂井久太ら、アニメ制作スタッフ14名に加え、劇場版のコミカライズを手がける九我山レキをはじめとした漫画家11名もイラストを寄稿! 全32Pの豪華仕様となっている!
知的炭酸飲料としてシュタゲファンにはおなじみのドクペもついたこの限定セットを手に入れて、4月20日の公開に備えよう!
価格:2,100円(税込)
販売:アニメイト、ゲーマーズ、各オンラインショップ、書泉ブックマート・ブックタワー、ムービック通販
予約開始日:2月22日(金)
発売日:3月21日(木)
仕様:前売り券1枚+応援画集(B5サイズ・32P予定)+ドクターペッパー(500ml)
(C)2013 5pb./Nitroplus STEINS;GATE MOVIE PROJECT
『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』
4月20日(土)角川シネマ新宿、シネマサンシャイン池袋ほか 全国ロードショー
→『STEINS;GATE』の記事を探す
→アニメニュースはこちら