MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

人とロボットの奇跡のラブストーリー『ハル』アフレコ収録レポート

近未来の京都で生まれた、人とロボットの奇跡のラブストーリー
劇場中編アニメーション『ハル』
制作快調! 『ハル』アフレコ収録レポート

hal1.jpg

監督:牧原亮太郎×脚本:木皿泉×キャラクター原案:咲坂伊緒の異色タッグで注目される2013年6月8日(土)の劇場中編アニメーション『ハル』。WIT STUDIO初の劇場作品である本作は、先日、メインキャストに細谷佳正さん、日笠陽子さんが決定したことでも話題となりました。
事故で最愛のハルを失ったくるみとハルのかわりとなるロボハル。
ロボットと人が心通わす奇跡を描いた、号泣必至の近未来ラブストーリーです!
この度、『ハル』のアフレコ収録が都内スタジオ行われ、ハル役の細谷佳正さん、くるみ役の日笠陽子さんが参加しました。当日は、牧原亮太郎監督はじめ、キャラクター原案の咲坂伊緒先生も見守られる中、順調に収録を終えました。
細谷佳正さん、日笠陽子さんには収録後、コメントをいただきました。

hal5.jpg

・ハル役・細谷佳正さんコメント
プレアフレコからの参加だったのですが、無事に収録が終わってホッとしました。
最終ロールに入るまでは、悩んだり迷ったりとあったのですが、録り終わりから変にハイテンションになり、自分でも面白かったです。
そのまま飲みだ!と思ったのですが、時間的に難しく、仕方が無いので自宅で一人酒。
沢山の方にご覧いただけますように…。乾杯~♪
・くるみ役・日笠陽子さんコメント
映像の美しさはもちろんのこと、温かさの中に垣間見える人間というものの弱さや脆さ、そして愛することの儚さが描かれていて、お芝居をしていて涙を堪えきれなくなりました。
そういうものを持った人達が繋がってこの作品が作られました。
たくさんの人に見て頂き、何かを感じてもらえればと思います。

●ストーリー
「くるみに、生きていることを思い出させるために、ボクは人間になった」
ハルとくるみの幸せな日常。 いつまでも続くと思っていた日々は、飛行機事故で突如終わりをつげた。
けんか別れのまま、最愛のハルを失い、生きる力も失ってしまったくるみ。 彼女の笑顔をとりもどすため、ヒト型ロボットのQ01キューイチは、ハルそっくりのロボハルとしてくるみと暮らすことに。 ロボハルの頼りは、かつてくるみが願い事を書いた、ルービックキューブ。
色がそろうごとに溢れてくる、くるみの想いに応えるため、ロボハルが奮闘するも、くるみはかたくなに心を閉ざしたまま。ロボハルを作った荒波博士、そして京の街のひとたちに助けを借りながらも、ロボハルは、人について、そしてくるみについて知っていく。少しずつ打ち解けるロボハルとくるみだったが・・・。
CAST:細谷佳正 日笠陽子
監督:牧原亮太郎
脚本:木皿泉 キャラクター原案:咲坂伊緒
アニメーションキャラクター・総作画監督:北田勝彦
小物設定・作画監督:長谷川ひとみ
作画監督:加藤寛祟・野崎あつこ・山本祐子
美術監督:竹田悠介
美術設定:塩澤良憲
色彩設計:藤田裕子
CGディレクター:西田映美子
撮影監督:田中宏侍
編集:肥田文
音響監督:はたしょう二
音楽:大島ミチル
主題歌:日笠陽子「終わらない詩」(ポニーキャニオン)
制作:WIT STUDIO
製作:ハル製作委員会
Twitter:@halanime
(C)2013 ハル製作委員会
『ハル』
6月8日(土)ロードショー!!
→『ハル』の記事を探す
→アニメニュースはこちら