MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ゴーストライダー2』デーモン閣下がレイザーラモンHG、三瓶、楽しんごに“燃える炎”を注入

“燃える魔界特使”デーモン閣下
ド派手なバイカー引き連れ再燃焼を誓う
レイザーラモンHG、三瓶、楽しんごに“燃える炎”を注入するイベント
地獄の炎に包まれたバイク(ヘルバイク)に乗って、悪魔と戦う伝説のヒーロー“ゴーストライダー”。マーベル・コミックの超人気、燃焼系ダークヒーローが巡るめくアクションを繰り広げる映画『ゴーストライダー2』が遂に2月8日(金)に日本公開されます!
そんな本作を日本で大ヒットさせるとともに、映画のキーワード“燃える”にちなみ、日本を熱く元気にする為、『ゴーストライダー2』“燃える魔界特使”に就任したデーモン閣下が自ら魔界より降臨し、2013 年燃えたいと思っている人に“燃える炎”を注入するイベントを、実施しました。

ghostrider2-14.jpg


“燃える炎”を注入されるべく登場したのは、本作の主人公“燃えるドクロ”のキャラクターにあやかり2013年に再燃焼(再ブレイク)を願う、レイザーラモンHG、三瓶、楽しんご! 2012年を振り返りつつ、2013年の抱負を語って頂いた後、ド派手に装飾されたバイクに股がり、スカルヘルメットを着用したバイカー軍団と共に登場したデーモン閣下により、“燃える炎”を注入されました!
さらにデーモン閣下の号令の元、世界で活躍する日本屈指の「バイクスタントマン」木下真輔さんが、世界中の度肝を抜いた、本作の命知らずなバイクアクションを再現し、会場を大興奮に包みこみました。
●『ゴーストライダー2』公開記念デーモン閣下、“燃える炎”注入イベント
日程:2月4日(月)
会場:ライコランドTokyo Bay 東雲店
出席者:デーモン閣下、レイザーラモンHG、三瓶、楽しんご、木下真輔(バイクスタントマン)
ライコランドTokyo Bay 東雲店にて、先日、映画『ゴーストライダー2』の“燃える魔界特使”に就任したデーモン閣下によって、2013年に再燃焼をしたいという一発屋芸人3人が“燃える炎”を注入されました!
「2013年に再燃焼する」ことを決意したゲストと紹介を受け、昨年末に経済産業省資源エネルギー庁と吉本の一発屋芸人5人組がコラボし生まれたユニット“再生可能ボーイズ”のメンバーである、レイザーラモンHG、楽しんご、三瓶の3人が小走りで登場!
3人全員で 「僕たちは、再生可能ボーイズです!」と自己紹介をしました。
はじめの挨拶と共に、それぞれが一世を風靡したお馴染みのギャグを披露!
レイザーラモンHG(以降→HG) 「全力でやりますよ! 冬、フォー!!」
楽しんご 「お願いします!まじ最高っしょ(東幹久風)。ドドスコスコスコ、ドドスコスコスコ、ドドスコスコスコ、ライダー注入!バ
ンバン、激アツ。。。」
三瓶 「三瓶です。」
お馴染みのギャグを今後も継続的に使っていくのか?と聞かれた3人は
HG「もちろん!やり続けなさい。と諸先輩方から言われていますので。」
3人 「これを越えるものはないですよ。」
三瓶 「越えようと思っても考えても生まれないんですよ。」
HG「だから、今日は、ゴーストライダーから激アツなパワーをもらいたいと思ってやってきたんですよ。」
『ゴーストライダー2』を観ての感想を聞かれた3人は
HG「最高でしたよ! ゴーストライダーのルックスは、ほぼ俺でしたね。長袖長ズボンか半袖半ズボンかぐらいの差ですから。」
楽しんご 「ニコラス・ケイジが好きで、前作も観てるんです! めちゃめちゃLOVE 注入!」
三瓶 「アクションがすごかったです!テンポがとっても良くて、僕の芸風みたいでしたね(笑)」
ここで、『ゴーストライダー2』を応援するチームとして結成された“ゴーストライダーズ”のメンバーが、スカルヘルメットを被り、激しい爆音を響かせながら、ド派手なバイクに跨り登場! 楽しんごは興奮のあまり絶叫!

ghostrider2-15.jpg

そして、“ゴーストライダーズ”を率いる、“燃える魔界特使”であるデーモン閣下も、登場したスカルヘルメット軍団に見守られながら、魔界より降臨しました。
デーモン閣下(以降→閣下) 「デーモンである。ゴーストライダーにあやかって燃えるためにはどうしたら良いかを研究していたら熱くなりすぎて、先日、熱が下がらなくなってしまったよ。だがもう大丈夫だ。」
とインフルエンザからの復活をアピールしていました。
映画について質問された閣下は
閣下 「『ゴーストライダー2』は、冷え込んだ日本にも喝を入れてくれる作品だ!」
閣下にとってのヒーローとは?と聞かれた閣下は
閣下 「自分自身が悪魔だから、いわゆるヒーローという存在のものはいない。」
先日引退した高見盛について聞かれた閣下は
閣下 「一緒にカラオケにも行ったことがあるくらい仲が良い。カラオケで聞いた曲の中で、絶品だったのは、吉幾三さんの“俺ら東京さ行ぐだ”だったよ。生まれ変わるために、土俵の上で気合を注入する姿。ああいった力士はもっともっと出てきてほしい。」
と引退は仕方がないとは言いながらも、残念だったと答えていた。

ghostrider2-9.jpg

・デーモン閣下が再生可能ボーイズに“燃える炎”を注入!!
そしていよいよ、本日のメインイベントである、再生可能ボーイズへの“燃える炎”注入が行われました!
閣下 「それではお前たちが今年、最燃焼できるよう、我が輩がとっておきの“燃える炎”注入してやろう…・いでよ! 木下真輔!! 燃え上がるような技を見せてやれ!」
閣下の呼びかけにより、エクストリームバイクスタント競技者として、世界で活躍している木下真輔がバイクに乗って登場!
前輪や後輪を上げながらの走行や、バイクの上での逆立ちしながら走行。さらには、バイクの上に立ちあがるなど、ゴーストライダーをも驚くような、圧巻のスタントテクニックを披露し、それを間近で見た、再生可能ボーイズは大絶叫!
会場にいる全員がその驚異のテクニックに魅了され、大興奮に包まれました!
再生可能ボーイズの中でも、楽しんごは大興奮のあまりダンスまで踊ってしまい、スタントについての感想を聞かれると
楽しんご 「ひとめぼれしちゃいました!」
と言いながら、木下さんのほっぺにチュー。
HG「木下さんのパフォーマンスが凄すぎて、僕らの存在がかすんじゃいました。。。」
最後に、デーモン閣下により“燃える炎”を注入された再生可能ボーイズが、出来立てホヤホヤの燃焼系ギャグを披露することに! 誰からやるかのグダグダなやり取りがあった後、トップバッターとなった三瓶から新ギャグを披露しました。
三瓶 「三瓶のちょっと面白い話。部活の話…。三瓶です。」
と見たことのあるネタを披露。周囲に突っ込まれた三瓶は
三瓶 「今までにないスピードでやったんですよ!」
と答えていた。
楽しんご 「東幹久の3分クッキング。おネエだけに、かまってかまって! てやんでい! メンズビギン。」
最後のトリとなったHGは、マイクを両手に持ち
HG「バイク、フォー!!」
とお馴染みのギャグかと思いきや、マイクをバイクのスロットルに見立ててのギャグであると必死に説明をしていた。
最後に閣下から締めの一言
閣下 「木下のパフォーマンスは非常に素晴らしかった! でもタイヤの擦り減りが激しいはずだろうから、今日は、会場であるライコランドさんでタイヤを換えて行ってくれたまえ!」
と再生可能ボーイズ以上の笑いを取り、締めくくった。

囲み取材に登場した閣下は、
報道陣から、最近世間を騒がせた、突然坊主になった人についてどう思いますか?と聞かれ
閣下 「特に誰にも相談なしなく坊主にするのは、どうなのかなと思う。やはり人前に出ている仕事なのだから、誰かに相談をするということは大切なこと。」
また、インフルエンザのことを聞かれ
閣下 「治ってから、人前に出たのは今日が初めて。かかった当初は熱が40度を超えていた。人間の身体を借りている身なので、常にウィルスには気をつけているのだが、最近、イベントでの囲み取材が多くて、外でマスクができないときが多かった。もしかするとそれでかかったのかもしれない。」
と閣下なりのジョークを交えながら答えていた。
●『ゴーストライダー2』本編映像

(C)2012 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
『ゴーストライダー2』
2月8日(金) 丸の内ピカデリー他全国ロードショー
→『ゴーストライダー』の記事を探す
→特撮ニュースはこちら