MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ドラゴンボールZ 神と神』に鳥山明参戦!“本物”の『ドラゴンボール』

鳥山明参戦。オールスターキャストで蘇る“本物”の『ドラゴンボール』
最強、始動。今、全人類の願いが叶う――。
『ドラゴンボールZ 神と神』

dragonballz-mv-kami1.jpg


1984年、週刊「少年ジャンプ」での連載スタートから10年以上トップを走り続けた説明不要の伝説的コミック『ドラゴンボール』。魅力的なキャラクターや派手なバトルアクションで一時代を築き上げたその人気は連載終了から17年が経った今でも衰える事を知らず、リアルタイム世代ではないファンも多い。
さらに、海外でも驚異的な人気を誇り、単行本・完全版の売上げは全世界で2億3千万部を超え、世代・世界の壁を軽々と飛び越えて人々を熱狂し続けている。そして2013年、『ドラゴンボール』が“完全オリジナルストーリー”でスクリーンで蘇る!

dragonballz-mv-kami2.jpg

この歴史的プロジェクトに、原作者の鳥山明が“原作・ストーリー・キャラクターデザイン”として名を連ねる。
描かれるのは、全宇宙の運命を賭けた魔人ブウとの壮絶な戦いから数年後の物語。全宇宙のバランスを保つ破壊の神・ビルスが長い眠りから目覚めてしまった!
フリーザを倒したというサイヤ人の噂を聞きつけて、悟空の元へやって来るビルス。久々に現れた強敵を前にワクワクする悟空は、界王の忠告も無視してビルスに戦いを挑むが、その圧倒的なパワーを前に手も足も出ずに敗れてしまう。

dragonballz-mv-kami3.jpg

「地球にはもっと破壊しがいのあるヤツがいるといい…」不気味な言葉を残してビルスはその場を去っていった…果たして悟空たちは破壊の神を止めることができるのか!?
べジータ、悟飯らおなじみのZ戦士たちのバトルが見られるのはもちろん、なつかしの“あの”キャラクターが登場するなど、鳥山ワールド満載のオールスターキャストで描かれる“本物”の『ドラゴンボール』がここに誕生!
2013年春、新たな“ドラゴンボール伝説”幕開けを決して見逃すな!!

dragonballz-mv-kami4.jpg

●スタッフ・キャスト
原作・ストーリー・キャラクターデザイン:鳥山明
脚本:渡辺雄介
監督:細田雅弘
音楽:住友紀人
作画監督:山室直儀
美術監督:加藤浩
色彩設定:堀田哲平
特殊効果:太田直
CGディレクター:宮原直樹
製作担当:藤岡和実

dragonballz-mv-kami5.jpg

キャスト:野沢雅子、山寺宏一、森田成一、佐藤正治、鶴ひろみ、田中真弓、堀川りょう、古川登志夫、古谷徹、緑川光、草尾毅、八奈見乗児
主題歌:「CHA-LA HEAD-CHA-LA」FLOW(キューンミュージック)
(C)バードスタジオ/集英社
(C)「2013 ドラゴンボールZ」製作委員会
『ドラゴンボールZ 神と神』
2013年3月30日(土)全国ロードショー
→『ドラゴンボール』の記事を探す
→アニメニュースはこちら