MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

青春小説の金字塔『横道世之介』豪華キャストで待望の映画化!

涙溢れ、心温まる感動の話題作 豪華キャストにて待望の映画化!
観る者すべての記憶に残る、最高に愛おしい主人公“横道世之介”

yokomichi.jpg


原作は、1980年代を舞台に、上京したての大学一年生・横道世之介の日常と、彼を取り巻く人々を優しい目線から描いた吉田修一の青春感動長編「横道世之介」(毎日新聞社 刊)。
吉田修一著、2010年本屋大賞3位、第23回柴田錬三郎賞受賞の話題作、『横道世之介』の実写映画化が発表され、主人公、横道世之介に高良健吾、ヒロイン与謝野祥子に、吉高由里子、世之介の大学の友達・倉持一平役に池松壮亮、世之介が憧れる年上女性・片瀬千春に伊藤歩、女性に興味を持てない世之介の同級生・加藤雄介に綾野剛と豪華キャストが参加することで期待値が高まっている本作。
脇を固めるのは、朝倉あき、黒川芽以、柄本佑、佐津川愛美と若手から、井浦 新、國村 隼、堀内敬子、きたろう、余 貴美子のベテラン俳優陣と個性的なキャストが集結しました。
一生懸命生きる人々を優しく見つめ、独特のユーモアを生み出す絶妙な演出に定評のある沖田修一監督が、劇団「五反田団」主宰、『生きてるものはいないのか』(石井岳龍監督)の劇作家・小説家の前田司郎と共に脚本を手掛ける。
さらに音楽には、高田漣が参加。日本を代表するフォークシンガー・高田渡の長男であり、マルチ弦楽器奏者として、YMO、細野晴臣、高橋幸宏、斉藤和義、くるり、星野源、等のレコーディングやライヴでも活躍中の彼が奏でるメロディが映画を優しく彩る。期待のコンビネーションで贈る、『横道世之介』にぜひご注目ください!
●ストーリー
横道世之介(よこみちよのすけ)は、長崎の港町生まれ。大学進学のために上京したばかりの18歳。嫌みのない図々しさが人を呼び、人の頼みは断れないお人好し。
描かれるのはそんな世之介とガールフレンドの与謝野祥子をはじめ、まわりの人々の青春時代と彼らのその後。そしてその後、世之介に起こったある出来事から呼び覚まされた、その愛しい日々と優しい記憶の数々・・・。究極の青春感動作!
●スタッフ・キャスト
原作:吉田修一「横道世之介」(毎日新聞社刊)
監督・脚本:沖田修一
脚本:前田司郎
出演:高良健吾 吉高由里子 池松壮亮 伊藤歩 綾野剛 朝倉あき 黒川芽以 柄本佑 佐津川愛美 堀内敬子 大水洋介(ラバーガール) 田中こなつ 江口のりこ 眞島秀和 ムロツヨシ 黒田大輔 渋川清彦 広岡由里子 / 井浦新 國村隼 / きたろう 余 貴美子
制作:日活
配給:ショウゲート
製作:『横道世之介』製作委員会
(C)2013『横道世之介』製作委員会
『横道世之介』
2013年2月23日(土)新宿ピカデリー他、全国ロードショー!
→『横道世之介』の記事を探す