MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『009 RE:CYBORG』石ノ森章太郎 未完の傑作が現代に!予告編解禁!

~かつて世界を数々の危機から救った9人のサイボーグ戦士がいた~
終わらせなければ、始まらない。
『009 RE:CYBORG』最新映像と川井憲次による音楽、宮野真守&小野大輔&斎藤千和を始めとする主要キャラクターの声が続々解禁!

10月27日(土)『009 RE:CYBORG』が全国公開されます。
単行本発行部数1,000万部を超えるSF・サイボーグ漫画の原点『サイボーグ009』。天才・石ノ森章太郎が終わらせることができなかった未完の傑作を『攻殻機動隊 S.A.C.』『東のエデン』の神山健治が、日本最高峰のスタッフと共に、完全オリジナルストーリーのアニメーション映画に挑みます。


YouTube公式チャンネル動画再生数200万、製作発表会見のWEB生中継は全世界23万人が視聴。また製作発表PVを観た、ジョージ・ルーカス監督率いる米国・スカイウォーカーサウンドのスタッフが音響効果に名乗りを上げる等、世界から注目を集める中、まさに作品が完成しようとしています。
今回解禁となった予告編では、サイボーグ009こと島村ジョー(宮野真守)VS サイボーグ002ジェット・リンク(小野大輔)が、空中でのバトルで、お互いの正義を主張しぶつかり合うシーンや、サイボーグ003フランソワーズ(斎藤千和)が、ジョーを信じようと語りかける台詞が初解禁されています。
そして、ゼロゼロナンバーサイボーグの生みの親・ギルモア博士のビジュアルとキャストも解禁された。ギルモア博士を演じるのは、数々のテレビ・映画で重要な役を演じ続けてきた、俳優の勝部演之だ。ギルモア博士が口にした「君は本当に、あの島村ジョーなのか?」という台詞の意味とは……?
人類を終わらせようとする「彼の声」とは?ゼロゼロナンバーサイボーグが立ち向かう、新たな時代の「正義」とは?
●謎が深まる数々の予告編映像!!
・爆破テロを受け、崩壊する上海!
・ジョーを殴るジェロニモの姿!
・「君は、本当にあの島村ジョーなのか?」と疑念の目でジョーに銃を向ける、ギルモア博士!
・爆撃を受ける六本木ヒルズと、うつろな目で「”彼の声”に従って正義をなさなければならない」と語るジョーの姿。
・正義について主張をぶつけ合いながら、空中で戦いを繰り広げるジョーとジェットの姿!
●次々に明らかになる最新アニメーションによって描かれる、各サイボーグの能力
“001の超能力”、“002の超音速飛行”、“003の索敵”、“004の全身兵器”、“005の剛力”、“006の火炎放射”、“007の変身”、“008の深海活動”、そして、“009の加速装置”。
今回の予告編では、人類を滅ぼそうとする“彼の声”に従い、世界中で多発する無差別テロ。六本木ヒルズが爆破される中で主役であるはずの島村ジョーまでが、その声に従って“正義”をなそうとする姿。そんな彼に疑惑の目を向け、彼に銃を向ける生みの親のギルモア博士。殴り掛かるジェロニモ。空中で“正義”についてぶつかり合うジョーとジェットの姿が描かれています。
人類を終わらせようとする「彼の声」とは?
ゼロゼロナンバーサイボーグが立ち向かう、新たな時代の「正義」とは?
●『009 RE:CYBORG』米国・スカイウォーカーサウンド音響制作中!
現在神山監督は、米国・サンフランシスコにある、スカイウォーカー・サウンドで音響制作の最終段階に入っている。 今回、スカイウォーカー・サウンドで作業が行われる事になったのは、昨年行われた製作発表時に公開された映像を観て、スカイウォーカー・サウンドのトム・マイヤーズ氏が「ぜひ参加したいとラブコールを送ってきた事がきっかけだった。
現在、神山監督は日々、音響の作業を行いながら、日本と3D映像の調整を同時進行で進めている。公開まで一ヶ月を切った『009 RE:CYBORG』。製作現場も“加速装置オン”で進行中だ。
●神山建治監督コメント
今僕は、米国・スカイウォーカーサウンドで、音響の最終作業を続けています。
2D映像はすでに完成し、3D立体視映像制作がまさに佳境を迎え、東京のスタッフと回線をつなぎながら、最後の仕上げを行っています。
企画から2年、スタッフと共に映像を作り始めてから1年、ようやく『009 RE:CYBORG』が、目の前にその姿を現そうとしています。2Dのセルアニメーションのルックでありながら、全て3DCGで作られたキャラクターが、スクリーンの向こうに広がる空間で生き生きと動く様に、これまで誰も観た事のない映像ができつつあるという確信が高まりつつあります。
スタッフが作り上げた映像、そして世界最高峰の音響を、ぜひ10月27日(土)、全国の劇場でご覧頂ければ幸いです。
●『009 RE:CYBORG』
世界を救った9人が再び集結するとき、「正義」は終わる
ストーリー:
物語の舞台は、2013年の現在。
ロンドン、モスクワ、ベルリン、ニューヨーク、上海……大都市の超高層ビルが次々と崩壊するという、同時多発爆破事件が発生。いつ、誰の意思で計画されたかもわからない無差別テロは、世界を不安とパニックに陥れていた。
かつて世界が危機に陥るたびに、人々を救った9人のサイボーグ戦士がいた。その役目を終え、各々の故国に帰っていたゼロゼロナンバーサイボーグ達は生みの親であるギルモア博士からの呼びかけによって、再び再結集しようとしていた。
一方、ゼロゼロナンバーサイボーグのリーダーである日本人、009こと島村ジョーは、過去の記憶を消し、東京・六本木でひとり暮らしていた。サイボーグ戦士最後の切り札であるジョーは、ギルモア博士によって30年間、3年に一度、記憶をリセットされ高校3年間を繰り返していたのだ。
全世界同時多発爆破事件の犯人とは?
ヒーロー不在の時代、彼らは、誰がために戦うのか?
彼らが立向かう、新たな時代の「正義」とは?
ジョーの記憶が呼び覚まされた時、ゼロゼロナンバーサイボーグの、新たな戦いが始まる!
●キャスト
宮野真守(009:島村ジョー役)
小野大輔(002:ジェット・リンク役)
斎藤千和(003:フランソワーズ・アルヌール役)
大川透(004:アルベルト・ハインリヒ役)
丹沢晃之(005:ジェロニモ・ジュニア役)
増岡太郎(006:張々湖役)
吉野裕行(007:グレート・ブリテン役)
杉山紀彰(008:ピュンマ役)
玉川砂記子(001:イワン・ウイスキー役)
勝部演之(ギルモア博士役)
●スタッフ
原作:石ノ森章太郎
脚本・監督:神山健治
音楽:川井憲次
キャラクターデザイン:麻生我等
絵コンテ:青木康浩、林祐一郎
アニメーションディレクター:鈴木大介
演出:柿本広大
リードアニメーター:植高正典
美術設定:渡部隆、滝口比呂志
美術監督:竹田悠介
色彩設計:片山由美子
撮影監督:上薗隆浩
サウンドデザイナー:トム・マイヤーズ
ラインディレクター:川端玲奈
制作プロデューサー:松浦裕暁
製作プロデューサー:石川光久
プロデューサー:石井朋彦
上映:2D・3D併用
共同制作:Production I.G/サンジゲン
配給:Production I.G/ティ・ジョイ
(C)2012「009 RE:CYBORG」製作委員会
『009 RE:CYBORG』
10月27日(土) 2D/3D 全国公開

プレミアム バンダイ

→『009 RE:CYBORG』の記事を探す
→アニメニュースはこちら