MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

3部作第1作『ホビット 思いがけない冒険』場面写公開!

米アカデミー賞受賞のフィルムメーカー、ピーター・ジャクソンが、J.R.R.トールキンによる長く愛されてきた名作「ホビットの冒険」を3部作構成で映画化。

hobit1.jpg

この3部作は、ジャクソン率いる製作チームが世界的に大ヒットさせた『ロード・オブ・ザ・リング』3部作に登場する中つ国の、その60年前を舞台に展開する。同3部作の最終章『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』は見事オスカーに輝いた。


本作の主人公はホビット族のビルボ・バギンズ。彼は、スマウグという恐ろしいドラゴンに奪われたエレボールのドワーフ王国を取り戻すための壮大な冒険に思いがけなく加わることになるのだ。
ある日、魔法使いガンダルフから突然誘われたビルボは、伝説的な戦士トーリン・オーケンシールド率いる13人のドワーフたちとともに旅に出る。
彼らの行く手には、ゴブリンやオーク、凶暴なワーグや魔術師たちがうごめく危険な荒野が待ち構えている。

hobit2.jpg

目指すは東にある“はなれ山”の荒れ地。そこへたどり着くにはまず、ゴブリンのトンネルを無事に通過しなければならないのだが、ビルボはそこで、彼の人生を永遠に変えてしまうクリーチャーと出会う。それがゴラムだ。
地下の湖畔でゴラムと二人きりになってしまったビルボは、もともと控えめな性格なのだが、ここで自分にも知恵や勇気があったことを知って驚く。さらに、ゴラムが「いとしいしと」と呼びかけていた指輪を手に入れる。
そのシンプルな金の指輪には意外な、そして役にも立つ力があり、それはビルボがまだ想像すらしていなかった形で中つ国すべての運命に結びついていた。

hobit3.jpg

イアン・マッケランが『ロード・オブ・ザ・リング』3部作と同じくガンダルフを演じ、マーティン・フリーマンが主人公ビルボ・バギンズを、リチャード・アーミティッジがトーリン・オーケンシールドを演じる。
そのほかに同3部作からのキャストは、ガラドリエル役のケイト・ブランシェット、老いたビルボ役のイアン・ホルム、サルマン役のクリストファー・リー、エルロンド役のヒューゴ・ウィービング、フロド役のイライジャ・ウッド、ゴラム役のアンディ・サーキス。
国際色豊かな本3部作のアンサンブル・キャストにはまた、(アルファベット順に)マヌー・ベネット、ジェド・ブロフィー、アダム・ブラウン、ジョン・カレン、マーク・ハドロウ、ピーター・ハンブルトン、バリー・ハンフリーズ、スティーブン・ハンター、ウィリアム・キルシャー、シルベスター・マッコイ、ブレット・マッケンジー、グレアム・マクタビッシュ、ジェイムズ・ネスビット、ディーン・オゴーマン、コナン・スティーブンス、ケン・ストット、エイダン・ターナーなどがいる。

hobit4.jpg

『ホビット 思いがけない冒険』の脚本は、フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン、ギレルモ・デル・トロ、そしてピーター・ジャクソンが手がけ、ジャクソンは、ウォルシュ、キャロリン・カニンガムとともに製作も担当。
アラン・ホーン、ケン・カミンズ、トビー・エメリッヒとキャロリン・ブラックウッドが製作総指揮を、ボウエンとエイリーン・モランが共同製作を務める。
ジャクソン監督のもとで、本3部作は1秒48コマの3Dで撮影されており、“ハイ・フレーム・レート”3D、のほか、通常の3D、IMAX、2Dで公開される。
ニュージーランドのウェリントンにあるストーン・ストリート・スタジオおよび同国各地のロケで撮影がおこなわれている。
クリエイティブ・チームにはジャクソン作品の常連が集結。アンドリュー・レスニーが撮影を、ダン・ヘナが美術を、アラン・リーとジョン・ハウがコンセプチュアル・デザインを、ピーター・キングがヘア&メイクを担当し、音楽を手がけるハワード・ショアは現在テーマ曲に取り組んでいる。
編集はジャベス・オルセン。また、衣装はアン・マスクレイ、リチャード・テイラーとボブ・バックが担当。
テイラーは衣装だけでなく、兵器、甲冑、さらに人工装具のデザインと制作も仕切っており、それらはその分野で各賞に輝くウェタ・ワークショップが現在制作中である。
また、本作の視覚効果を手がけるのは、視覚効果監修のジョー・レッテリ率いるウェタ・デジタル。ポストプロダクションは、ウェリントンのパーク・ロード・ポストプロダクションでおこなわれる。

hobit5.jpg

本3部作は、ニューラインが製作を幹事し、ニューライン・シネマとメトロ・ゴールドウィン・メイヤーピクチャーズが制作。ワーナー・ブラザース映画が全世界劇場配給を、北米以外の一部地域の劇場配給をMGMが担当。
MGMは北米以外の全世界TV放映権契約も取り扱う。
『ホビット 思いがけない冒険』は2012年12月14日より全世界で公開し、日本でも2012年
12月14日公開。
2作目『The Hobbit: TheDesolation of Smaug”』(原題)の公開は、2013年12月13日。
3作目『ホビット ゆきて帰りし物語』の公開は2014年7月18日を予定している。

配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
『ホビット 思いがけない冒険』
12月14日(金)3D/2D同時公開
→『ホビット 思いがけない冒険』の記事を探す