MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

安土城焼失の謎に挑む!『タイムスクープハンター』映画化決定!!

要潤、杏出演で話題のNHK番組
『タイムスクープハンター』映画化決定!!
この度、NHK総合テレビで2008年に放送され大好評を博して以来、2009年ファーストシーズン、2010年セカンドシーズン、2011年サードシーズン、2012年フォースシーズンとファンを増やし続けてきた大人気ドキュメンタリードラマ風歴史教養番組「タイムスクープハンター」が映画化されることが決定しました。
テレビシリーズは、未来に存在するタイムスクープ社から派遣されたジャーナリスト(=タイムスクープハンター)の沢嶋雄一(要潤)が、過去の名もなき庶民の姿を【密着ドキュメント】することで、知られざる歴史や人々の営みをリアルに感じられる内容の番組となっておりますが、今回の劇場版はテレビシリーズの「歴史に学び、感じる精神」はそのままに、タイムトラベル作品としての要素がよりパワーアップし、ストーリーも織田信長の居城・安土城の焼失という誰もが知る大きな歴史の裏側に迫るようなものとしており、これまでにない新しい“SFドキュメンタリー時代劇”の誕生が期待できます。


出演キャストは、主演の要潤、そして、タイムスクープハンターをサポートするタイムナビゲーター、古橋ミナミ役の杏のテレビシリーズから引き続きの出演が決定しております。本作は、9月21日からクランクインし、現在鋭意撮影中です。
●劇場版ストーリー
信長の居城、安土城を舞台にスケールアップしてスクリーンに登場!
タイムワープ技術を駆使し、あらゆる時代の人々の営みを映像で記録する機関、タイムスクープ社。
沢嶋雄一(要潤)は、歴史に埋もれた名もなき人々の姿を後世に残すためにタイムスクープ社から派遣される時空ジャーナリスト、その名もタイムスクープハンターだ。
テレビシリーズでは、パートナーであるタイムナビゲーター、古橋ミナミ(杏)のサポートを受け、教科書に載らない“知られざる歴史”を追いかけてきた沢嶋だが、今回の劇場版の舞台となるのは、織田信長が天下統一の拠点とするも、完成からわずか3年でで謎の焼失を遂げたと言われる幻の名城、安土城。
日本歴史上、いまだ解かれざるミステリーのひとつ、“安土城焼失の謎”に、沢嶋たちが挑む。
2013年、あの『タイムスクープハンター』が、スケールアップしてスクリーンにワープする!
●映画化にあたってのコメント
要 潤(沢嶋雄一役):タイムスクープハンターを映画化するということは、この番組をスタートした時点での一つの夢でもありました。映画化し、テレビシリーズとはまた違ったスケールの作品を創りたいという欲求にスタッフ全員が駆られました。
そして今、名もなき人々を名のある役者陣が演じるというこれまでにない試みに取り組む事が出来ました。5年間の制作期間を経て、我々の夢は叶い、現実となりました。あとは一生懸命創るのみです。完成まで応援してください。
杏(古橋ミナミ役):歴史好きにはたまらない、大好きな『タイムスクープハンター』が劇場版になり、大画面で見られることがとても嬉しいです。そしてその中に参加させていただけることが、大変光栄です。今回は衣装や舞台も一層グレードアップしています。 撮影はこれからですが、今からとても楽しみです! がんばります。
●劇場版タイムスクープハンター 2つのポイント!!
1:視聴者から“斬新な演出”で 圧倒的な支持を得て、すでにシーズン4、さらにはスペシャルまで放送されている、人気コンテンツの映画化!!
2:これまでテレビシリーズでは知られざる歴史をスクープしてきたタイムスクープ社が、劇場版では日本の歴史史上最大のミステリーのひとつと言われる「安土城焼失の謎」に迫る!! 滋賀県全面バックアップのもと、史上初めて、安土城を実際の安土城跡で撮影する!
監督・脚本:中尾浩之(TVシリーズ「タイムスクープハンター」全話)
出演:要潤、杏 他
製作:TSH Film Partners
制作プロダクション:P.I.C.S.
配給:ギャガ
(C)2013 TSH Film Partners
『タイムスクープハンター』
2013年全国ロードショー
→『タイムスクープハンター』の記事を探す