MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

渋谷から六本木まで世界最長のレッドカーペット!!『バイオハザードV:リトリビューション』

世界的人気を誇る日本製ゲーム『バイオハザード』の映画シリーズ第5弾、『バイオハザードV:リトリビューション』が9月14日より日米同時に公開となります。
公開に先がけて、主演のミラ・ジョヴォヴィッチ、ミラの夫で映画『バイオハザード』シリーズ生みの親、ポール・W・S・アンダーソン監督が来日、さらに前作で衝撃的なアンデッド姿を披露した中島美嘉も登場して、世界最速のワールドプレミア試写会が開催されました。
本作では、東京、モスクワ、ニューヨークなど世界中の都市がバーチャル・ステージとして登場します。映画さながらに世界最長のヴァーチャル・レッドカーペットをCGで作成。ワールドプレミアに華を添えました。
さらに日本の芸能界でしぶとく生きる、なかなか死なない芸人がアンデッド芸人となり、ミラ・ジョヴォヴィッチに襲いかかった…!?


日程:9月3日(月)
会場:六本木ヒルズアリーナ
登壇者:ミラ・ジョヴォヴィッチ、中島美嘉、ポール・W・S・アンダーソン監督
アンデッド芸人(ダンディ坂野、小島よしお、鳥居みゆき)
今回のワールドプレミアは映画の舞台にもなっているあの渋谷から六本木ヒルズアリーナまでの全長約3.6kmのバーチャルレッドカーペットの映像がヴィジョンに映し出されると、観客も釘付けになった。
しかし、その渋谷にアンデッドが出現し、どんどん感染が広がっていくと…六本木ヒルズアリーナにもアンデッド芸人のダンディ坂野、小島よしお、鳥居みゆきが出現!
観客やマスコミを威嚇しながら、小島が「まだまだ、死んでなーい!」と叫んだり、鳥居が「ワイルドだぜぇー」、坂野が「ゲッツ!」と叫ぶと会場には爆笑の声が広がった。
本日の主役、ミラ・ジョヴォヴィッチ、中島美嘉、ポール・W・S・監督がレッドカーペットに登場すると、会場では更に大きな歓声が沸き起こった。3人はファンサービスとマスコミの取材に笑顔で答えた。ステージでは、炎のど派手な演出と共にまずはミラと監督が登場。
ミラ「コンニチハ! トウキョウ! 皆に感謝しています。ドウモアリガトウ!」と大きな声で日本語交えて挨拶をし、監督は「ワールドプレミアへようこそ! 日本でつくられたゲームで、日本の影響をたくさん受けた映画です。ふるさとに帰ってきたました!」と感激の気持ちを語った。
そして第一感染者役で本作ではミラとアクションシーンを繰り広げた中島美嘉も登場し「アンデッドをやらせて頂いた中島美嘉です。皆さん、楽しんで行ってください! 映画は時間がとても短く感じられて、全体的にとても面白かったです。」と話した。ミラは中島のことを「こうやって見ると、小鳥のようで、天使のような歌声を持つ人なのに、アクションの声がかかると戦士になるの!」、監督は「とくにかく恐ろしいアンデッドっぷりでした! 美嘉はミラにも負けずに互角に戦っていました。」と、二人で絶賛すると、中島は「そんなに褒められると恥ずかしいのと、嬉しいのと、両方です」と笑顔に。
三人でフォトセッションを終えようとしたその時、アンデッド芸人がしぶとく登場!! 3人に襲いかかるか?!と思いきや、3Dメガネ、ポップコーン、コーラを手渡し歓迎ムードの様子。小島がミラに「I LOVE YOU!」と言うと、ミラは「I LOVE YOU,TOO!」と笑顔で返答し「カワイイ! 水着のアンデッドは初めてよ。すごい!」と感想を話すと、会場は一気に盛り上がった。
最後にミラから「ドウモアリガトウゴザイマス! 日本が大好きです。どうぞ、バイオVを楽しんでください」とファンに向けてメッセージが送られた。
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式HP:http://www.biohazard5.jp
Facebook:http://www.facebook.com/BiomovieJP
Twitter: http://twitter.com/biomovieJP #映画バイオハザードV
『バイオハザードV リトリビューション』
9月14日(金)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー!
→『バイオハザード』の記事を探す