MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『バイオハザード ダムネーション』コミコンで最新映像世界初公開!

サンディエゴ「コミコン2012」でフルCG長編アニメーション
『バイオハザード ダムネーション』最新映像世界初公開!
7月12日(木)~7月15日(日)にサンディエゴで開催されたコミコン・インターナショナル2012で、7月13日(金)に『バイオハザード』シリーズプロデューサー小林裕幸氏と『バイオハザード ディジェネレーション』に続き監督を務めた神谷誠氏が登壇し、10月27日より日本で公開される『バイオハザード ダムネーション』の最新映像が世界初公開されました!


会場は入場開始前からゲーム「バイオハザード6」そして『バイオハザード ダムネーション』の主人公である「レオン・S・ケネディ」のコスプレをする男性ファン、ガスマスクを被る戦闘員といったファンの長蛇の列が出来る盛り上がりよう。
ホールが開場すると瞬く間に500席ある会場は熱いファンや報道陣で埋め尽くされ満席に。
まずは世界初公開のトレーラーを上映。「レオン・S・ケネディ」の新たな活躍とともに、ゲームでも何度か共演しレオンの物語には欠かせない人気女性キャラクター「エイダ・ウォン」の登場が明らかになるとファン達から大歓声。
小林プロデューサーから「ゲームの世界観を共有する映画最新作が完成したので楽しんでください」、そして神谷監督からは「前作よりもパワーアップしてクリーチャーもいっぱい出ています」とのコメントがあるとファンは沸きに沸き、さらに神谷監督から「レオンに地獄巡りをさせ、思い切り苦しめたかった」という本作のコンセプトが伝えられるとファンからはさらに大きな歓声が挙がった。
続いて作品の冒頭7分が上映され、レオンがアメリカ合衆国の命令を無視して舞台となる東欧の小国へと単独潜入するところから、「バイオハザード」シリーズで御馴染みのB.O.W.(有機生体兵器)「リッカー」との戦闘のシーンで映像は終了。
映像が終わった後のQ&Aでは早速ファンから「リッカーを操っている男が出たが、『お手』とか『伏せ』とかさせることはできるのでしょうか?」という面白い質問が飛び出した。今後のストーリーにも関わるため、リッカーの説明をする予定はなかった製作陣から神谷監督が「たぶん能力的には出来るでしょうが、やっていたとしてもオフカメラでやっていることでしょう」と巧みな切り返しで遮らなければいけないほどファンの鋭さに驚く一幕も。
Q&A中にはアメリカやフランス人のファンが日本語で「ドウモ」、「コバヤシサン」、「カミヤサン」、「アリガト」と日本語を駆使し、熱狂的なファン達の中には一人でいくつも質問をしようとして、観客、そして司会から「もう終わり!」と強制終了させられるほど。映像を計8分程しか披露していないにも関わらず、「次回作があるとしたらどのキャラクターを登場させたいか」といった気の早い質問も飛び出し大盛り上がりをみせた。
パネルディスカッションの終了と同時に多くのファンが小林プロデューサーと神谷監督のサインを求めに殺到。
ホールでは次の講演が控えていたので即席サイン会は3分程で終了となってしまったが、ファン達の興奮は冷めやらぬ様子だった。
●ストーリー
レオン最悪の一日。
舞台は東欧へ。東スラブ共和国内では反政府軍による独立運動がおこり、今や戦乱の地と化していた。
その戦場で生物兵器「B.O.W.」が実戦投入された情報を受け、米国大統領直属エージェント、レオン・S・ケネディは単独潜入する。その直後、政府事情により、米国は突如同国からの撤退を決め、レオンにも退去命令が下ったのだが?。「B.O.W.を追う手がかりがここにある以上、俺は残る?。」
銃を手に独り戦場に駆けだすレオンだった…。
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(C)2012カプコン/バイオハザードCG2製作委員会
『バイオハザード ダムネーション』
10月27日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
→『バイオハザード』の記事を探す
→アニメニュースはこちら