MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』コミコン プレミア上映レポート!

サイン会、プレミア上映とも全て完売!
新パワードスーツにアメリカが湧いた!
『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』コミコン プレミア上映レポート!
7月12日~7月15日にサンディエゴで開催されたコミコン・インターナショナル2012にて、14日に『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』プレミア上映を実施しました。
プレミア上映に先立ちHard Rockホテルで行われたサイン会には本作を手がけた荒牧伸志監督、『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズで主人公ジョニー・リコとして知られ、本作では製作総指揮を務めたキャスパー・ヴァン・ディーン、過去シリーズ全ての脚本を手掛け3作目では監督も務めたエド・ニューマイヤーが登壇。
およそ100人の行列ができ、サイン用のポスターは完売となりました。


プレミア上映もチケットは完売。連邦軍の制服を来た人たちなど、ファンの熱気が渦巻くなか、ティーチインを行いました。
なぜCG映画にしたのかに話が及ぶと、エド・ニューマイヤーは「CG映画にすることで実写ではできなかったことを実現し、迫力の艦やバグやパワードスーツを描くためだと思う。」と話し、実写版はパワードスーツではなくバグに予算を割いた裏話も披露。
荒牧監督は「今回は兵士全員にパワードスーツを着せ、惑星に降下するような、原作の世界をちゃんと表現できて良かった」と述べ、パワードスーツ標準装備となった本作の魅力を語りました。
また今後の続編・シリーズ化について荒牧監督から「皆さんがどこまで応援してもらえるかで決まりますが、私はぜひやりたいです 」とアピールすると、キャスパーから「ソニーがシリーズ化して、今回のすばらしいCG映像と我々実写の俳優を組み合わせたらもっとすごくなると思う。いや、絶対作るべきだ! 役者ならいくらでも集めてくるよ! 」と、さらに豪快なアピールが飛び出しました。
最後に今回バグの声を演じたのが日本の俳優・大和田獏さんだとキャスパーに伝えると「バグの声が日本の有名な俳優バクとは知らなかった。それって超クール!!」と彼らしいコメントが返ってきました。
そして日本の『スターシップ・トゥルーパーズ』ファンのためだけに、キャスパー・ヴァン・ディーンから魂のコメントとUS版トレーラーが到着!
トレーラーにはマローダー・マーク?も披露されているので公式サイトをチェックしてください!!
バグ撲滅メーターを満タンにするとFEDERAL NETWORKニュースが見られる
『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』バグ撲滅Twitterキャンペーン 絶賛稼働中!
キャンペーンページ:http://www.ssti.jp/site/
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(C)2012 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc. All rights reserved.
『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』
7月21日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー!
→『スターシップ・トゥルーパーズ』の記事を探す
→アニメニュースはこちら