MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『最強のふたり』フランス映画祭最高賞 観客賞受賞!

あのオバマ大統領も鑑賞を熱望する感動作に再び栄冠が!
『最強のふたり』20th アニバーサリー フランス映画祭 最高賞 観客賞 受賞!
このふたりに、世界が惚れた!
2011年フランス興収No.1&歴代興収No.2を皮切りに、ヨーロッパで空前の大ヒット!
泣いて笑って、生きるパワーをくれる感動の実話!
6月21日(金)より開催されました20thアニバーサリー フランス映画祭におきまして、ギャガ配給作品『最強のふたり』(9月1日より全国ロードショー)がオープニング作品として上映されました。そしてこの度、本作が、数ある出品作の中から、観客が<最も面白い>と評価した作品に贈られる最高賞である観客賞を見事受賞いたしました。


本賞は過去にはミニシアター系大ヒットとなった『オーケストラ!』等が受賞しております。『最強のふたり』上映中は、満席の会場は終始笑いに包まれ、上映終了後はスタンディングオベーションの嵐が起こりました。日本では、第24回東京国際映画祭3冠(最高賞・東京サクラグランプリ、主演男優賞W受賞)に続く快挙となりました。
本作、『最強のふたり』はフランスで2011年興収No.1、フランス映画史上歴代No.2となり、フランス国民3人に1人が観たメガヒット作。ドイツ、オーストリア、韓国などでも大ヒットを記録し、各国でフランス映画史上歴代No.1の興収を樹立しており、快進撃はとどまることを知らず、『英国王のスピーチ』の製作で知られる、ワインスタイン・カンパニーにより、ハリウッドでリメイクされることも決定しています。
さらに、この度の映画祭で来日を果たした、本作のエリック・トレダノ監督、オリヴィエ・ナカシュ監督のインタビューで、あのアメリカのオバマ大統領が本作の鑑賞を熱望しており、ホワイトハウスでの上映会に向けて、今まさに準備が進められているという驚きの事実が明らかになりました。
9月1日の日本公開に向け、早くも期待値が高まっております。
●ストーリー
やがて2人は最強の友となる。人生に起こる最高の奇跡とは。
沸き起こる拍手に温かい涙が溢れる、笑って、元気をくれる感動の実話!
事故で全身麻痺となり車いす生活を送る富豪フィリップは、新しい介護者面接にやってきた場違いな黒人青年ドリスに興味を持つ。不採用通知3つで出る生活保護手当を目的でやってきた来たドリスだが、まさかの採用に。そこから始まった異文化2人のセット生活。
高級住宅地とスラム、ショパンとクール&ザ・ギャング、洗練された会話と下ネタ―。二人の世界は衝突し続けるが、やがて互いを受け入れ、とんでもなくユーモアに富んだ最強の友情が生まれていく。ところが・・・。
人生はこんなにも予想不可能で、こんなにも垣根がなく、こんなにも心が躍り、こんなにも笑えて、こんなにも涙があふれる。
監督・脚本:エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ
出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー(セザール賞 主演男優賞受賞!)
提供:ギャガ、WOWOW、朝日新聞社
宣伝・配給:ギャガ株式会社
(C)2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP
『最強のふたり』
9月1日(土)TOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、新宿武蔵野館他 全国順次公開
→『最強のふたり』の記事を探す