MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

映画『I AM』大ヒット発進! 劇場が熱く盛り上がってます!!

いまや、日本いや世界を席巻する勢いの東方神起を始め、BoA、SUPER JUNIOR、少女時代といったS.M.ENTERTAINMENT所属のアーティストたち。彼らがアジアの歌手として始めて、ニューヨーク『マディソンスクエアガーデン』の舞台に上がった公演を中心にデビュー前の過酷なレッスン風景、いままで誰にも明かせなかった本音インタビューなどファン垂涎の映像が満載のドキュメント映画『I AM.』が6月2日より全国で公開されるやいなや大変なことになっている!
初日の2日には、メイン館の新宿バルト9には9:00という早い上映時間にも関わらず、20代を中心に上は50代、下は小学生といった女性客が長蛇の列を作った。また、少女時代のファンという男性層も一部存在し、非常に幅広い客層まで広がった。


3年ぶりに映画館に足を運んだという観客もおり劇場はまさにコンサート会場の様な盛り上がり。それぞれのアーティスのうちわを持参する観客も多く、禁止されているペンライトを使用し劇場スタッフに止められるなどひと騒動も。
また、お目当てのアーティストの映像が流れると黄色い歓声が飛び、ライブシーンでは映像に合わせて踊る観客も出てきたほど。そして、彼らのデビュー前の努力する姿や本音のインタビューでは、劇場中が感動の涙であふれた。
ぴあ満足度調査でも満足度90.9%という高得点で先週公開作品の中で一位を獲得。映画と観客が一体になった上映で、まさにODSの利点を最大限に生かした興行になった。
初日、2日目で6000万円を超え、平日も主婦などのファンの動員が期待できるため落ちがない興行が予測される。また、華やかなライブ映像だけでなく、いままで見せなかった苦悩する姿が感動を呼び、2回、3回とコアなファンのリピーターや口コミも期待され、更に成績を積み上げていけると考えられる。まさにいま、映画興行界にS.M.旋風が吹き荒れている!!
監督:チェ・ジンソン
提供:CJ Entertainment
配給:CJ Entertainment Japan
協力:CJ E&M Japan(Mnet)
(C)2012 CJ E&M CORPORATION & S.M. ENTERTAINMENT CO.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED
『I AM』
6.2(sat) 全国限定ロードショー!!
→『I AM』の記事を探す