MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

アニメ『タッチ』の二人が学生服で登場! 『サニー 永遠の仲間たち』イベント開催

映画『サニー 永遠の仲間たち』タッチコンビ!三ツ矢雄二&日高のり子が「サニーを観たら、懐かしくなって学生服着ちゃいました!」
高校時代、恋の話はグレーゾーン!!
1986年と2011年を舞台にした映画『サニー 永遠の仲間たち』の公開を記念して1986年を代表するアニメ『タッチ』の声優、三ツ矢雄二さんと日高のり子さんが特別試写会で舞台挨拶を行いました。衝撃の学生服姿で登場した三ツ矢雄二と日高のり子!!
「映画の中の主人公と同じく高校時代を思い出したら懐かしくて……着ちゃいました!」高校時代の思い出話からグレーゾーン!の甘酸っぱいお話まで、会場が懐かしい空気と笑いに包まれました!


Q:映画の感想をお願いします。
日高:私には高校2年になる子供がいます。子供が生まれてからは子供のために生きていこうと決めていましたが、この作品をみて、いつからでも輝ける、自分の人生の主役は自分しかいないということに改めて気づきました。
三ツ矢:自分では感じられなかった、女性同士の絆の強さを感じました。女性はいずれ妻になり、母になり役割が変わっていくということを考えると、絶えず輝いていたいと思うことが大事だと思いました。最後のシーンではウルっときてしまいましたね。
Q:学生時代の想い出を教えてください。
日高:中学時代に手紙を交換していた男の子がいて、高校生になってからも気になっていたんです。でもそれ以上発展しなかったんですよね、発展しなかったからこそ、きれいで今もトキメキを感じられる甘酸っぱい想い出です!
三ツ矢:学生時代を男子校で過ごし、その当時からグレーゾーンだったので甘酸っぱい想い出はなく、ほろ苦い想いばかりです!! 57歳になるので、キュンとする瞬間が少なくなったのも残念。主役のナミが青春時代にキュンとしてほっぺたがぽわっと赤くなるのがとてもうらやましく思いました。自分もいいキュンを見つけていきたい!
Q:映画の見所、PRをお願いします!
日高:青春時代のサニーのメンバーは感情がぶつかり合うことで、女の子同士の友情を深めていくところが、キラキラ輝いています。それは25年の時間をこえて再会したときにも、また同じ気持ちに戻って輝ける。女の子同士の熱い友情に感動する映画です。是非ご覧ください!
三ツ矢:学校という限られた場所の中で、たまたま同じクラスになって、仲良くなって、グループを作っていても、いずれ大人になり別々の道を生きていく。別々の道を生きていても、一番ピュアな部分を忘れずに持っていれば、そのピュアな部分で繋がれるんだな。リユニオンできるんだなと感じさせてくれる作品。たくさんの方にご覧いただきたいです!
●『サニー 永遠の仲間たち』
完璧な夫と高校生の娘に恵まれ、幸せな日々を送っていた主婦のナミ。ある日、母の入院する病院先で、高校時代の友人チュナと再会する。25年前、ソウルの女子校へ転校したてのナミを、姉御肌のチュナが仲間に入れてくれたのだった。
個性豊かな7人の仲良しメンバーは、友情の証としてグループを“サニー”と名付け、ずっと一緒にいようと誓うが、ある事件がきっかけで離ればなれになってしまう。
あれから25年。病に冒され、また仲間に会いたいというチュナのため、ナミは残りのメンバーを探し始める。それはナミにとって、夢を抱き、輝いていた日々を取り戻していく旅でもあった。
2011年、韓国で公開されるや世代を超えて口コミが広がりロングランヒットを記録、740万人を動員した大ヒット作。監督は、前作『過速スキャンダル』(2008)でも興行記録を打ち立てたヒットメーカー、カン・ヒョンチョル。偶然の再会をきっかけにかつての友人を探すことになった主人公が、希望に満ちていた青春の日々を思い返し、皮肉な現実に直面しながらも、友情と輝きを取り戻していくという珠玉の物語を作り上げた。
劇中には、シンディ・ローパーをはじめ、ボニー・M「サニー」、映画『ラ・ブーム』でおなじみの「愛のファンタジー」といった懐かしの70~80年代の大ヒット洋楽やファッションがあふれ、きらびやかな思い出と溶け合ってそれぞれの人生が綴られていく。
夢で満ちあふれていた“1986年”の高校生時代と、当時想像していたものとは異なる“2011年のいま”が並行して描かれ、観る者は彼女たちの人生にぐっと引き込まれていく。
監督・脚本:カン・ヒョンチョル 『過速スキャンダル』
出演:シム・ウンギョン、カン・ソラ、ミン・ヒョリン、ユ・ホジョン、ジン・ヒギョン、コ・スヒ、ホン・ジニ
2011年/韓国/124分/カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD/原題:SUNNY/PG-12
配給:CJ Entertainment Japan
(C)2011 CJ E&M Corporation. All Rights Reserved
『サニー 永遠の仲間たち』
5月19日(土)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
→『サニー 永遠の仲間たち』の記事を探す