MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『裏切りのサーカス』×ポール・スミス 来日パーティ&トークイベント

Paul Smith ×『裏切りのサーカス』
ポール・スミス、成海璃子のスパイファッションに満足!
来日パーティ&トークイベントのご報告
『裏切りのサーカス』の公開を記念してトークイベントを行いました。
本作のクリエイティブサポートに参加している、ファッションデザイナーポール・スミス氏が来日し、マスコミ向け公開記念イベントパーティーを実施しました。
ゲストにゲイリー・オールドマンと同じく、写真好きで知られる人気女優、成海璃子さんを迎えてトークイベントを行いました。映画のイメージに合わせて70年代イギリスのスパイをイメージした鮮やかなスーツで登場した成海さん、しかしそれではスパイに向かないとポール氏が厳しくチェック!?
滅多に聞けない異色な二人のトークセッションは聞き所満載です!


●来日パーティ&トークイベント
日時:2012年4月19日(木) 19:20~
場所:映画「裏切りのサーカス写真展」会場にて(Paul smith丸の内店)
登壇者:登壇者:ポール・スミス氏、成海璃子さん
ポール:みなさん今日はたくさんのアルコールを飲んで帰ってください(笑)。
Q:監督とは映画についてどのように意見を交わしていったのですか?
ポール:会ったらいきなり脚本を渡されてまた来るよってね(笑)。その間に色彩や、ルックス、展開などを考えてもどしたよ。70年代のロンドンは、スパイたちが静かに活動しているクラッシック感のある時代。モノクロで、ザラザラした映像のイメージ。その中に入れた大切な基本の色は赤だった。
Q:映画をご覧になっていかがでしたか?
成海:何度でも見たくなる作品です。すべてのシーンが見逃せない、とにかくゲキ渋な作品です。写真展で映画の現場の裏側を見れるのは貴重ですね。モノクロ写真、とてもカッコいいです。
Q:『裏切りのサーカス』主演ゲイリー・オールドマンについて
ポール:ゲイリーとは衣装については特に話はしなかったけど、眼鏡にはこだわった。悪役のイメージが強いけど、今回はファッショナブルで素晴らしい紳士だった。アカデミー賞にノミネートされて当然さ。彼が23年前に僕の服を着てくれてから、ずっと家族ぐるみで付き合う友人。
成海:ゲイリーさんは今までの役がすごかったので、今回の役はイメージが全然違うと思いました。
Q:成海さんの本日の衣装について、いかがですか?
成海:映画にインスパイアされて着て来ました。ぜひ続編を見たいので、シリーズ化してほしいです。もしスパイに何か私が依頼出来るなら、ポールさんの新作コレクションをスパイしてもらいます(笑)。
ポール:“ポール・スミス”の服で誇らしいよ(笑)。でもスパイなら青い服はダメ! 背景に溶け込むくらい目立たないのがスパイだから。僕の発表前の新作をスパイしてもらうって? うまいこというね!
Q:他の映画出演者について
ポール:映画に出演しているベネディクトは名門出でイギリスでも大人気だよ。続編の話も聞いてるけど、その前にこの作品を2回3回と見てほしいね。
成海:ベネディクト・カンバーバッチは見た目も素敵ですし、作品の役もカッコ良かったです。人間関係が面白くて、何度も見たくなる作品です。ぜひ映画館で見てください。
●ストーリー
スパイ小説の巨匠ジョン・ル・カレ最高傑作!
元MI6諜報員作家が描く、世界を欺くリアル!!
1980年代の東西冷戦下、英国対外諜報組織MI6とソ連KGBは壮絶な情報戦を繰り広げていた。そんな中ある謀略により、英国諜報部“サーカス”を去ることとなった老スパイ<スマイリー>だったが、引退した身の彼のもとに、暗黒の領域に分け入る困難な任務が下された。それは、20年にも渡り潜り込み、既に組織の幹部に居座っていたというサーカス内に潜むソ連のスパイ<モグラ>を捜し出し始末すること。
標的は4人、<ティンカー(鍵師)、テイラー(仕立屋)、ソルジャー(兵士)、プアマン(貧者)>の組織幹部達。過去の記録を遡り、関係者の証言を集め、複数の容疑者を洗いあげていくスマイリー。やがて彼が見いだす意外な裏切者の正体とは?
仕事へのプロフェッショナリズムと、愛憎入り交じるヒューマニズムが交錯する騙し合い。あなたの常識は、間違いなく煙にまかれる。
監督:トーマス・アルフレッドソン『ぼくのエリ 200歳の少女』
原作:ジョン・ル・カレ『テイラー・オブ・パナマ』『ナイロビの蜂』
キャスト:ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、マーク・ストロング、トム・ハーディ、ジョン・ハート、他
配給:ギャガ 2011/イギリス、フランス、ドイツ合作/128分/シネスコ/ドルビー
デジタル、ドルビーSR/カラー/
マーケティング・コーディネイト:カルチャヴィル
特別協力:ポール・スミス
‘Karl Donovan www.karldonovan.co.uk’ All rights reserved. (C)2010 StudioCanal SA.
『裏切りのサーカス』
4月21日(土) TOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
→『裏切りのサーカス』の記事を探す