MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

妻夫木聡×斎藤工×三池崇史監督 映画『愛と誠』トークショーイベント

妻夫木聡×斎藤工×三池崇史監督
映画『愛と誠』:「三池崇史監督presents大人だけの空間」
試写会付トークショーイベント開催
この度、6月16日(土)より公開となる話題の映画『愛と誠』。
この度、三池崇史監督主催にて、妻夫木聡さん、斎藤工さんを迎えての「三池崇史監督presents大人だけの空間」試写会付トークショーを行いました。
●『愛と誠』「三池崇史監督presents大人だけの空間」試写会付トークショーイベント
日時:4月18日(水)19:00~19:45
場所:ビルボードライブ東京
登壇者:三池崇史監督、妻夫木聡、斎藤工


この度、第7回を迎える三池崇史監督presents大人だけの空間に、最新作『愛と誠』で主演を務めます実力派俳優:妻夫木聡さんと共演の斎藤工さんが登壇し、大人の3人は酒を片手に熱いトークを繰り広げました。
撮影時のエピソードや早乙女愛役の武井咲さんについて、また、本作で重要なポイントになっている歌と踊りについてなど広範囲におよぶ内容で、会場のお客さんは時折笑いをこぼしながら聞き入っている様子でした。
トークショーの間は、会場のお客さんもお酒やたばこを自由に楽しめ、文字通り大人だけの大盛り上がりのイベントとなりました。
・トークショー内容
三池監督:皆さんこんばんは、三池崇史です。
第7回三池崇史監督presents大人だけの空間に、ようこそお越しくださいました。
本日は、6/16より公開になります、私の最新作『愛と誠』をご覧いただきます。
なんと本試写会が一般の皆さまへの初お披露目となります!
世界初なので、ワールドプレミアのような感じです!
ということで、本日は『愛と誠』より、素敵なゲストを呼んでいます。
早速登場してもらいましょう。
『愛と誠』より、妻夫木聡さん、斎藤工さんです。どうぞ!
<妻夫木さん、斎藤さん登壇>
三池監督:『愛と誠』で太賀誠演じました妻夫木聡さん、そして岩清水弘演じました斎藤工さんです! 一言ずつお願いします。
妻夫木さん:太賀誠を演じました妻夫木聡です。ここで一曲歌います!という雰囲気の場所ですね(笑)。よろしくお願いいたします。
斎藤さん:石清水弘を演じました斎藤工です。先ほど監督がワールドプレミアとおっしゃっていたので、武井咲ちゃんではなく申し訳ありません(笑)。
三池監督:ここは大人だけの空間なので、未成年は入れないんですよ。
斎藤さん:僕は武井さん一回り歳が違って干支が一緒なんです(笑)。
<トークショー開始>
三池監督:先日、完成披露会見をやりまして…爆笑でね、収集つかなかったんですよ。
妻夫木さん:すみません、反省しました。次の日、インターネットのニュースを見たんですよ。
「妻夫木:ふざけた映画」、「妻夫木、武井:よくわからない」なんて書かれてまして。
三池監督:「武井:台本をちゃんと読まなくていい映画」とかね(笑)。
斎藤くん、石清水は?「君のためなら死ねる」というセリフはどうでした?
斎藤さん:全力で演じて、そのセリフを心から言えました。70年代って下手に撮ろうとするとやけどしそうなのに、それを三池さんが撮ったのはすごいと思いました。
三池監督:学生服はどうだった?武井咲ちゃんとの共演は?
妻夫木さん:咲ちゃんは今のままだからいいけれど、僕は14、5年前のことなんで。
斎藤さん:僕にとっては妻夫木さんの存在が大きかったですね。
妻夫木さん:俺だけ振り切ってるみたいじゃない(笑)。
(ポスターを見ながら)襟の高さにこだわったりしたんですよ!
三池監督:太賀は表面上はそこまで不良ぶる必要はなかったんですが、なんで学生服を着るんだと思われないように、衣装合わせなどで「襟の長さが・・・」など話したりしましたね。
妻夫木さん:伊原剛志さんが着るなら、なんでも大丈夫!と思っていました(笑)。
僕と工くんなら、30歳過ぎてもあきらめがつかないんだな、で済むかなと思って。
斎藤さん:伊原さん、48歳でしょ?
妻夫木さん:労わってあげて! 撮影が明け方までかかることがあって、午前3時すぎには伊原さん小さくなっていましたよ!
三池監督:オレはこの映画で「男はいつでも高校生になれる!」と確信したね。
斎藤さん:咲ちゃんが小道具で置いてあった教科書を見て「今使っているのと同じだ」と言っていたのを聞いて驚愕しました。僕は12年前ですから!“新人類”かと思いました。
僕は石清水が、役者人生でいちばん違和感にない役でしたね(笑)。
三池監督:撮影していて俺もそう思ってた(笑)。
ラストの去っていく石清水が格好良かったよ。斎藤くんの最高の芝居だった!
ちなみに太賀にとって石清水とは?
妻夫木さん:鬱陶しい!今と昔では意味が違うかもしれないけど、石清水は硬派ですよね。
自分のほうに向いてくれない人のために生きられるすごさには心打たれるものがあると思います。
三池監督:そうそう話が戻るんですが、伊原さんが高校生に見えるよう、きちんと映画の中でうまく説明されているんですよ。
妻夫木さん:小学生でも考えつきそうな・・・いや、監督の演出の賜物です!
三池監督:普通、会見ではこういうふうに観てほしいと言うわけですが・・・。
妻夫木さん:ふざけた映画、よくわからないって間違った言い方をしてしまいました。
まれにみる、他に見たことがない映画・・・と言えば良かったですね。
三池監督:マスコミのみなさんからは絶賛と大ひんしゅくの嵐ですよ。
俺は「やってしまったな!」と思ったわけ。
妻夫木さん:国際映画祭でバンバン上映したり・・・
三池監督:昨年、カンヌ国際映画祭に『一命』が出品されたんですが、この作品は無理!でも、いい映画なんです。
斎藤さん:僕はこの映画、今年の上半期No.1ですよ!
妻夫木さん:出来上がった作品を観て、監督の梶原一騎さん(原作者)へのリスペクトを感じました。
三池監督:俺が監督になる前に亡くなっているので会ったことはないけれど、俺は梶原一騎さんの大ファンで影響を受けている。
実はその弟の真樹日佐夫さんとご縁があって、昨年末出来上がった作品をすぐに観てもらおうと思ったら「来年観るよ」と言われたけれど、今年の1月2日に亡くなってしまって・・・。きっと冥土の土産にして、梶原先生といっしょに観てくださっていると思います。
斎藤さん:真樹先生、高校生役で出演されているんですよね!
三池監督:一人異質なリアクションをしているので、わかると思いますよ。
妻夫木さん:そういえば、どうやってこの映画を宣伝すればよいか迷っているんです。今日観終わったら、感想を宣伝部に言ってほしい!
こう言うとまた、「妻夫木:観客頼み」って言われるんだろうな(笑)。
三池監督:最後に、ひと言ずつお願いします。
斎藤さん:これから見るみなさんの感性にお任せして、素直に楽しんでいただきたいです。
70年代の文化はエネルギーがあり、魅力的です。30年間もがいてきた自分を解放できました。
今の人にこそ響く映画だと思います。周りの人に広めていただければと思います。
妻夫木さん:これからはふざけた映画もやっていこうと思います(笑)。
よくわからないと言ってしまうのは、どんなジャンルにも当てはまらない映画だから。
ひとつのジャンルに留めたくないので、自由に観てほしいと思います。
三池監督:非難も含め遠慮なく、映画を観ることを楽しんでください。
●作品情報
梶原一騎・ながやす巧原作による伝説のコミックが、ジャンルのボーダーを軽々と超えて精力的に作品を発表し続ける天才監督、三池崇史 によって完全映画化。炎のように燃え上がる熱い青春の物語を描き切る。
“運命の恋”を彩るのは魂が込められた音楽だ。
世代を超えた名曲をアレンジし蘇らせたのは小林武史。
そして躍動感あふれる振り付けを担当したのはパパイヤ鈴木。
ふいに差し込まれるキャスト達の豪華な歌と踊りが、
ドラマチックな物語をさらに加速していく。
鋭い眼光を放ちながらも心の奥底には優しさを隠し持つ不良・誠役には、妻夫木聡。新たな魅力を炸裂させている。
一方、空回りすらも愛おしくなるヒロイン像を魅せる愛役に、CM、ドラマなどで今最も注目を集める武井咲。
はじめての映画出演とは信じがたいほど、見事なコメディエンヌぶりを発揮している。
岩清水役の斎藤工、静かな迫力を醸し出す女生徒に大野いと、恋するスケバン役の安藤サクラ など、その存在感に注目が集まる若手から、市村正親、余貴美子、伊原剛志 ら実力派のベテラン俳優が揃い踏み。
また圧巻の歌声を披露する一青窈、妻夫木の幼少期を演じる加藤清史郎など、意外なキャストも集結。
日本映画屈指のスタッフとキャストが揃い、心揺さぶるアクションとドラマが融合、ハードな描写のなかにロマンチックが息づく、究極の純愛エンタテイメントが完成した!!
●ストーリー
過去への復讐を胸に東京にやってきた超不良の誠。
東京でも屈指の名家のひとり娘で、正真正銘のお嬢様である愛。
天と地ほどに何もかも違う“美女と野獣”
ともいうべきふたり、だがそこには“運命の恋”があった―。
愛に一方的な思いを寄せ「君のためなら死ねる―!」
とエネルギッシュに叫ぶメガネ優等生・岩清水や、誠に目をつける番長&スケバングループまでもが加わり、全員が純愛へと暴走するカオス状態に。
何があってもへこたれない愛のどこまでも惜しみない愛情は、かたく閉ざされた誠の心の扉を開けることができるのだろうか!?
『愛と誠』
出演
妻夫木聡 武井咲
斎藤工 大野いと 安藤サクラ 前田健 加藤清史郎
一青窈(特別出演)/余貴美子 伊原剛志 市村正親
監督:三池崇史
原作:梶原一騎・ながやす巧「愛と誠」(講談社漫画文庫所載)
脚本:宅間孝行
音楽:小林武史
振付:パパイヤ鈴木
配給:角川映画・東映
(C)2012『愛と誠』製作委員会
『愛と誠』
6月16日(土) 新宿バルト9他全国ロードショー!
→『愛と誠』の記事を探す