MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『宇宙戦艦ヤマト2199 第一章』初日舞台挨拶 芹那がへそだしSEXY衣装でヤマト乗艦!?

宇宙戦艦ヤマト 2199 (1) 『宇宙戦艦ヤマト2199 第一章』初日舞台挨拶
芹那がへそだしSEXY衣装で『宇宙戦艦ヤマト』に乗艦!?
沖田艦長もメロメロ
SDN卒業、新たなステージへ「芹那、発進?」
元祖アニメブームの金字塔『宇宙戦艦ヤマト』(1974年に読売テレビ系列にて放送)テレビシリーズ第1作をベースに、新たなスタッフで制作する完全新作テレビアニメーション『宇宙戦艦ヤマト2199』
その上映初日に監督の出渕裕、沖田十三役の菅生隆之、森雪をイメージしたセクシー衣装の芹那をゲストに迎え、舞台挨拶いたしました。芹那は3月31日にSDN48卒業。新たなステージへ進む自分へ「芹那、発進!!」と沖田艦長役の菅生さんへ応援セリフおねだり、満面の笑みをうかべていました。
日時:2012年4月7日(土) 15:30~
会場:新宿ピカデリー スクリーン3
登壇者:出渕裕(総監督)/菅生隆之(沖田十三 役)/ 芹那


出渕裕監督コメント
今日はありがとうございます。
『宇宙戦艦ヤマト2199』は4年前からやってきた作品です。最初は初日を迎えることができるか不安でしたが、多くのスタッフお尽力で無事に本日の初日を迎えることができました。戦艦大和が沈没したのと同じ4月7日から上映が始まるのも何かの縁かと思います。
38年前のオリジナルのヤマトは、私がこの仕事をするきっかけになった作品でもありますし、今回『宇宙戦艦ヤマト2199』を作りながら、改めてその偉大さを感じました。そして、この『宇宙戦艦ヤマト2199』も38年前のヤマトのファンを裏切ることなく、若い人にも楽しんでもらえるというバランスを持った作品となっています。
ヤマトの旅と同じように、『宇宙戦艦ヤマト2199』の第七章までの旅もまだ始まったばかりです。最後まで高いクオリティの作品をお届けできるように頑張りますので、これからもヤマトをよろしくお願いいたします。
菅生隆之(沖田十三役)コメント
今日はありがとうございます。声優陣もヤマトが公開されるこの日を待ちわびておりました。半年前に沖田役のオファーをいただいてから、周囲からは艦長の役は大変だぞとプレッシャーをかけられたり、「ヤマト、発進!」のセリフを言ってくれと何度も言われたりしました。第2章では、宇宙で戦う迫力のあるシーンが続くので、沖田の「撃てー」というセリフも何度も出てきます。
艦長としては、芹那さんにもぜひ今後ヤマトに乗艦していただきたいですね。
38年前に先輩たちが作り上げたヤマトを、今度は私たちが歴史に残るような作品にしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
芹那(スペシャルゲスト)コメント
芹那です。本日はよろしくお願いします。
今日のために衣装も特別に作ってきました。1日だけではもったいないので、今年のハロウィンはこの衣装で過ごしたいと思います。ヤマトという作品は、名前だけは知っていましたが、実際に観たのは先日が初めてでした。オリジナルは38年前で、私が生まれる前の作品なのに、全く古くなくて「新しい!」って感じました。私と同じくらいの年代の女の子も、とっても楽しめる作品だと思うので、ヤマトのサポーターとして色んな人に魅力を伝えていきたいです。そして、今後は是非私も声優としてヤマトに乗艦したいと思います。
気になるキャラクターは沖田艦長です。どっしりしていて頼りになるし、カッコいいなぁと思います。
気になるセリフは沖田艦長の「バカめ!」です。
私もSDNを卒業して新しい発進という意気込みなので、菅生さんに「芹那、発進!」というセリフを言っていただけて嬉しかったです。(芹那さんのおねだりにより、「バカめ!」も「芹那、発進!」も、沖田艦長の声で菅生さんに言っていただきました)
●囲み取材時、質疑応答
Q:今日の舞台挨拶の感想
芹那さん:(菅生さんに)言っていただきたいセリフを言っていただいて感無量です!!ますますこれからも作品を楽しめると思いました。
監督:芹那発進が凄かった(笑)「バカめ!」は濃いし、普通に「ヤマト発進」で来るのかなと思っていたんですね。ちょっと持っていったなと…うまいなと思いましね(笑)
Q:今日の森雪イメージのセクシー衣装の感想
芹那:結構肌を出しているので、目線とか困られているのではと…。ヤマトギャルはラインが凄く出ていたので、私自身も目のやり場に困りましたね(笑)着心地は気持ちがもうカッコイイ感じになれるので、最高の気持ちになりました。
監督:ご自分で選ばれていると言っていたので、良いセンスしてるなと思いました。これがもしも船の中だけでない話だったら、このデザインもらって森雪が外で私服として使うとかもありだったかなと。
Q:声優に挑戦したいとおっしゃっていましたが、ヤマトを見てみてやりたいなってキャラクターはいましたか??
監督:沖田じゃないよね(笑)?? さすがにそれはないよね??
芹那さん:どうですかね??? 立ち位置的には、この彼女が(スターシャを指さして)
監督:スターシャっすか(笑)!?
芹那:このぐらいの立ち位置であれば嬉しいかなと(笑)
監督:女性の声優さんって子供とか男の子とかありますので。芹那さんの声を聴いていると小さい女の子とかありかなと言う気がします。艦長命令だったら仕方ないよね(笑)「ぜひ来て下さい」ってメロメロになっていたからね。
Q:芹那さん的にどういったキャラだったらできるとかありますか??
芹那さん:そうですね…。今までずっとセクシーなお姉さんグループだったので、セクシーどころは卒業から日にちが経たないうちであれば出来るじゃないかと(笑)
本当にもし声優をさせていただけるなら、この衣装で…(笑)
監督:現場にいる若い子が仕事できなくなってしまうので、仕事終わったらこの衣装を見れるというのがいいね!(笑)。
Q:ファンの方に一言お願いします。
芹那さん:私の世代や本当に私みたいなタイプでも、本当にこれはハマるという作品だったので。叔父様以外の人たちにも、もっともっと楽しんでもらいたいです。ぜひ同じ年代の子たちに見てもらいたいと思います。
監督:今回のヤマトというのは38年前の作品で自分もファンだったので。やはり今、芹那さんが言ったみたいに芹那さんぐらいの世代に見て欲しいし、(旧作)オリジナルを見ているファンの気持ちも裏切ってはいけないし…。そこの按配というが非常に難しかったです。
自分がそれのジャッジメントする立場になって責任は非常に感じています。絵的なクオリティもなかなか良いところまでいったので。26本は旧作のファンにも新しいファンにも認めてもらう受け入れてもらうものを作るように頑張っていますので、よろしくお願いします。
●宇宙戦艦ヤマト2199
4月7日(土)よりイベント上映スタート!
全26話TVシリーズを全七章に分けて上映します。
(第一章は、第1話&2話。第二章~第七章は各章 4話ずつの上映となります。)
スタッフ
原作:西崎義展
総監督:出渕裕
キャラクターデザイン:結城信輝
音楽:宮川彬良
アニメーション制作:XEBEC、AIC他
配給:松竹
キャスト
沖田十三:菅生隆之
古代進:小野大輔
島大介:鈴村健一
森雪:桑島法子 他
『宇宙戦艦ヤマト2199』
4月7日より新宿ピカデリー他、全国10館にて第1章(約50分)上映、大ヒット発進!
(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会
→『宇宙戦艦ヤマト』の記事を探す
→アニメニュースはこちら