MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

第84回アカデミー賞『ドラゴン・タトゥーの女』5部門ノミネート

第84回アカデミー賞
デヴィッド・フィンチャー監督作品
『ドラゴン・タトゥーの女』5部門ノミネート
大抜擢の新人ルーニー・マーラがいきなりの主演女優賞ノミネート!
監督とそろって来日予定!!
第84回アカデミー賞のノミネートが1月24日(現地時間)、アメリカにて発表され、2月10日(金)公開予定の『ドラゴン・タトゥーの女』が、主演女優賞を含む5部門にノミネートされました。
主演のルーニー・マーラはデヴィッド・フィンチャー監督作品『ソーシャル・ネットワーク』で見出され、今回が初主演作となる新人。世界中でベストセラーとなった同名小説の映画化に際しては、誰が主役のダークヒロイン リスベット・サランデルを演じるか撮影前から注目となっており、ほとんど無名に近いルーニー・マーラに決定したときは、世界中を驚かせましたが、今回の初主演作でメリル・ストリープ、グレン・クローズなどの大女優と並んでのノミネートはさらに大きな話題となっています。


ルーニー・マーラは来週フィンチャー監督とそろって来日予定で、31日(火)行われる記者会見ではノミネート発表後、初の喜びの声がきけることでしょう。
なお、アカデミー賞受賞式は2月26日(北米時間)に行われます。
『ドラゴン・タトゥーの女』ノミネートは以下の通り
主演女優賞含む5部門ノミネート
主演女優賞/ルーニー・マーラ
撮影賞/ジェフ・クローネンフェス
編集賞
録音賞
音響編集賞
『ドラゴン・タトゥーの女』
2012年2月10日(金)よりTOHOシネマズ日劇他全国ロードショー
→『ドラゴン・タトゥーの女』を探す
→デヴィッド・フィンチャーの記事を探す
→ダニエル・クレイグの記事を探す