MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

AKB48の1年の軌跡を追った『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』

AKB48第2弾ドキュメンタリー映画 最新ニュース
2012年1月27日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー
『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』
AKB48の1年の軌跡を追った 最新ドキュメンタリー映画の舞台裏が
長さ約80mの巨大ポスターとなって 新宿に登場!
この度、AKB48第2弾となるドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』街頭プロモーションとして、12月26日(月)から2週間に渡り、東京メトロ新宿駅メトロプロムナード内に、本作で描かれる舞台裏の姿を中心に1年間の活動が、長さ約80mに及ぶ巨大ポスターとなって展開することが決定しました。


掲出日程:12月26日(月)から1月8日(日)までの2週間
掲出場所:東京メトロ新宿駅 B1F メトロプロムナード
西口改札と東口改札の連絡絡通路(A9出口とA10出口の間)
実施内容:B0サイズ×10枚×2段×4面 = B0サイズ80枚分のスペース
特大アート+場面写真は32点を使用。 秋元康氏コメント面あり。
●作品概要
少女達を襲う孤独と重圧、喜びと哀しみ、栄光と挫折。スターになったことでAKB48が失ったものとは……
まぶしいスポットライトの裏で、がっくりと肩を落とす少女の背中。6年間、その華奢な体でどれほどの重荷に耐えて来たのだろう……。エースとして、選抜メンバーとして光を浴びながら、襲いかかるプレッシャーと強烈な孤独に向き合う日々。なぜ彼女たちは、身を切られるような風の中、それでも夢に向かっていくのか。傷つくとわかっていても、またそのステージへと上がっていくのか。スターになったことで、少女たちが手に入れたものと、失くしたものとは?
シングルCDではミリオンセラーを連発。コンサートは3日間でのべ9万人を動員。
「じゃんけん大会」などのイベントでさえ、チケットは瞬時にソールドアウト。テレビや雑誌でもAKB48を見ない日はない。だが、表舞台の華やかさだけでは“本当の姿”は語れない。カメラは、AKB48のすべてが変わった激動の2011年に完全密着。
報道されなかった壮絶な舞台裏へも潜入し、その光と影を収めてきた。前作をしのぐ膨大な数の収録テープにつまった1年の軌跡を、焼けるような独占インタビューとともにつむいでいく。
今を生きるアイドルの素顔から、日本の未来が見えてくる
東京、グアム、台湾、シンガポール、そして東北各地へ。分刻みで飛び回るアイドルたちのあらゆる場面、365日に密着! 走り続けることをやめない少女たちの 息づかい、流れる汗とともに、ドキュメンタリーは、今を生きる彼女たちが見てきたもの、感じたこと、捧げた祈り……
それらの内面にまで迫っていく。
2011年3月11日。あの日以来、彼女たちは何を思い、どこへ向かおうとしているのか。アイドルとして、ひとりの人間として、今、自分たちにできること……。大事なものを見失うまいと開かれた瞳にあふれる、涙の意味をカメラは問う。
企画:秋元 康
監督:高橋栄樹
出演:AKB48
配給:東宝映像事業部
前売券:全国上映劇場窓口およびAKB48SHOPのみで絶賛販売中。
入場料金: 大人1,800、大高生1,500円、子供・シニア1,000円
『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』
2012年1月27日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー
(C)2011「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会
→AKB48の記事を探す