MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ハリウッドを発情させる衝撃の問題作!『SHAME-シェイム-』公開&邦題決定

『SHAME-シェイム-』(原題:SHAME)邦題&公開決定のお知らせ
アカデミー賞最有力!ハリウッドを発情させる新鋭監督が放つ、2012年、最も完成度が高く、最も挑発的な話題作。
第68回ヴェネチア国際映画祭 主演男優賞受賞
この度、主演のマイケル・ファスベンダーが本年度ヴェネチア国際映画祭で男優賞を受賞したことでも話題となっております、『SHAME』の邦題が、『SHAME-シェイム-』に決定しました。
また同時に、本作の公開が2012年3月10日より、シネクイント、シネマスクエアとうきゅう他にて全国順次公開と決定しました。


本作は、ハリウッドが注目する新鋭、スティーヴ・マックイーン監督の最新作。
NYを舞台に、セックス依存症の男の性(さが)をリアルに描く物語。その激しいセックス描写により世界各国で最も厳しい上映規制がかかり、日本でも修正を入れなければ<R-18>規定ですら上映が許可されなかった、衝撃の問題作です。
主人公を演じるのは、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』のマイケル・ファスベンダー。セックスに傾倒する男を、ときに激しく、ときに哀しく演じ、世界の映画祭で称賛されています。共演は『17歳の肖像』の鮮烈な演技が記憶に新しい、キャリー・マリガン。主人公と激しく衝突する恋愛中毒の妹役で、鬼気迫る演技を見せております。
世界の映画祭で数々の映画賞を受賞している本作。早くも本年度アカデミー賞の大本命との呼び声が高まっております。
●主な受賞歴
英国インディペンデント映画賞<主演男優賞受賞、作品賞、監督賞、助演女優賞、脚本賞、技術賞[撮影][編集]ノミネート>
ハリウッド映画祭<助演女優賞受賞>
ロンドン映画祭<作品賞、主演男優賞受賞>
インディペンデント・スピリット賞<外国語映画賞ノミネート>
ナショナル・ボード・オブ・レビュー<TOP10選出>
スポットライト賞<受賞(マイケル・ファスベンダー)>
サテライト賞<作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞、脚本賞、編集賞ノミネート>ワシントンDC映画批評家協会賞<主演男優賞、助演女優賞ノミネート>
デトロイト映画批評家協会賞<主演男優賞、助演女優賞ノミネート>
ロサンゼルス映画批評家協会賞<主演男優賞受賞>
ボストン映画批評家協会賞<主演男優賞次点>
ヒューストン批評家賞<主演男優賞、作曲賞ノミネート>
サンディエゴ映画批評家協会賞<助演女優賞ノミネート>
セントルイス映画批評家協会賞<主演男優賞ノミネート>
フェニックス映画批評家協会賞<主演男優賞ノミネート>
トロント映画批評家協会賞<主演男優賞次点>
ラスヴェガス映画批評家協会賞<作品TOP10選出>
FAAAFブラック・リール賞<作品賞、監督賞、脚本賞、作曲賞ノミネート>
アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞<監督賞受賞、作品TOP10選出>
●ストーリー
そこに描かれるのはセックスだけ。
しかし、あなたは彼の<<人生そのもの>>を覗き見ることとなる。
せずにはいれない。しても埋まらない。セックスは時々悲しい。
NYでエリートサラリーマンとして生活するSEX依存症の兄の部屋に転がり込んだ、恋愛依存症にしてリストカット癖のある妹。全く相容れない二人は、共に生活を送ることで一層孤独の影を深め、事態は悪い方向へと転がり始める。そんな折、男のもとに衝撃的な連絡が入る。
彼はなぜ、そんなにもセックスに傾倒していくのか? そこに浮かび上がるのは-。
監督:スティーヴ・マックイーン『Hunger』(未)
出演:マイケル・ファスベンダー『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』
/キャリー・マリガン『17歳の肖像』
(c)2011 New Amsterdam Film Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute
『SHAME-シェイム-』
2012年3月10日シネクイント、シネマスクエアとうきゅう 他 全国順次公開
→『SHAME-シェイム-』を探す