MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『とある飛空士への追憶』完成披露試写会に神木隆之介×新ヒロイン・竹富聖花登壇!

『時をかける少女』『サマーウォーズ』など名作を世に贈り出してきたアニメ・スタジオ、マッドハウスの最新作で、10月1日公開のアニメ映画『とある飛空士への追憶』完成披露試写会が、都内で行われた。俳優の神木隆之介(18)、竹富聖花(16)、監督の宍戸淳、原作者の犬村小六が登壇。
主人公の一等飛空士・シャルルの声を担当した神木は「年上(21歳)の役は初めての挑戦だったので、なるべく声を低く低くと意識した。元々声が高いので。いざ聞くと別人だな~と思いました。自分、こんな声出せたんだ、意外だなって。そういう意味では良かったです」と、新境地開拓に自信をのぞかせた。また、「シャルルは芯の通った強い心を持っている青年なので、その強さを心がけました、と振り返った。
名もなき飛空士と次期皇妃との身分違いの切ない恋を主軸に、たった一機の水上偵察機が敵の圧倒的戦力を突破する様を描いたストーリー。神木は「大きなテーマは究極のラブストーリー。空の美しさや空中戦も見所」とアピールし、「シャルルの気持ちを理解して、声で表現することは難しいと思いながら、どう表現したらいいかを気を付けて撮りました」とアフレコを振り返った。


次期皇妃・ファナ役が声優初挑戦となった竹富は「まさか自分が声優をやることになるなんて・・・嬉しい反面、不安や緊張があった」といい、「ファナが動けば、息づかいのセリフとかが出てくるので難しかったです」と苦戦した様子を振り返った。初挑戦のアフレコは、「一つひとつ教えてもらって、勉強する」作業だったと明かし、「声に強さがある印象があった。意思をしっかり持ってやってるなと思いました」と神木が称賛した。
身分違いの恋愛観について質問されると神木も竹富も「深い経験をしたことがないから…」と苦笑いしながら困惑気味。「でも、客観的に見て、切ない気持ちになった。新しい感情を覚えた感じですね」と語っていた。
日時:9月22日(木)
場所:一ツ橋ホール
登壇者:神木隆之介、竹富聖花、宍戸淳監督、犬村小六(原作)
宍戸監督:数え切れない苦労をかさねて作り上げた作品です。自分にとっては始めて尽くしで、全てのシーン、セクションで苦労しました。シャルルとファナがレヴァームへ旅立ってからの狭いコックピットや限られた空間にどのように遊びを入れるかが苦労したところです。そうやって完成した作品が、本日完成披露の場で皆様にご覧いただけて本当に嬉しいです。犬村さんに、自分の想像していたもの以上に仕上がっていたので、素晴らしいキャスト、スタッフのおかげだと思っています。
神木隆之介:雨の中本作品の完成披露試写会にご来場いただきまして誠にありがとうございます。シャルルは、自分より年上の21歳。自分の声が高めなのでなるべく低くなるように意識しながら演じました。シャルルは、芯の通った青年で、彼の気持ちを理解して表現するのが難しかったです。究極のラブストーリー、空の画の美しさ、音楽、臨場感溢れる空戦をゆっくり楽しんでいただきたいです。
竹富聖花:今回初めて声優をしまして、始めお話をいただいた時、私が声優をするのかとびっくりしました。声だけで演技するのは、非常に難しかったです。ファナが動けば台詞も自然とでてくるように頑張りました。アフレコはほぼ一人でさせていただいたのですが、神木さんと二人でアフレコをした際は、かなり『緊張しました。初めてでしたが、私のもつ力を出し切って演じました。素敵なストーリーですので楽しんでいただけると重います。
犬村小六:自分が書いた作品を素晴らしいスタッフ、キャストの皆様に作り上げていただいて感無量です。原作での自分の印象はラストシーン。でもこの映画では、そのイメージを払拭するような星空のシーンがとても印象的でした。原作を超えた作品に仕上がったと思いますので、是非多くの方々にこの作品を楽しんでいただけると幸いです。
●ストーリー
二国間戦争のさなか、名もなき飛空士・狩乃シャルル(神木隆之介)は、類まれな操縦技術をみこまれ、次期皇妃ファナ・デル・モラル(竹富聖花)をその婚約者・カルロ皇子(小野大輔)のもとに水上偵察機で送り届ける極秘任務を命じられた。護衛を付けず一機で敵中を突破する危険な任務だ。
それでもファナを守り抜き、12,000kmを飛ぶべき理由がシャルルにはあった。次々と襲ってくる敵空中艦隊と戦闘機を超絶なテクニックでしりぞけるシャルル。命をかけた空の旅で、ファナの閉ざされた心は開かれ、次第に二人はひかれあってゆく。やがて迫る絶体絶命の危機の中、ファナのとった行動とは…。そして二人の恋の行方は…?
原作:犬村小六(小学館「ガガガ文庫」刊)
監督:宍戸淳
脚本:奥寺佐渡子
キャラクターデザイン:松原秀典
制作:トムス・エンタテインメント
アニメーション制作:マッドハウス
配給:東京テアトル
声の出演:神木隆之介、竹富聖花、小野大輔、富澤たけし(サンドウィッチマン)
主題歌:「時の翼」新妻聖子(ポニーキャニオン)
上映時間:99分
(C) 2011犬村小六・小学館/「とある飛空士への追憶」製作委員会
『とある飛空士への追憶』
10月1日(土) テアトル新宿ほか全国ロードショー
→『とある飛空士への追憶』の記事を探す
→アニメの記事を探す