MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

映画『恋の罪』、釜山映画祭に出品、園子温参加決定!

世界の園子温が描く、3人の女たちの愛の地獄――
映画『恋の罪』、釜山映画祭で上映、園子温登場!
本年度カンヌ国際映画祭 監督週間正式出品
『恋の罪』
話題騒然の大ヒット作『冷たい熱帯魚』を超える、かつてない美しき究極作!
先日の第68回ヴェネチア国際映画祭で、映画『ヒミズ』出演の染谷将太&二階堂ふみの、マルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人俳優賞)受賞が話題になっている、園子温監督の映画『恋の罪』が第16回釜山国際映画祭 A Window on Asian Cinema(アジア映画の窓)部門で上映されます。


本作は、渋谷区円山町ラブホテル街で起きた実在の殺人事件からインスパイアされた、園子温オリジナル脚本の最新作。水野美紀、冨樫真、神楽坂恵の3女優が身も心もむき出しの演技バトルを繰り広げ、表と裏の顔を持つ女たちの愛の生きざまを映し出しています。
海外映画祭へは、今年5月に開催された、第64回カンヌ国際映画祭につづいての出品になります。カンヌでは、上映後にスタンディングオベーションが起きるなど、笑いと興奮に満ちた本作。釜山でどのような反応を受けるのか、ぜひご期待ください。
上映日:
1回目 10月8日(土) 13:00【園子温監督登壇予定】
2回目 10月10日(月)10:00
※インターナショナル版の上映となります。
90年代、日本で騒然となったエリート女性の昼と夜の二重生活。
渋谷区円山町ラブホテル街で実際に起きた殺人事件から、インスパイアされた、未知なる禁断の世界、遂に解禁!
どしゃぶりの雨が降りしきる中、ラブホテル街のアパートで女の死体が発見される。女刑事・和子(水野美紀)は謎の猟奇殺人事件を追ううちに、大学のエリート助教授・美津子(冨樫真)と人気小説家を夫に持つ清楚で献身的な主婦・いずみ(神楽坂恵)の驚くべき秘密に触れ引きこまれていく……。事件の裏に浮かび上がる真実とは?
3人の女たちの行き着く果て、誰も観たことのない愛の地獄が始まる。
監督・脚本:園子温
出演:水野美紀 冨樫真 神楽坂恵 児嶋一哉(アンジャッシュ) 二階堂智/小林竜樹 五辻真吾 深水元基 内田慈 町田マリー 岩松了(友情出演) 大方斐紗子 / 津田寛治
製作:「恋の罪」製作委員会
配給・宣伝:日活
(C)2011「恋の罪」製作委員会
英題:Guilty of Romance 2011/日本/カラー/35mm/DTR-SR
『恋の罪』
11月12日(土)よりテアトル新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー
→『恋の罪』の記事を探す