MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『月光ノ仮面』モントリオール映画祭、板尾創路監督レッドカーペット&正式上映に登場!

映画『月光ノ仮面』
モントリオール映画祭
板尾創路監督レッドカーペット&正式上映に登場!
オープニングセレモニー レッドカーペット
日時:8月18日(現地時間)
場所:カナダ モントリオール
8月18日(現地時間)より、第35回モントリオール世界映画祭が開幕、映画『月光ノ仮面』(2012年1月14日公開)が正式出品され、本作品の監督・脚本・主演をつとめた板尾創路がオープニングレッドカーペットに登場した。
白のモーニングスーツに、映画を意識した“赤の眼帯”をつけ、まさに“日の丸月光ノ仮面”姿で登場! 会場を一際盛り上げた。


モントリオール映画祭は、世界的にも注目される北米最大級の映画祭で、今回は世界約70カ国、約300作品が出品。本年は日本作品の出品は5作品、近年では日本作品の受賞が続くなど、日本映画の注目度が非常に高くなっている中での堂々の出品となった。
●板尾創路監督コメント
——『月光ノ仮面』の今回の映画祭への出品が決定してのお気持ちは?
前作の『板尾創路の脱獄王』ではアジア圏の映画祭へ出品させてもらいました。今回はもっと広く世界の方々に作品を見て頂きたいと思っていたので、北米の映画祭へもってこれたのは、その第一歩だなと、うれしく感じています。
出品決定の要因はどこだったのか、、どこを気に入ってもらえたのか聞きたいですね。なので、明日の一般上映はすごく楽しみです。カナダの方々はどう感じてくれるのか、、ドキドキ、楽しみです。
—— 今日、実際レッドカーペットを歩かれての気持ちは?
想像していたより静かなレッドカーペットでした(笑)。やっと来たな!モントリオール!!って、実感してきました。
—— ワールドプレミアになりますが、、
日本以外の方々に見ていただくのは非常に楽しみにしています。どんな反応なのかドキドキしますね。
—— 日本の伝統芸能落語は海外の方々にはどう理解されるのでしょうか?
そんなに心配はしていないです。最近では落語会に参加される海外の方々も増えていると聞きます。落語ってこういうもんですよって細かく口で伝えるものではないし、そもそも落語が理解できなくても問題なしです!
—— 今回は、芸人板尾創路ではなく、映画監督板尾創路として出席されていますが、違いって感じられていますか?
お笑いをやっているだけでは、今回みたいに海外の映画祭に招待されることもないので非常に光栄なことです。なんといってもここには僕のことを知らない人ばかりだということが気持ちがいいです。先入観なしに、映画『月光ノ仮面』を見て、何かを感じてもらえる。「板尾創路の」という枕言葉は海外の方々にはないですから。作品のクオリティをしっかり感じてもらえることがうれしいですね。
—— モントリオールはいかがですか?
すずしくて気持ちいのいい気候です。先週はスイスに行っていましたが、僕が訪れていた街よりここは都会だな。食事は、、やっぱり日本食が一番ですよ(笑)。
—— 今日の、白のモーニングスーツに赤の眼帯、非常に素敵な衣装です。監督自らのセレクトなんですか?
そうです。白・赤って日本の日の丸色でもあるし、カナダ国旗の色でもあるじゃないですか。だからいいなって思って。
—— 大震災以降、世界中で多くの人々が日本を応援してくれていますが、今日はその日本人代表として、日本人の頑張りを世界中にアピールできたのでは?
まさにその通りですね。今日は唯一の日本人監督としての出席者ということですし、存分に日本頑張ってるで!って発信できればと思います。
●『月光ノ仮面』正式上映&ティーチイン
日時:8月19日(現地時間)
場所:カナダ モントリオール クォルティエ・ラテン・シネマ
8月19日(現地時間)、第35回モントリオール世界映画祭、映画『月光ノ仮面』正式上映がカナダ モントリオール クォルティエ・ラテン・シネマにて実施され、満員の会場でQ&Aでは、日本の伝統芸能である落語についての質問、一言も発しない主人公という設定について「演じる上でつらくなかったか?」などの質問に「全く辛さは感じなかった。目で演技するという難しさはあると思いますが、前作も台詞のない設定でしたし、こっちのほうが好きなようです」とコメント。
また上映終了後の観客は「とても興味深い作品。とても楽しめました! 多くの象徴的な表現を使い、監督はめずらしいくらいスローペースで徐々話を進めていき、エンディングは驚きです。ビジュアル的に美しくとてもよかったと思います」とコメントした。本編上映後には盛大な拍手とスタンディングオベーションが起こり、板尾監督が登壇するとさらに大きな拍手で会場が盛り上がった。
●板尾創路監督コメント
—— 観客の皆さんと一緒に本編ご覧になっていましたが、反応などいかがでしたか?
ここはわかるんやとか、ここはおもしろいんやとか反応がすごいおもしろかったですね。クスクス笑いが起きているシーンもありました。いい反応だったと思います!
—— ワールドプレミアが無事終わって、次はいよいよ日本公開になりますが
テレビに出ている人間からしたら、日本人は強敵ですよね。まあ、今回の作品はぶっとんだ設定なので理解できなくて当然、理解して楽しむ映画じゃないと思いますし。どたばたのコメディ映画ではなく、しっかりひとつの映画として完成させたつもりです。じっくり見てくれる人はいるはず、そういう方にぜひ楽しんでいただきたいです。
—— 観客賞受賞結果はこれからになりますが、自信のほどをお聞かせください。
これならいける!っていう確信できるデータがないので、自身満々とは言い難いですが、沢山の方に見ていただいて、いろんな質問をなげかけてくれるということは、皆さんにじっくり、楽しんで見ていただけたということだと思います。観客賞とれるとうれしいです。
—— 上映後、観客からの質問責めでしたが、、
日本の方々は、ホンコンさんはなぜ出演していないの?とかキムニイのほうから出演させてって希望があったんですか?とか、芸人板尾あっての質問が多かったりするんですよね。それに比べてこちらの方々は映画の内容をしっかり真剣に聞いてくれるので単純にうれしいですし、監督として、答えがいがあります。
—— 次はどこの映画祭を目指しましょうか?
もちろんベネチアです! 行けたら最高ですよね。
—— 日本で今回の映画祭出品、受賞を応援している、浅野忠信さん、石原さとみさんほかキャスト、スタッフの皆さんにメッセージをお願いします。
皆で来れたら一番幸せだったんですが、今回は僕が代表して出席させてもらいました。浅野くんは『マイティ・ソー』に出演したり、ハリウッドでも活躍中で、そんな日本を代表する俳優・浅野忠信が出てくれていることを頼もしくも感じています。今日改めて作品を見て、石原さとみちゃんも、浅野くんも、前田吟さんほか皆さん素晴らしい演技で見入ってしまいました。本当に皆さんには迷惑かけながら、苦労してつくりあげた作品です。その甲斐あってカナダの方々にも楽しんでみてもらえたこと、感謝しています。
—— 日本で上映を心待ちにしている皆さんにメッセージをお願いします。
前作の『板尾創路の脱獄王』はちょっとくいが残るところもあったんですが、今回はまったくそれがないです。自信をもって公開できるので、皆さん楽しみにしていてください。
『月光ノ仮面』
2011年1月14日(土)より、角川シネマ有楽町他全国ロードショー
→『月光ノ仮面』の記事を探す
→板尾創路の記事を探す